ここから本文です
痛風のkのゆる〜いブログ!時々保守!

サプライズ

今月20日で54才を迎え一歩初老に前進です(^^;
 
誕生日から3日過ぎた今日の夕方に思いがけないプレゼントが!

イメージ 1

メタポのヤスさんがわざわざバイクで会社まで持ってきてくれました。

ヤスさんプレゼントありがとーね\(^-^)/

感謝です。また、呑みましょうね!

福助はお酒よりカメラが気になるようです(^-^)

イメージ 2

福が来た!

宝くじが当たった訳ではなく新しい家族です。
イメージ 1

名前は福助!                                昨年の秋に会社来た迷い猫です。                                                             鉄人さんと話しの上自分が飼う事に〜                                                           名前の由来はまるで白たびを履いてるかのようなので              (鉄人さんが命名しました)
イメージ 2

毎日癒されております。
イメージ 3

今後とも福助を宜しくお願い致します。                    まずは時間は経ちましたがご紹介まで(^^)

日本の国益、尊厳、主権が視野にない日本の外務省!〜、
✦  無能!・・・
 特亜優先の外交姿勢!・・・
✦  売国官僚の吹き溜まり!・・・
などなどの、綺羅びやかな衣装を身にまとい、日頃から売国活動に邁進している。

 此の外務省が、超弩級の売国事業を奸計をもちいて、
支那に日本国を売り渡そう!としている事が発覚した!。

外務省の売国事業とは!〜、
■【平成31年度:中国若手行政官等長期育成事業 民間競争入札実施要項(案)】!・・・


信じらない!、… 外務省はアホなのか?!〜、
それとも、意図的にこんな超弩級の売国事業を画策しているのか?・・・
❝❝ 支那政府の公務員は全員が、… しかも筋金入りの共産党員である!❞❞ と、
          言っても決して過言ではない!・・・。
日本で4年くらい過ごしたからと言って、… 親日・知日派になるわけないでしょう!。

外務省は取ってつけたように!〜、
【支那若手行政官等長期育成事業 民間競争入札実施要項(案)】に対する国民の意見募集(パブリックコメント)をしているが、… 通常、パブリックコメントは募集期間が30日ほどあるのに、この意見募集期間は、​11月7日〜20日のたった14日間だけ!。
こんな大事な、事案をたったの14日間だけの意見募集をとは不可解であり、… 害蟲省官僚の邪(売国)な意図が見え隠れしている。
穿った見方をすると!〜、
もしかして『パブコメ募集済み』というアリバイ作りのためだけかも知れませんね!。
今回のパブリックコメントは、この事業に関わる『民間企業』を入札で選ぶことに対してのコメントも募集している。


意見投稿先(クリックで該当ページにリンクします)!〜、

外務省の掲示した資料(画像の最後の一文以降)は!〜、
支那大使館や中支那人公務員たちと『良好な人間関係』を築き、コミュニケーションが取れることを条件としているが、支那工作人が自由に日本の要職にある人物に接触し、工作活動を助長する事になる。これでは外務省がまるごと支那人スパイに汚染されて仕舞う恐れが非常に高い。

(文例)↓
この計画そのものに反対です。
今、チベットや東トルキスタンの弾圧、またベトナム人の誘拐・臓器売買などで
中国は世界的に批判を浴びています。
中国は日本の国際的信用を利用しようとしますから、絶対に受け入れないでください。
また中共政府の公務員は共産党員で洗脳されていますから、真の知日派、親日派は育たないと思います。
こんな計画に使うお金があったら、外国で日本人の汚名をすすぐために慰安婦像や徴用工反対の運動をしている現地の日本人団体に補助してあげてください!。

これまでに外務省に寄せられたパブリックコメントの一部を紹介致します!〜、

 これ以上中国人留学生に血税を使うことに反対です。この計画はやめるべきです。
早急にスパイ防止法案を制定してください。

 中国政府の公務員はほとんど共産党員と聞きました。
費用対効果を考えても彼らを親日・知日派に育てるのは難しいと思います。
逆に大学内の研究成果や技術がどんどん盗まれる可能性があります。
この計画に反対です。
税金の無駄遣いです。
中国人留学生に回している奨学金を減らして逆に日本人学生に回してください。

 日本人の学生に教育費を回してください。これ以上、外国人の教育に大事な血税が使われることに反対です。

この計画の実施は、中共政府を助けることになります。
中共政府は「日本と連携」を声高に世界に主張することでしょう。
今、すでに日中スワップを利用して世界にアピールし始めています。
日本がもつ信用を利用して、4年間の延命措置を得ることにつながるからです。
逆に言えば、日本は自分で、日米同盟や他国からの信用を危うくしているのです。

 まともに約束を守れない国どころか、日本を敵国認定してスパイ活動する国に、
日本がこれ以上誠意を尽くす必要も義理もない。
よって、私のこのパブコメへの意見は「反対」です。計画そのものの白紙撤回を求めます。


外務省の超弩級の『中国若手行政官等長期育成事業 民間競争入札実施要項(案)』を知ったのは昨日でした!。
即座に拡散したいと思って、ブログに取り上げた次第ですが、・・・意見募集期間は、​11月7日〜20日のたった14日間だけ!。
もう、時間がありません!!!・・・。
例え1日(19日、月曜日)しかなくても拙ブログ来訪者の皆様方に外務省にパブコメを送って頂きたい!とお願いさせて頂きます。

引用記事:
【拡散希望】11/20まで外務省へご意見のお願い 


転載元転載元: 不死鳥!蘇る日本、未来に向けて自虐からの脱出

我が町 富田林

                                            富田林は人口約11万人で大阪府の南東部に位置しています。                                                  今日は「重要伝統的建造物群保存地区」の寺内町(じないまち)          を紹介したいと思います。
イメージ 1

     寺内町は江戸時代から昭和初期の街並みが残っています。
イメージ 2

イメージ 3

  その中でも寺内町のシンボル的存在となっている旧杉山邸(重要文化財)です。
イメージ 4
イメージ 5 
イメージ 6
     何故か落ち着く空間です。
                              
イメージ 7

イメージ 8
    この歌は明治の歌人石上露子(いそのかみつゆこ)杉山邸は彼女の生家でもあります。                                      今日はこんな所を散歩して来ました。                                                           最後に一言!
イメージ 9

   ちゃんとせえよ富田林警察!       
          


気ブログランキングに参加しています。 
まずはここをポチッとお願いします。 イメージ 2



イメージ


111日、日本テレビ「スッキリ」で「良くわかる!徴用工判決」を取り上げた。
 
ここに出てきたのが東海大学教授で芸能事務所ホリプロ所属の金慶珠である。
-----------------------------
金慶珠:「韓国では日韓関係は保守政権が担っており、基本的には日韓関係を優先するスタンスだった。ところが革新系の文在寅政権となったことで、国内の被害者の声に耳を傾けるスタンスできましたので、今回、こういう判決に結び付いたと言える」
加藤浩次:「今の金さんの話だと内政問題が国際問題になってる。日本を引っ張り出してきて徴用工問題をもう一回あげてきて有罪判決にするとは、国際社会では認めれませんよ、こんなの!」
金慶珠:「怒り心頭でごもっともと言いたいんですが、ただ一方で政権が変われば司法判断も変わるし、政府方針も変わるのはよくある話です
加藤浩次:「しかし条約が結ばれているのを基本的に踏まえた上でやらないと」
 
イメージ
 
金慶珠:「これから先は時効の解釈で、裁判を起こせない仕組みを考えているかもしれない」
加藤浩次:「考えていますか?だって国内のそういう人達が可哀想だからと日本企業を有罪にして日本との関係よりも内部の人間を取る、でも日本とも上手くやっていきたい。こんなずるいやり方はない
金慶珠:「加藤さんから見ればずるいと見るでしょうけど、韓国から見れば外交的戦略なんです
加藤浩次:そんなの国際社会は認めないって!
 
イメージ
 
加藤浩次:「では国際司法で日本が訴えた場合、韓国側は出て来ますか?」
金慶珠:出ていかない
加藤浩次:「なぜ?」
金慶珠:「国際司法裁判所はお互い合意しないと裁判は開かれない仕組みになっています」
加藤浩次:「知っています。自信があるなら出てくればいいじゃないですか」
金慶珠:「よくそういう風に言うんですが、我々は正しいので出ていく必要はない
加藤浩次:「おかしいじゃない、僕は納得いかない」
-----------------------------
 
これでは番組のタイトルは「良くわかる!徴用工判決」ではなく「良くわかる!韓国のバカさ加減」にするべきである。
 
金慶珠は「政権が変われば司法判断も変わるし、政府方針も変わるのはよくある話です」と言った。
 
これが李氏朝鮮の昔からから変わらない朝鮮人の考え方である。
 
加藤浩次は「国同士の条約でそれが通じるのか」と正しいことを言った。
 
さらに加藤は「日本企業を有罪にしながら日本とはうまく付き合いたいというのはずるいやり方だ」と言った。
 
これも朝鮮人らしいやり方である。昔から大国の間で力のない朝鮮民族がどうやって生き延びていくかの知恵である。
 
それを金慶珠は「それは韓国の外交的勝利だ」と言った。
 
これは「ずるいやり方」を「外交的勝利」にすり替える朝鮮人ならではの“騙し”の手法である。
 
そして加藤が「ならば国際司法裁判所で決着をつけよう」と言うと、金慶珠は「我々は正しいから応じない」と言う。
 
これで結論が出ているではないか。
 
日本はこんな民族と関わってはいけないのだ。
 
日本民族のような“正直”に生きる民族に対して、朝鮮民族は“嘘”も“騙し”も平気な民族である。
 
これでは正直が駆逐されるのは当然である。
 
こういう民族を相手にするにはこちらも嘘や騙しでずるくやらなければならなくなる。
 
しかし日本人は朝鮮人と共生する必要もないのだから、朝鮮人と関わらず、交わらず、つまり「断交」して「在日を追放」すれば、すべてが解決するのである。
 
これこそ「スッキリ」するのではないか!
 
さて安倍総理は11月1日の衆院予算委員会で、「徴用工」とされた原告4人について「4人はいずれも『募集』に応じたものだ」と答弁した。
 
これは非常に重要な発言である。
 
原告4人が「募集」ということは、国家総動員法の「徴用」が朝鮮人に適用される昭和193月以前のことであり、それは「徴用」とは言わない。
 
これは自分の意志で勝手に日本に来て働いていた“出稼ぎ労働者”である。
 
これを「徴用工」としていること自体間違いである。
 
朝鮮人の”嘘”にはあきれるばかりである。

・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
朝鮮とは一切の関わりを断つべきだ、と思った方はここをポチッとお願いします。 
                    イメージ 2



保守の会・在特会後援
「放射線防護学専門 高田純講演会」のご案内

保守の会が後援しますので、国歌斉唱、海ゆかば、教育勅語奉読から始まります。皆様のご参加をお待ちしております。

イメージ 2

転載元転載元: さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事