★昭和とVANと橘浩介

人生は、いつも今から・・・VAN多治見 橘浩介

★お客さん・お友達・仲間

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全38ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1


世界の一枚無垢テーブル アフリカンローズ本社の看板娘 フレンチブルドッグ 10歳 女の子です。なんとも言えない3頭身くらいのフレンチブル 天気の良い日は仕事の合間なトラックの荷台に乗って日向ぼっこかしら。。グォグォグォ〜グウ〜グゥ〜といつも唸ってます。

イメージ 2

この記事に

イメージ 1


木工職人ならぬ、ウッドモデラーの落合さんをご紹介します。隣町でカフェ樹鸞ジュラン喫茶店のマスターでもあり、木工職人 作家さんでもある。カフェもログハウス的 個人で建てられたとか。家族で経営なさってるんです。昨日お邪魔させてもらって完成したメッサーシュミットの模型を見せてもらった。桐の端材から削り込んで一つ一つパーツを設計図通り作り込んでいく、細部の材料はブラックチェリー桜を使います。

イメージ 2


この桐の端材からくり抜いて製作するのだから素晴らしい。当然木目も活かして細部までこだわります。気の遠くなる話。それでも二週間足らずで完成したのだという。あっぱれです。

イメージ 3

イメージ 4


それにしても精巧に出来ています。ん〜〜!唸りますね。キャノピーあたり、車輪までもが出し入れできるように細工してあります。やはり細部はブラックチェリー桜の材料 硬いものを使うそうです。

イメージ 5


細部に至るまでリアルモード 作り手の魂を感じますね。落合さんはこのほか、趣味のクルマモデルも多数手掛けていて、飛行機は稀だったそう。作品にコーションプレートならぬ盾まで、そして製作者のサインまでもある。なかなか見せ方が上手い!おぉ〜〜!!素晴らしいです。

イメージ 6

イメージ 7


個人的に好きなクルマなんてエンジンルームまで作り込む繊細さ感性の豊かさ…作品にお人柄が頷けます。また違う作品も次回ご紹介したいと思います。

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11


MGAの1/12くらいのサイズだろうか。これまた絶賛しますよ。素晴らしい作品です。

イメージ 12

この記事に

イメージ 1


先日お電話があった。「20日お店へ伺いたいのですが…」
Satsuki IVY House VAN多治見移転先です。VAN多治見は昨年、新店舗へ移転したものの新規のVANとの契約はしません。よって、今の新しいものはなにもありません。僕自身が現在のVAN商品は全く興味がないので取引してません。VAN多治見2017春夏までの商品はたくさんストック在庫しています。

お客さん、「分かってます!VAN多治見さんには以前から行きたかったところなんです。」
どちらから来られますか。「九州です。佐賀からです。」えぇ?!そうですか。…「別に新しいVANに興味があるわけではありません。。」
「VAN多治見さん。橘に会いに行きたいのです。」
そうなんですか。。ありがとうございます。僕は恐縮してしまった。とても嬉しいお話です。僕は思いました。決して商品モノだけではない、どんな世の中になっても人と人との繋がりや思いこそが大切なのだ。

JR多治見駅まで 電車で来られてタクシーで来るという。。昼過ぎに駅に到着したようで 僕は申し訳ないので多治見駅までお迎えに出向いた。初めまして!初対面のお客様です。
以前から僕のYahoo!ブログを読んでおられる方で いつかは訪ねたいと思っていたそうです。

イメージ 2


あれもこれも…既存のVANショップとは違う雰囲気に浸り、部屋の商品を物色…旧VANのお宝グッズやアーカイブス2014のグッズ、小物中心にたくさん買ってくれました。ありがとうございます。

イメージ 3


こうやって今でも全国の皆さん。お客様が僕のYahoo!ブログ「 昭和とVANと橘浩介」を日々読んでくれているお客様へ感謝の気持ちいっぱいです。

九州佐賀からの来客 念願の元VAN多治見 橘浩介に会いに来てくれて本当ありがとうございました。来訪記念に僕のYahoo!ブログに綴って記録しておきます。今回は滞在時間も短くあまりゆっくり出来なかったですが…又、是非ともいらしてください。

たくさん買って頂いた商品は本日か明日までに丁寧に梱包して発送しますね。オマケも入れておきます。楽しみに!

この記事に

イメージ 1


牡蠣の贈り物が届いた。嬉しいです。facebook友達で仲良くしている大浦さん。ありがとうございます。早速ボイルしてカルボナーラキャラメルパスタ風味に仕上げました。

イメージ 2


これがクリーミーでまた濃厚な味わい。ソースに牡蠣が絡まってしょっぱさと良い仕事をしてくれてる。ん〜〜!!絶妙なバランスである。牡蠣を5個も載せて贅沢に仕上げた。ん〜んマイ!

イメージ 3

イメージ 4


大抵はフライパンで8分くらいか熱湯で湯通しして洗う。そのままポン酢で生姜でも良いね。結構外から見た感じより具が大きかったです。あんまり熱を通すと小さく縮こまってしまう。今日はお昼から豪華なパスタランチとなりました。香川のスケベ親父は只者ではなかった。ありがとうございます。

この記事に

イメージ 1


今日お客さんで通称44ハコスカ GTRいらっしゃった。とても個体は綺麗に仕上げてあった。それなりに結構な値段だったようです。ゆうに1000万は越える。凄すぎるわ。

イメージ 2


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


実際どれくらい生産されたのだろうか。ハコスカGT−Rの生産台数は、1945台?〜1947台?と言われてます。4枚ドアは、69年式が539台、70年式が293台、2ドアが1115台らしい。

S20のエンジンも黒や、赤やグレー様々らしいけど僕はこの赤の方がそそられる。

イメージ 8

イメージ 9


2ドアに比べたら、少ない事もあって 特に70年式の4枚ドアは、かなり希少価値が有る。見た目は普通のセダンでも中身が違うんだから。羊の皮を被ったオオカミとはよく言ったものだ。でもね…やはり当時から現在に至るまで、圧倒的に2ドアの見た目の迫力なのかな。の方が人気が高いんだよね。年々と価格が上がって来ています。1000万越えるのはザラです。恐るべし、PGC 10…

この記事に

全38ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事