★昭和とVANと橘浩介

人生は、いつも今から・・・VAN多治見 橘浩介

◆水陸両用車ARGO カナダ

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]

イメージ 1


引越しいよいよ大詰め!ミスタードーナツでも買ってきた?フレンチクルーラーが8個もついてる。とても美味しそうだろう。あははは・・

イメージ 2


水陸両用車 Argoアベンジャー8WD EFI750 タイヤが8個もついていて8個 同時に駆動します。つまり8WDですよ。

イメージ 8


本日、店内にあったこの車両を自走で家まで帰ることにした。1年ぶりに店外に出したかな。

イメージ 3


この車両はのハンドルは油圧で 左右にロックがかかるアナログな仕組みです。戦車みたいな操縦ですね。近年のものは内輪差をデフで調整して、より回頭性をスムーズにしています。旋回も360度ターンがクイックに出来るのと いざとなったときに回避が容易なので運転しやすいです。

イメージ 4

イメージ 5


Argo8WDアベンジャーEFI750 エンジン(アベンジャーEFI): クーラー製  748cc  水冷/ V型2気筒/ 電子燃料噴射 31馬力 燃料 / タンク容量: ガソリン/27L  コントロール:ワンピース・オートバイ型ステアリング グリップスロットル式アクセル ブレーキ: 油圧式 / ハンドレバ-操作 クラッチ: CVTベルトドライブ自動遠心式クラッチ トランスミッション: 前進2速 / ニュートラル/バック 車体サイズは: 3020×1525×1170 (L×W×H ・mm) 乾燥重量 :542kg 積載荷重 計(陸上):521kgタイヤサイズ :25×11.5-9NHS 乗員:6名 (陸上)/ 4名 (水上)

イメージ 6


それにしても近くのスタンドに燃料を補給しに行くも、道中みんな見るから恥ずかしかった。笑
 

イメージ 7


2015今年 6月末だったか、Argo8WDアベンジャー久米島へも一台里子に出しました。3台ありましたからね。ブラックの8WDアベンジャーを1台 売却したんです。元気かな?前にも記事に書いた。久米島は僕も言ったことがないけれど…沖縄は那覇から西へ100キロ離れた小さな島である。最初は整備に数ヶ月、悪戦苦闘しているようだった。何故ならば 使用環境が海である。砂浜である。細かな砂が吹き荒れることもあるだろう。メンテナンスを怠るとたちまち大変なことになりますからね。

現在は、6WDと8WD 2台格納しました。今後はSatsuki base 地域のボランティア活動、雪かきに活躍しそうです。

この記事に

走れ!K100 懐かしい…

イメージ 1


Facebookで、昭和の懐かしい画像が出て来ました。走れ、K100 大野しげひささんだったか、全国を旅する。この水陸両用車をベースに機関車風に全国を横断します。昭和48年から1年間のみの放送だったとか。。毎週楽しみにしていたような。この少年の頃の思い出がそのまま現実となった。というか僕は持っています。笑
これで通勤には使わないけどね。公道も走れるんですけど…なんせ恥ずかしすぎる。

イメージ 2

イメージ 3


ベース車両の進化版こそ、これがカナダ製の多目的ビークル Argoアベンジャー8WDなのです。

この記事に

開く コメント(0)

イメージ 1


水陸両用車ARGOのタイヤを北海道へ送ることになった。初期モデルの水掻きヒレが付いたやつ。北海道で狩猟をしている知人からタイヤを送ってくれと連絡があり、本日4本送ります。このタイヤでないとクローラー、キャタピラが装着出来ないそうだ。

イメージ 2


グッドイヤー製のフレンチクルーラーと呼んでいる。20年くらい前のデッドストックであります。本来僕の車両のスペアタイヤでしたが、新しいモデルになってサイズが変わってしまったのでちょうど良かったと思う。

イメージ 3


このBlackの8WDソリッド車両は一昨年の夏 沖縄西へ100キロ 久米島へ売却した。今でも元気にしているだろうか。砂浜では砂が入り込むので気をつけないといけませんね。

イメージ 8



イメージ 4


これが現在の僕の車両です。ARGO アベンジャー8WD 水冷EFI750です。迷彩色がその気にさせますよ。これの6WDと8WDと2台あります。現在一台はお店の中に格納してあります。今年は出番がなかったな。

イメージ 5


このタイヤもコブラに負けない極太タイヤです。山でもどこでも道なき道を制覇する男のロマンですね。

イメージ 6


 水陸両用車ARGO 8WDアベンジャーの詳細

水冷/ V型2気筒/ 電子燃料噴射 31馬力
燃料 / タンク容量: ガソリン/27L   コントロール:ワンピース・オートバイ型ステアリング
     グリップスロットル式アクセル   ブレーキ: 油圧式 / ハンドレバ-操作
クラッチ: CVTベルトドライブ自動遠心式クラッチ トランスミッション: 前進2速 / ニュートラル/バック

イメージ 7


車 体 サ イ ズ: 3020×1525×1170 (L×W×H ・mm)
乾燥重量 :542kg  積載荷重 計(陸上):521kg
タ イ ヤ サ イ ズ:25×11.5-9NHS  乗 員 数 :6名 (陸上)/4名 (水上)

この記事に

イメージ 1


2015今年 6月末だったか、Argo8WDアベンジャー久米島へ行く。
前にも記事に書いた。久米島は僕も言ったことがない。沖縄は那覇から西へ100キロ離れた小さな島である。この数ヶ月、悪戦苦闘しているようだ。何故ならば、最初は良いが使用環境が海である。砂浜である。細かな砂が吹き荒れることもあるだろう。ボンネットカバー、フロアー、エンジンルーム、あらゆる箇所から砂が潮風が入り込む。シーズンオフは必ずしも屋内に保管せねばならないことは伝えた。また、使用状況において水洗い洗車はもちろん常日頃からメンテナンスが強いられる。最初はスロットルが戻らないと連絡があった。バイクのようなグリップスロットルなのだが、リターンのスプリングが切れたか、キャブ側の方が外れたか、途中切れたかなんだけど、意味不明な様子しか伝わってこないので…??である。単純にワイヤーご切れるとか、外れるようなものではない。恐らく砂が潮風が入り込む懸念が大きく、スロットルの隙間に入ってガリガリ状態になって動きが悪いのかも。そうなってくると、恐らくエンジンルームやフロアー下も大変なことになってそうで、駆動系のチェーンにはグリスがいっぱいそこに砂がくっつき…こりゃマズイな。。なので、再三使用環境が砂浜、海である。錆や砂の入り込むのは間違いないので、日々使い終わったら必ずしも洗車は要である。伝えたのだが…大丈夫なんだろうか。今年の夏 友人がスキューバーで久米島へ行った。見つけたら連絡をくれ!と、見つけることは出来なかったが島は小さいので、飲み屋でこのタイヤが8個ついてる変わったクルマ 水陸両用車の噂を聞いたらしい。なんでも、動かなくなって砂浜に放置してあるとか…聞いたよ〜なんてね。おぃおぃ〜そりゃあかんやろ。そうそうに連絡を取って、あれやこれやアドバイスしつつも、画像をアップするくらいだから事なき済んだのかもしれない。それにしても見渡す限り青い海、青空である。白い砂浜が美しい。

この記事に

ARGOアベンジャー8WD格納

イメージ 1


今日は小雨の中、VAN多治見 店内に格納していました。

今まで店内に格納していた、MINI MOKE ミニモークを出して、入替にARGOアベンジャー8WD 水陸両用車を格納するのです。

イメージ 6


今まで、5年間かな。お店の中には、MINI MOKE ミニモークを展示?
いやいや、商品の棚と化してた。笑

正直、埋れていた。ほとんどのお客さん。分からなかったかも。笑っちゃいますね。

イメージ 2


ミニモークは、このまま工場にて整備点検と車検を取得です。

9月中頃には出来上がるだろう。

晴れて、秋にはクラブの仲間に里子に出すことにしました。

11月の蓼科ツーリングには、ミニモークでの参加ですかね。

イメージ 3


ARGOアベンジャー8WD 入口はドアがありますから、実寸1550くらい。1500幅のARGOギリギリですからね。慎重に店内まで、入口の段差25cmあるけど、そんなの関係なく登って上がって格納成功!

イメージ 4


タイヤが8個も付いてる。重戦車のようだ。

迷彩色が珍しいのです。この他、6WDのコンクエスト、ビックフッドがありますからね。

秋は天候とスケジュール合えば、6WDコンクエストと、8WDアベンジャー

2台の迷彩色 これで、琵琶湖を横断を計画している。

これまたアドベンチャーですね。愉しみです。

イメージ 5


これでいつでも多治見の大雨災害レスキューに駆けつけられる。

段差あがる時、左右に暴れたら間違いなくドアのガラス割れますね。ヤバかった。

すっかり店内に納まった。お店の中では思いの外デカイ!

これから店内片付けて、どのようにデコレートするか大変だ。

今年の秋冬はアウトドアーをテーマにしようかな。

イメージ 7


朝夕は涼しくなって来ました。こちら地方 もう、寒いくらいです。

あれだけ猛暑続きが嘘のようだ。

この記事に

全10ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事