市原市:肩こり頭痛・坐骨神経痛専門整体院

市原市本格的中国整体:肩こり・頭痛&坐骨神経痛治療を得意とします!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

多剤併用

多剤併用とは、一度に服用する薬の種類数を言います。60歳で平均4.5種。70歳以上になると5種類と言われています。 続く

スマホと健康

私達にとってスマホは必需品。日常生活から切り離す事はもはや不可能といっても良いほどです。私自身も昨年夏にやっとスマホデビューしました。便利であることは確かですが、一方で使用頻度や時間が増えすぎると健康にも悪影響も出てきそうです。来院者さんたちの中で、特に最近多いのは、「突然」の体調不良というよりも、1週間以上も漫然と続く「なんとなく」の症状を自覚している方々です。症状の多くは、肩こり・首筋の痛み・そして頭痛といった感じです。これらの原因は「姿勢」の乱れという説があります。
スマホを使っていると、どうしても首は下を向いてしまいます。この僅かな動きと、何でもないような姿勢の維持が、じわりじわりと身体を蝕んでいっているのです。肩や首の疲れは、動きが悪くなる事によって現れ、目の疲れは、かすみや視力低下で分かるかもしれませんが、気分の悪さなどは、なかなか首や肩の硬さが原因になっていると思う方は少ないと思います。
・スマホ病の原因:長時間利用によるスマホ依存症の恐怖
いつも同じ焦点に合わせているために、眼球を動かす筋肉が機能低下を起こす若年性のスマホ老眼そしてスマホ画面の発するブルーライトによる、睡眠障害と、それが引き起こす自律神経の乱れ、更には長時間同じ姿勢を続けることで、首筋筋肉が硬直し、それによる肩こりや頭痛、めまい、手のしびれなどの症状等々が挙げられます。
来院者のここ数年の傾向をみると、肩こり・首筋痛そして頭痛でお悩みの方が増えていることが分かります。貴方様は、原因不明の片頭痛で悩んでいませんか?脳に異常があるのではないかと心配になり脳神経外科に行ったりしてますよね? そんな時は、すぐにお電話下さい。きっとお役に立てると思います。肩こり・頭痛解消整体を得意とする中国整体小山治療院です。
事務系の方の一番悩んでいる症状としては肩こり、腰痛ですよね。あとは背中の張りが一番つらくて 背中がよく「苦しくなる感じ」の重だるさ…ですよね。デスクワークなどが多い現代人の身体の不調や痛みの原因は どちらかというと細かく地味な深層の筋肉の機能が落ちてしまっているから。であることが多いのです。短時間の強いマッサージやストレッチは身体の表層筋をほぐすことはできてもなかなか肝心の深層の筋肉までアプローチすることはできません。
この肝心な深層筋を緩めて循環を良くし、機能の回復・改善を図り、再発を防止するのが私の整体の大きな特徴なのです。
首筋の痛み : PCに向かってばかりいる仕事をしている方、下ばかりを見て作業をしている方 首筋が痛いですよね? 首筋が詰まったように感じてはいませんか?後ろをスムーズに振り返ることができないと感じてはいませんか?

そのような症状でお悩みの方は、ぜひ小山治療院へお越しください!
きっとあなたの「つらい!」に応えます。肩こり・頭痛治療を得意としています。
長座(座椅子に座った姿勢)で、膝をリラックスさせ、お皿の4隅に指を添えて、滑らかに動くかどうかチェックしてみましょう。左右上下の四方向にスムーズに動けば膝関節は一通り健康であると言えます。正座が辛い人や出来ない人はお皿が全く動かなかったり、動きが硬かったり、ギシギシ・ゴリゴリ音がします。皿は音もなくスムーズに動くのに、痛みを伴う場合は、膝を取り巻く筋や筋肉の一部が硬直化している事が考えられます。
スーパー内で良く見かける光景ですが、カートに寄りかかって1m前進するのに5歩くらいかけてゆっくりと歩いておられる高齢者がいます。このような方は、足首関節か硬直化し、膝関節が硬直化し、そして股関節も硬直化しており、普通に歩くことが不可な状態になっており、その上O脚ときています。
・原因 : 老化、使用過多による疲労の蓄積、外傷による筋肉・靭帯等の損傷
・予防法 : 保温、肥満の解消、生活様式を洋風に変える。適度の運動特に屈伸運動・膝周りのストレッチなどを日常化する事が重要となりましょう。

乾布摩擦の効能

 乾布摩擦は、民間療法の一つで皮膚を鍛えて、体温を調節する機能を強くするための健康方法です。   メリットとしては、体温調節する機能が強くなるために、寒冷に対する抵抗力がつき,気温が急激に変化したりしても風邪をひいたりしなくなる。また、血行も良くなるので、低血圧改善ができたりリラックスができたり体臭も改善します。デメリットとしては、皮膚が弱い人は、赤くなったり、強く擦ると多少傷つくことがあります。私も、小学生のころ週一の全校朝礼で全員が上半身裸になり、乾布摩擦をやらされていたことを思い出します。

現在の私は、週1〜2回の早朝ウォーキングのあと、必ず行っています。それもあって、ここ20年ほど風邪を引いたことがありません。その効果があるのかも知れません。

全40ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事