高野街道記気まぐれ補足 別館

主に高野街道、河内長野付近を中心に書き込んでいます。こんな事を知っているといった方はご教示頂ければと思います

全体表示

[ リスト ]

高野街道を河内長野中心に紹介しています。
わいわいマップhttp://waiwai.map.yahoo.co.jp/map?mid=cuKZ1gfEm9xQIy5M3W1kNum.Tog9G5jnYy.c4Ncy17Y-高野街道記きまぐれ補足用地図
http://sakuratosiro.fc2web.com/koyakaidoukitop/framepage4.html高野街道記もご覧ください。

(3) 行基と「知識」 国家仏教と行基集団
行基との宗教的な繋がりを持った物が在ります。国家的ではなく、民衆間で広がった物です。柏原市には知識寺が在りました。そこには丈六の大仏が在って、聖武天皇はその立派さに
感激して、奈良の大仏の原型と成りました。民衆の力でお寺は造られています。

国家との関わりは、律令国家が仏教を重要視して、僧として出家させた。
「知識衆」と言うのは、当時仏教を信仰し、寺や仏像を造る人々を指しています。
行基は道昭の弟子で、社会活動を実施し、庶民救済を行った人です。

本来の公共事業は、国が行いますが、住民が生活し易い様にする物ですが、税の還元をしていかなければならず、国家としては成り立たない物でした。
一般庶民は普段は、共同作業を自分たちで行ってきました。

堺市の土塔は、行基が大野寺に造った、土と瓦を用いた十三層の塔で、その瓦には名前が
刻まれていました。造ったのは行基の周りに集まってきた人達で、女性が多かった。その中には尼名も在って、色んな階級の人々が集まっていました。

国家は「小僧行基」と呼んだのは、国家仏教に敵対してきたので、ルール違反に対しての、弾圧する為に言われたことです。
しかし行基は反発して、49の物の寺院や池・溝などの灌漑施設の築造・修理など数多く手がけてきました。そして修理した池の傍には、狭山池院・尼院などの管理施設を造っています。

建物を建てながら、集団を工事現場に集めて、宗教的な活動をしています。彼は建物を建てながら。財力を集め、社会に還元しています。宗教的なつながりで、大きな国家的に出来なかった事を行いました。その後お互いの利益が合致したので、聖武天皇から大僧正行基の
称号を受けました。

「大僧正舎利瓶記」を表して、生駒市竹林寺で火葬の上、埋葬されました。
父は和泉国大鳥郡蜂田郷で、百済系渡来人の血を受けて生まれています。

閉じる コメント(1)

顔アイコン

http://blogs.yahoo.co.jp/fr03243/folder/590439.html?m=l

2008/3/25(火) 午前 8:00 [ 11 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事