北の大地「植物図鑑」

寒く厳しい環境下の北国の大地、そこには、逞しく生きる植物がみられます

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全1ページ

[1]

ヒトツバハンゴンソウ

ヒトツバハンゴンソウ(キク科)

草 姿
イメージ 1



ヒトツバハンゴンソウ(キク科)

 花だけ見るとハンゴンソウに良く似ていて見分けがつきませんが、葉が裂けないで一枚であることに大きな違いがあります。生育地は同じ様な所なのですが、ハンゴンソウの方が数は多く、本種はあまり見かけることがありません。
 ハンゴンソウは葉が2〜3対に深く裂けるのに対して、本種は葉が一枚のままであることから「一つ葉反魂草」と名付けられました。
 また、キオンと良く似ていますが、葉の基部が耳状になることで見分けられます。
       生育地:山地の原野、森林など   背 丈:50〜100僉  _屐ヾ:7〜8月

この記事に

開く コメント(2)

ハンゴンソウ

ハンゴンソウ(キク科)

草 姿
イメージ 1



花の拡大
イメージ 2




ハンゴンソウ(キク科)

 山地の湿り気の多い所を好む植物です。「反魂草」と書きますが、意味は不明です。
 後志には、本種によく似た植物で葉が分裂しないキオン(黄苑:黄色い花の咲く紫苑の意味)やヒトツバハンゴンソウも生育していますが、数は少ないようです。
    生育地:山地の湿り気の多い所、林の縁   背 丈:1〜2m    花 期:7〜8月

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(2)

キヌガサギク:アラゲハンゴンソウ(キク科)

草 姿
イメージ 1



花の拡大
イメージ 2



キヌガサギク:アラゲハンゴンソウ(キク科)

 北アメリカ原産の帰化植物で、特に寒冷地に多く帰化しています。全体に粗い毛が生えているため別名をアラゲハンゴンソウと言います。
 「衣笠菊」の意味で、別名のアラゲハンゴンソウは、ハンゴンソウに似ていて粗い毛が生えていることに由来します。良く似た植物に、オオハンゴンソウ(花心が黒っぽい緑色でかなり盛り上がっている)や、ハナガサギク(別名:ヤエザキハンゴンソウ、八重咲き、花心はない)があり、本種の特徴は、花心が真っ黒で盛り上がりがあまりありません。どちらも群生することが多いようです。
 近年、本種の4倍体で花径が10〜20僂發△襯レンジ色をしたものが花壇用として普及し、グロリオサ・デージーと呼ばれています。
生育地:荒れ地、空き地、道端など     背 丈:40〜70   花 期:7〜8月

この記事に

開く コメント(0)

オオハンゴンソウ(キク科)

草 姿
イメージ 1



花の拡大
イメージ 2



群生している様子
イメージ 3



オオハンゴンソウ(キク科)

 北アメリカ原産の帰化植物で、明治の初めの頃園芸植物として伝来し、広く野生化したものです。日本中部以北の寒冷地に多く帰化し、時に大群落を形成します。ています。別名「鉄道草」と言い、特に鉄道沿線に多く見られることからそう名付けられました。
 「大反魂草」と書き、大形のハンゴンソウの意味ですが、ハンゴンソウはキオン属、本種はハンゴンソウ属で、所属も違っていますし、花の付き方も、本種は集合花が茎頂に一個に対し、ハンゴンソウは集合花がさらにたくさん集まって大形の花序を形成します。
生育地:鉄道沿線、道端、荒れ地など    背 丈:1〜2m    花 期:7〜8月

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(1)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事