高村光太郎連翹忌運営委員会のブログ

4/2は高村光太郎(1883〜1956)の命日、連翹忌(れんぎょうき)です。

全体表示

[ リスト ]

新刊です。 

『森の詩人 日本のソロー・野澤一の詩と人生』

野澤一著 坂脇秀治解説 彩流社刊 定価1,600円+税
 
イメージ 1
 
彩流社さんサイトから。
 
山梨県四尾連(しびれ)湖畔の小屋にひとり暮らし、詩と詩作に明け暮れた青年がいた……
《日本のソロー》野澤 一(はじめ)の『木葉童子詩経』から素朴で澄明な、心優しい詩をセレクション。

1904(明治37)年生まれの野澤一は、法政大学在学中にヘンリー・D・ソローに触発され、山深い湖畔での独居生活を実践。
野山をかけ、生き物を慈しみ、思索し、そして詩を詠んだ。高村光太郎への200 通に及ぶ手紙でも一部に知れられる稀有な詩人の、知られざるひととなりの詳しい解説をも付す。
 
野澤 一(ノザワ ハジメ)
1904(明治37)年生まれ。24 歳のとき、四尾連湖で生活するために法政大学を中途退学。5 年近くの独居生活を経て東京に戻り、湖畔在住中に書きためた詩約200 篇をまとめ『木葉童子詩経』と題し自費出版。1945(昭和20)年、終戦をみることなく41 歳の若さで病没。
 
坂脇 秀治(サカワキ シュウジ)
1955 年兵庫県生まれ。週刊誌記者、出版社勤務を経てフリーエディターに。
http://www.sairyusha.co.jp/bd/isbn978-4-7791-1956-9.html
 
野澤の詩は、文治堂書店さんから平成17年(2005)に復刻された『木葉童子詩経』で読んだことがありましたが、今回のものには坂脇秀治氏による40ページ近い解説が載っているということで、購入しました。
 
野澤は山梨県出身の詩人で、法政大学中退後、数え26歳の昭和4年(1929)から同8年(1933)まで、故郷山梨の四尾連湖畔に丸太小屋を建てて独居自炊、のち上京しています。昭和14年(1939)から翌年にかけ、面識もない光太郎に書簡を300通余り送りました。いずれも3,000字前後の長いもの。坂脇氏曰く「光太郎からの返信は数通あったようだが、ほぼ一方通行の文通だった。」とのこと。
 
光太郎はその野澤に関し「あの人の文章は癖のある文章ですが、とにかくちょっとほかの人には見られない稀らしい才能を持った人なんですね。」と語り、昭和15年(1940)に書いた「某月某日」というエッセイで、野澤を激賞しています。4月2日の連翹忌には、ご遺族の方にご出席いただいております。
 
その詩も独特のもので、戦前の作ながら、もはや「近代詩」の枠には収まりきれず「現代詩」の範疇に入るのでは、と思われます。そんな野澤が心の師と仰いだのが、アメリカの詩人、ヘンリー・D・ソロー。エコロジストとして名高い詩人です。そこで本書では副題に「日本のソロー」とあるわけです。
 
それから野澤は「現存している詩人でぼくが尊敬しているのは高村さん一人くらいです」と述べています。
 
そんな野澤の詩が32編、おそらく四尾連湖と思われるたくさんのモノクロ写真(これがまたいい感じです)とともに紹介されています。
 
ぜひお買い求めを。
 
【今日は何の日・光太郎】 12月27日
昭和27年(1952)の今日、中野のアトリエの大掃除をしました。駆けつけた詩人の藤島宇内、十和田湖畔の裸婦像製作の助手・小坂圭二が手伝ってくれました。
 
年の瀬といえば大掃除ですね。しかし当方、まだ大掃除らしい大掃除をしていません。昨日も国会図書館に行っていましたし……(汗)。

閉じる コメント(4)

顔アイコン

ご紹介いただき、ありがとうございました。
野澤一がほとんど唯一と言ってもいいほどに文学的な信頼を寄せたのが、高村光太郎でした。野澤が高村氏に宛てた手紙は258通以上あります。返信は数通あったそうです。
余談になりますが、山梨の文人たちの同人誌「文化人」昭和29年2月号にこんな近刊予告が載っていました。「野澤一遺稿 高村光太郎への手紙」(約200ページ 定価未定)。この本はその後、出ませんでした。
さらに余談ですが、本書の解説を書く前、花巻郊外の「高村山荘」を訪ね、あずまやの様子を食い入るように見つめて頭を下げました。
坂脇秀治
『森の詩人』

2014/1/9(木) 午後 6:21 [ jac**do ] 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございます。返信の方は筑摩書房『高村光太郎全集』に掲載されていますね。高村山荘にも行かれたよし、遠いところ大変でした。野澤が暮らした四尾連湖畔の小屋ももあんな感じだったのでしょうか。

2014/1/9(木) 午後 11:13 [ 高村光太郎連翹忌運営委員会代表 ] 返信する

顔アイコン

高村さんの山荘はご本人の剛健さが建物に反映されたような姿だと私には思えました。野澤さんの山小屋は現存していませんが、その場所に立ってみることは出来ます。往時の森と湖は湖畔にある民宿のご主人が守り抜いていらっしゃるので、大きな変化はないようです。
野澤さんが夜、湖に入って鯉と戯れたという内容の手紙を高村さんに綴ったのですが、湖を前にしてそれを思い出すだけでわたくしは大いに愉快な気分となりました。
坂脇秀治

2014/1/10(金) 午後 9:01 [ jac**do ] 返信する

顔アイコン

コメントありがとうございました。いずれ四尾連湖にも行ってみようと思っております。

2014/1/10(金) 午後 10:58 [ 高村光太郎連翹忌運営委員会代表 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事