向陽台青空スポーツ少年団のブログ

運動はもちろん、自然と親しんだり、家事をしたり、親子の体験活動等を通じて、こころとからだの健やかな成長を目指します。
イメージ 1

菩提寺「洞雲寺」の千田副住職は、仙台三高の後輩。
(青空スポーツ少年団の団員だった子ども達も
ゾクゾクと団長と同じサンコ〜に入学したよ!
の知らせを寄せてくれていて、とっても嬉しい団長です!(^^)!)

中学後輩の羽生結弦君も凄いけど、千田君も凄い努力家です(^^)v。

洞雲寺は団長の家のすぐそばにあり、
東日本大震災で本堂は全
壊し、
再建までにはじつに年もの月日がかかったそうで
す。

(埋め込みスピーカーはやっぱりボウズ(笑)

ということで、
きょうは震災後初の『山の寺洞雲寺本堂山
門落慶記念コンサート』でした♪。

奏者は、仙台フィル・
バイオリストのヘンリさんと奥さんのピアニスト順子さん
さらにスペシャルゲストは副住職の千田君。
寅さん姿でクラリネット演奏し

ました。

菩提寺でこうした素晴らしい演奏♪
が気軽に聴ける、後輩たちの活躍ぶりが見れるって、

ホントに幸せだな〜

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2週間前
38名が1172mの山頂を目指して
2時間半の登山に挑み、

全員が登頂に成功しました。

イメージ 1


じつはそのストーリーを
全員が記録しています。

この記録を通じて見つける
「自分発見」のワークショップ
を次回開催します。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全員 登頂大成功

イメージ 1

親子で取り組むプレイフルネス運動遊びを通じて、
子ども達の個性や才能を引き出す青空スポーツ少年団。

本日は、とんでもないことが起きてしまいました。

仙台市近郊の市民にチャレンジの場を与えてくれる標高1172mの泉ヶ岳。
毎年この時期に親子で挑みますが、
今年の参加者38名の中には3歳になったばかりの最年少団員がいて、
なんと独力での登頂に成功したのです(*^^)v

朝9時半に登り始めて12時に山頂へ。
あらためて子ども達の可能性の凄さを知り、
また才能の引き出しに支援する環境の尊さを覚えました。

Team AOZORA」\(^o^)/万々歳です!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

アメフト事件

だよね。この問題も本質はイジメと体罰のW犯罪。
だけどどこかの大臣みたいに、そういう名前の犯罪はない!
と言って登場人物だけ消えて、
本質うやむやにしたまま自然にフェイドアウトするんだろうな〜

イメージ 1


日大・宮川選手は内田前監督の“イジメ”に「ハマってしまっていた」関東学連会見
=2018年5月29日21時39分 スポーツ報知=

関東学生アメリカンフットボール連盟(関東学連)が29日、臨時理事会を開き、悪質タックル問題で揺れる日大への処分を発表した。

 この日夜、同学連の柿沢優二理事長(63)らが都内で会見。問題を調査した同学連の規律委員会(5月9日発足)が日大の内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)前コーチ(29)が宮川泰介選手(20)に悪質なタックルを指示したと認定。内田前監督(62)と井上前コーチを8段階の処分のうち最も重く事実上の永久追放にあたる除名処分とした。

 守備を統括する立場だった森琢ヘッドコーチは除名に次いで重い資格剥奪、危険なタックルをした宮川選手には2018年シーズン終了までの出場資格停止処分。チームとしての日大には公式試合の資格剥奪処分が課された。

 規律委員会の森本啓司専務理事(48)は「内田監督の復帰後、とても練習が厳しくなり、コーチ陣もその指示に盲従しました。日大の常務理事でもある内田氏の力は絶大で、どんなに理不尽であっても内田氏の指示に従うのがフェニックスの常識でした」と調査結果を報告。「宮川選手は闘志を前面に出す選手ではなく、内田監督好みではなかった。厳しい練習の中、宮川選手が日大豊山高時代から頼りにしていた井上コーチも内田監督のもと、どんどん厳しい指導者に変わっていった」と続けた。

 「内田監督は有望選手を追い込み、名指しで酷評し、結果を出さないと干すぞと酷評。精神的にも圧力を加え、対象者を変え何度も繰り返され、選手間では『ハマる』と表現していた」と同監督の指導法を示し、「『ハマってしまった』宮川選手を井上コーチも助けることもせず、宮川選手は顔つきも変わってしまったと同僚選手は証言しました」とした。

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

先週の田植えに引き続き、
きょうは団員と一緒に四季学校の活動に参加しました😁

かぼちゃ、さつまいも、とうもろこし、メロンetc
自分の名札をつけて成長を楽しみにします(^^♪

ところで、タケノコってどうなってる(生育してる)の?
と好奇心いっぱいの子ども達のリクエストで竹藪へ( ..)φメモメモ。 

そして大収穫!!


…ところが、団長が夢中になりすぎてみんなが帰ったあとに竹やぶの中を
クルマの鍵さがしをしてもらうハメになり

こうした野外活動には、
仙台市や名取市、多賀城市と近隣の子ども達がたくさん参加してくれます。
対して富谷の子どもの参加は少ないのは、不思議ちゃんなんですょね(;'∀')

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

田植えに取材

日曜日は西成田で恒例の「田植え」😁
おそらく富谷で一番遅い田植えになりました

あいにくの天気が続き、
小学校の
運動会とも重なったため例年より少なめの参加者でしたが、
和気あいあいで
とても良い体験活動になりました。

(河北新報富谷支局さんに取材もしていただきました)

ここで出来たお米「まなむすめ」は、
内ケ崎酒造さんで純米酒
『蓑かくし』に変わります。

稲刈り体験もできますので、
次回はぜひ皆さんもご参加くださいね(^^♪


イメージ 1



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2018年の田植え

体験活動の重要性を説いて、子ども達が田植えの体験。

実った後の稲刈りも!

そしてそこからの純米酒🍶…
大人たちは飲んで
ニコやかに…
地産地消、
バンザ〜イ\(^o^)/ 

雲一つない青空の元で、
老若男女みんな
泥んこまみれ、
汗まみれになりました。。

イメージ 1


この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

体験型活動とICT

午前中のスポ少活動の後は、すぐさま
『「みんなでつくる!情報時代の学校」
教師・家庭・地域・民間をICTでつなぐとできること
(富谷市立明石台小学校での実践授業から考える)』
と題するセミナーに参加。
参加者のほとんどが教育関係者で、いつものとおりこの手のセミナーに出席するスポ少関係者は団長ただひとり。

でもね、【親子で遊ぶ・まなべる体験型活動】の青空スポ少としては、
2020年からのプログラミングやらなんやらで
体育や音楽の授業が削られるのは嫌だなぁ〜と思っていたから、
最前列でガンミの敵情視察を
👀

でもね、さっそくに東北学院大学の稲垣教授の講演に惹きこまれ、
その後の林教授をはじめ先生方のお話には、目からうろ。

なんと、体験型活動とICTは相性が良いじゃないですか!

ここでもイノベーション考えて、新しいスポ少に発展するっきゃない(^^♪

情報時代の学校

イメージ 1



この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

青空スポーツ少年団の特徴は、
プレイフルネス効果の引き出しをめやすとする
「アクティブ・チャイルド・プログラム」,
「体験活動」,
「カジチャレ」(家事手伝い)
をバランスよく配置し,
人間力の形成』,『生涯を通じた豊かなスポーツライフの形成』を目指していることです.

以前の子ども達は,
自然とふれ合ったり,仲間と遊ぶ機会が豊富にありました.

この中で,自然の厳しさや,豊かさを感じ,自然に対する畏敬の念が育まれました.
しかし,今はこうした機会が激減しています.

子どもの頃の様々な体験が豊富な人ほど,
おとなになってからの「やる気」や「生きがい」,「モラル」,「人間関係」などの
資質・能力が高い傾向にあることが明らかになっています

私たちおとなが体験活動の機会や場を与えていくこと
は,
子ども達の健やかな成長に大切なことです.

と、パンフレットにも記させていただいています。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

イメージ 1

今年度の募集パンフレットを作成していただきました。
ポイントは、
◆ 体験活動を通じて,どんなことを学ぶのですか?  という質問に対して、
子どもには言葉や点数では十分に測ることのできない,感じること,体験することを優先する「適度な運動」と「好奇心を満たす冒険」の繰り返しが大事だと考えています. そのため,親子活動の基本ルールは「やりたくないことは無理強いしない」,「怒らない」, そのかわり「やりたくなった時には本気で取り組む」です!

また,本気スイッチの入った子どもには,仙台発・日本で初の総合教育スクール『あおぞらキッズビジネス・スクール』があり,学校や家庭では学び難い「SDGs」,「Money」,「生き物研究」などを,専門家によるファシリティによって集中力を高め,思考過程のヒントなどを学ぶコミュニティの場を設けています.
と記した点です。体験活動を、「あ〜楽しかった、来年もやりたいね」で終わらせずに、「あ〜楽しかった、なんであ〜なっているのか分かったら、今度はこんな工夫もできるよね」って導きをしたいと思っています。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事