SSS(咲SS)感想ブログ

12/3 しばらく書いてなかったので文章勘がにぶってますね……。

全体表示

[ リスト ]

大将戦前半戦東1局

東・臨海:94700
南・三箇牧:123400
西・龍門渕:89800
北・宮守:92100

ネ「久しぶりだね、アワイ」

淡「ほんとーに。再戦できるのを楽しみにしてたよ」

ネ「また叩き潰してあげるよ」ゴゴゴゴゴゴ

淡「今度はこっちがやり返してあげる」ゴゴゴゴゴゴ

豊「あ、みなさん、これお願いします」サシダシッ

淡「なにこれ」サインシキシ?

豊「みなさんのサインがほしいなーって。あとあと、できればみなさんのチームメイトさんの分もお願いしますっ!」

衣「ころもの分もいるのか?」

豊「天江さんのが一番ほしいですっ!」キラキラッ

ネ「目が輝いてる」

淡「こんなものでよければいくらでも書くけど……でも、これから戦う相手なんだよ?」

豊「私、子どもの頃からずっとテレビしかなかったから、全国大会で活躍している人を見るだけでもちょーうれしいんだー」

ネ「それじゃー、サイコロ回すねー」ピッ

衣(なるほど。トヨネとかいったか。いくつかの不思議な力を感じる。テレビばかりということだったが、衣と同じように人と会うことを禁じられていたか?)カチャカチャ

豊(テレビで憧れだった天江さんと一緒に麻雀ができるなんて、ちょーしあわせだよー!)カチャカチャ

ネ(アマエコロモの配布は確認してきた。ネリーの力でどこまで操作できるかどうかだけれど、まずは様子見というところかな)タンッ

淡「それじゃ、いくよーっ」クルクル

ネ(しまった、いきなりやってくるのか)

淡「先制のダブルリーチ!」ゴッ

衣(あわいか。あのケイが大将に置くくらいだ。相当の打ち手なのは間違いない)タンッ

豊(うわー、いきなりダブリーとかちょーびっくりだよー!)タンッ

ネ(前にネリーがその技を完全に封じたから、きっとダブリーは使わずに来るだろうと思っていたけど、まさかいきなりとは)タンッ

淡(いまさらだけど、ダブリーしてもラス角まで行かないと槓もツモもできないんだから、あまり絶対安全圏の効果がないよね)タンッ



え『いきなり三箇牧、大星選手のダブリーから大将戦がスタートとなりました』

咏『これは北大阪の決勝で見せたやつだね。てことはアレが来るのか』

え『北大阪の決勝というと』

咏『後半戦南3局。あの子がダブリーして、最後は──』



淡「カン!」

衣(カンをしてもダブリーのみ2600、ツモれば5200か。だが、何か衣と同じ深淵に何かが潜んでいるようにも感じられる)タンッ

豊(もー、さっきから一向聴で止まってるけど、これって天江さんの力だよねー?)タンッ

ネ(アマエコロモが一向聴に止めているせいで、アワイの打点を下げられないよ。困ったな)タンッ

淡「──ツモ!」パララッ

淡「からの──槓ウラ! 3000,6000!」ドヤッ



え『こ、これは三尋木プロのおっしゃった通り、ダブリー槓ウラの跳満が飛び出しました!』

咏『やっぱり偶然じゃなかったんだね、あれ』

え『ダブリーを狙ってやってるということですか?』

咏『間違いないね。ただ、このメンバーだからね。何度も使ってると、狙い撃ちにあうと思うけど、そのあたりは大丈夫かな』



東2局

東・三箇牧:135400
南・龍門渕:86800
西・宮守:89100
北・臨海:88700



咲桃友「「「先制ダブリー槓ウラ大成功ー!!!」」」ヒャッホウ!

憩「開幕直後は決まるってゆーたけど、まさかあそこまで綺麗にいくとは思わんかったわ」

咲「試合の展開が読めないので、貯金は多い方がいいです」

友「前半戦をプラスで終わっておくのが大切なんでー」

桃「りゅーもんさんとこのちびっこ大魔王の覚醒をいかに防ぐかっすね」

憩「みんな能力持ちやからなあ。試合展開も途中までは想像つくんやけど、最後がさっぱりや」



淡「それじゃ、東2局、行くよっ!」タンッ

衣(今度は普通に始めたか。もしもう一度同じことをしたら血祭りにしたのだが)タンッ

豊(さっきのカン裏、狙い通りなのかな? だったらダブリーに先負でなんとかできそうな気がするんだけど、一向聴から進まないとこっちも立直ができないんだよねー)タンッ

ネ(ダブリーしないとアワイは一向聴を回避できないんじゃないのかな? まあ、ネリーの気にすることじゃないけど、被害が大きくなるのは勘弁だよ)タンッ

淡「チーっ!」

淡(南家のちびっこは危険だから、先にずらしておかないとね!)タンッ

衣(なるほど、衣の打ち筋を研究してきたか。だが)タンッ

豊(うーん、できればこっちが鳴いておきたかったよー)タンッ

衣「ポン」タンッ

豊(うわ、これでまた流れが戻った)タンッ

ネ(強引に海底を持っていくのか。やっぱりこの大将戦、一番の難敵はこのちびっこか)タンッ

淡(さすがに何回も鳴けるほどうまくはできないって!)タンッ

衣(さあ、海の底に沈む月を見せてやろう)タンッ



一「これは衣が持っていったね」

純「ああ。だが、三箇牧は臨海に鳴かされたな」

友「鳴かされた?」

純「そりゃ一巡目からまだ字牌も残ってんのに、中張牌を投げる必要なんかねーだろ」

一「鳴きにくくなる終盤に差し掛かる前に、さっさとズラしておきたかったっていうことか」

透「それもありますけれど、あれはきっと衣の立直一発を防ぐためでしょう」

友「そうか。海底に戻すためにはもう一度鳴かないといけない」

純「そうして打点を下げたわけだ。あの一年生、なかなかのやり手だぜ」



衣「ツモ。海底ドラ1。700,1300」パララッ

豊(うわー、ほんとに海底だー。ちょーすごいよー!)チャラ

ネ(こちらに運が向くまではできるだけ安く流しておかないとね)チャラ

淡(なんて思ってるんだろーけど、こっちの手を知られているかわりにこっちだって分かってるんだからね。安く流れるなら終局が近づく分こっちが有利だよ)チャラ

衣「では、衣の親番だな……」ゴッ!

豊(これが天江さんの本気! すごいよー! びびびってきたよー! でも……だからって、簡単に和了らせるわけにはいかないけどねーっ!)ゴッ!



東3局

東・龍門渕:89500
南・宮守:88400
西・臨海:88000
北・三箇牧:134100



明「最下位ですね」

ハ「みんな力を隠しすぎなのでは」

智「2回戦負けなどとなったらいい笑いものだな」

メ「手を抜いていたわけではないのでスガ」

明「確かにどの相手も一筋縄ではありませんでした」

智「まあ、ネリーが簡単に負けるとは思えんが、あそこにいる連中も全員一筋縄ではないから、意外に手こずるかもしれんな」



ネ(まあ、流れが来るまでは点数をあまり下げないようにするだけで精いっぱいかな)タンッ

淡(うわー、2回連続で一向聴止まり。このちびっこ2年生、本気で意地悪いなー)タンッ

衣(配牌で必ず5向聴にする能力も意地が悪かろう。だが、衣の支配を崩せると思うな!)タンッ

豊「チー」タンッ

ネ(能力持ち同士でつぶし合ってくれると、点数調整も楽だね)タンッ

淡(あのおっきい人、ちびっこ2年生をなんとか止めてくれるのかな。だったら大歓迎だけど)タンッ

衣(手が進んだようには見えぬが、何を考えている)タンッ

豊「チー」タンッ

ネ(2副露)タンッ

淡(2回鳴いたから、もう1回チーしたら海底がちびっこに行くけど)タンッ

豊「ポン」タンッ

衣(3副露。だが、それでもまだ1向聴)

豊(さーて、これで1向聴だけど、うまく効果発動してくれることを願うよっ!)

衣(衣と力比べをするつもりか。面白い。ならば、試してみるがいい!)タンッ

豊「チーっ!」ボッチジャナイヨー

ネ(鳴いた!)タンッ

淡(これでテンパイ、裸単騎!)タンッ

衣(くっ、急激に力が吸い取られる。この者、条件を満たすと力を増加させるタイプか!)タンッ

豊「ツモ! 1000-2000!」パララッ



東4局

東・宮守:92400
南・臨海:87000
西・三箇牧:133100
北・龍門渕:87500



塞胡「「友引発動!」」ハイタッチ

エ「〜♪」カキカキバッ

白「うん。対戦メンバーみんな、友達少なさそうだよね」

胡「友達の多さなら豊音の圧倒的勝利!」

塞「いやいや、全校生徒人数が一番少ないのは間違いなくウチでしょ」

エ「ボッチーズ!」

胡「いや、それはいろんな意味で言うのやめてあげよう?」



淡(もちろんこのまま逃げ切るなんて考えてないけどね。ネリーを完璧に叩き潰す!)タンッ

衣(む、月が曇ったか。今回はいったん、流すとしよう)タンッ

ネ「ポン」タンッ

淡(え、そこで鳴くの!?)タンッ

衣(ほう。あえて衣に海底をつかませるか。ちょうどいい。ならば海の底を見せてやろう)タンッ

豊(そこは鳴けないなー。うーん、最後じゃおっかけ立直できないし……)タンッ



友「衣に海底が回った」

純「なんだあの外国人、衣の打ち方知らないのか?」

一「そうじゃないよ。あの人の手を見れば何を狙っているかは分かる」

透「なるほど……あまり目立っていないかと思いましたが、さっき三箇牧に鳴かせたことといい、場を操るのが巧みですわね」



ネ(さて、それじゃあ頼むよアマエコロモ)タンッ

衣「外つ国の。衣の海底を封じる秘策でもあるというのか?」

ネ「すぐに分かることだよ。やってみればね」

衣「面白い。ならばどう防ぐつもりか、やってみるがよい──リーチ!」

豊(おっかけたい! おっかけられないけど!)タンッ

ネ「カン」タンッ

淡衣豊「「「!!!」」」

淡(な、なるほど、そこで加槓!)タンッ

豊(これはもうちょーちょーびっくりだよー!)

衣「なるほど……確かにこれは、衣の海底防ぐにはよい策だ」ニヤリ



南1局流れ1本場

南・臨海:86000
西・三箇牧:132100
北・龍門渕:89500
東・宮守:91400
供託1000



え『ええと……今のは、いったい何がどうなったのですか、三尋木プロ』

咏『いやいや、そこは分かれよアナウンサー。立直ってのは基本、全員のツモを合わせて4回になったときにかけられなくなるだろ? だから龍門渕が立直をかけた後、誰も立直はかけられなくなった。このままいけば、海底は立直をかけた龍門渕が持っていくことになる。多分、それで立直一発ツモ海底で和了る気だったんだろ』

え『ですが、臨海が加槓しました』

咏『中盤戦でポンしてたけど、そのときすでに暗刻になってたんだよな。てことは、後でいつでも加槓できる状況だったってことだ』

え『それをわざわざ天江選手が立直をするまで待ったということですか』

咏『そういうこと。槓すれば嶺上牌が手に入る。同時に、海底牌は山に取り込まれる』

え『立直をかけた後、天江選手はツモれなくなる……立直一発ツモ海底がすべて崩れます!』

咏『相手が立直してくるときに海底牌をズラすだけならわりと簡単だろうな。暗刻がそろっているのをポンすりゃいつでもできる』

え『ですが、海底一発で和了れるものですか?』

咏『実績は去年のインハイを見ておけってことだな。今年の選手で天江の海底を警戒してないやつは誰もいねーだろ』



憩「てことですが、解説の咲さん、いかがでしょうか」

咲「はい。ネリーさんのポンした牌は天江さんがツモ切りしたものです。そして、実はポンする2巡前に対子を天江さんからポンすることができていましたので、そうすると暗槓で待つことができました」カンザイクライミエルヨウニナレトイウコトデス

友「人間には無理なんでー」ミヤナガサキ...オソロシイコ!

桃「人間やめますか。それとも麻雀やめますか」ミヤナガサキ...アノコハテンサイヨ

憩「まあ、暗槓を狙って手に入れるのは無理かもしれんけど、これで立直一発の防ぎ方はある程度共有された。試合はまだ4分の1や。これからが正念場やで」ドク...!

咲「どういう展開になると思いますか」オラアサキダ!

憩「せやなあ。単なる勘でしかあらへんけど、点数は膠着すると思うで」ソレタベチャダメー!

閉じる コメント(4)

顔アイコン

お久しぶりです。待っておりました。

2017/11/21(火) 午前 0:14 [ tatsu ] 返信する

> tatsuさん
もう一年以上書いてなかったんですね。
実は準決に行くチームにいろいろ思うところがあったのと、大将戦があまりに人外すぎて困っていました。
納得のいく形にはなったのですが、公開した以上はこれで突っ走ります。
想定していた準決にはならなさそうですが。

2017/11/21(火) 午前 9:48 [ せーや ] 返信する

顔アイコン

久々に見にきたらなんと!応援してます。私のためにもよろしくお願いします笑 削除

2018/3/31(土) 午前 4:51 [ ぱられーる ] 返信する

顔アイコン

> ぱられーるさん
こういう私情丸出しの応援、すごく嬉しいですね! 応援ありがとうございます!

2018/4/20(金) 午前 9:42 [ せーや ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事