★昭和とVANと橘浩介

人生は、いつも今から・・・VAN多治見 橘浩介

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]

Van Guards / Satsuki.A.F.Base

イメージ 1


4月最初の日曜日は晴天でした。今朝早くガレージからCOBRAを出した。犬山は入鹿池の湖畔で旧車イヴェントがあった。ガレージは閑静な住宅街なので COBRAに火を入れたら即座に出動せねばならないわけで…手で押してガレージから出す。

イメージ 2



犬たちの散歩も終えて 午前8時には出動である。先ずは多治見ICから高速道へ 内津峠サービスエリアまで。朝の缶コーヒーでも飲んで寛いだから次のインター小牧東で降りる。

イメージ 3


インターを降り 最初の信号を右へ 入鹿池方面へ向かい次の信号を左へ行く。入鹿池の湖畔沿いにイヴェント会場はある。僕はエントリーしていないので駐車場に車入れるかな。そしたら係員の方が中へ誘導してくれた。この後10時半には出ないといけないのであんまり奥までは困るわけでして…真ん中あたりに停めさせて戴いた。行けばみんな仲間がCOBRAの音で集まって来ます。会場へ入ると懐かしい面々…車も旧車勢揃いしてます。奥へ奥へ行くと、案の定面子が揃います。笑 瑞浪のムツゴロウに京都からの赤蛙ですね〜

イメージ 4


今日は天気も良くて晴天 良かったですね。愉しい時間はあっという間です。皆さんありがとうございました。帰り際にみんなで記念撮影しました。笑顔が良いですね〜お疲れ様でした。

この記事に

開く トラックバック(0)

Satsuki A.F.Base / GARAGE

イメージ 1


本日 岐阜のこちら地方快晴です。春分の日 雲ひとつありません。バルコニーからの景色もこれから初夏にかけて新緑の彩りが楽しみです。毎日この時間はバルコニーでモーニングコーヒータイム!犬の散歩も終えてひと休憩〜毎回外には連れ出さないけど犬たちの日向ぼっこの1時間です。

イメージ 2

この記事に

イメージ 1


飛騨谷山荘の犬たち 僕の母が他界してから もうすぐ半年になる。今でも犬たちは母が帰るのを献身的にも待っているのだろうか。いつも…僕が帰るときは ずっと…最後まで見送ってくれるものの。眼が見えないのに…その姿が可哀想にも哀愁を感じます。とても健気で忠誠心がある犬たち。この半年の間…亡き母の山荘の片付けもあるけれど、何より犬たちの世話もある。この半年…毎週の休日を利用して 往復150キロの道のりを通ってきました。それも…あと2日となった。年末 29日木曜日が最終日となる。最近は山荘も気温マイナス2度〜4度と冷え込む。最後に犬たちを4匹 全て 雪降る前に飛騨谷の山荘を後にして撤収する。生まれて初めて山を降りることになる。犬たちを我が家へ連れて帰るのだ。

お父さんは名前をロッキー恐らく15年は生きてるだろう。老犬ではあるが紀州犬で 若い時は何度も猪と格闘した百戦錬磨の犬でもある。数年前…猪に眼をやられ、片目になってしまった。現在はそれが災いして今では両目が見えないのだ。嗅覚は人間の何百倍 鋭い聴覚と嗅覚でどんなに僕が遠くにいても臭いで嗅ぎつける。僕が近くに寄ってロッキー!名を呼び撫でてあげると 嗚咽の響きで喜ぶのだ。どこか…亡き母と感じるものがあるのかもしれない。

イメージ 2


お母さんのサクラ…狸みたいに小さい犬もいる。ロッキーとサクラの子供たち。子供と言っても10年…10歳近いだろう。親は老犬ではあるが子供達だって成犬でもある。この子達も紀州犬で、昔は狩に一緒に出たものだ。山で生まれ山で育ったこの子達も来週には山を降りて…僕の我が家へ連れてくる。4匹全部 家族全員を我が、Satsuki A.F Baseへ連れてくる。この子達4匹はガレージの中にスペースを確保した。クルマ1台分のスペースだ。

イメージ 3


コの字型になった凹場所を敷きマットとスノコを敷いてゲージで囲むのだ。畳6畳ほどあるのかな。後はそれぞれの寝床を作ってやらねばならない。今後はこの子達と一緒にガレージで生活する。

イメージ 4


年末30日から毎朝とまではいかなくとも散歩にも連れ出さねばならないだろう。山とは違う慣れないアスファルトやコンクリート…閑静な住宅街を慣れと散歩から始まる。犬たちにとって全く新しい生活が始まるのだ。やはり、ストレスを感じるだろうか。吠えまくることはなくとも草も土もないガレージの中で過ごせるのだろうか。心配なんだよね。今後がとても心配です。それでもこの子達は 亡きお袋の 一番の心残りなのだからね。僕はこの犬たち。この子たちの晩年は共に一緒にすごすのだ。せめても亡き母の願いでもあるだろう。

この記事に

全2ページ

[1] [2]

[ 前のページ ]


.


みんなの更新記事