SSS(咲SS)感想ブログ

12/3 しばらく書いてなかったので文章勘がにぶってますね……。

全体表示

[ リスト ]

憧「脱出ゲーム……」咲「論理パズル?」淡「ナニソレー?」http://blog.livedoor.jp/dpdmx702/archives/32614017.html











ジャンル:ミステリ
メインキャラ:憧、咲、怜、淡
カプ:なし
内容:目が覚めたとき、四人はなぜかどこかの部屋の中にいた。それも、鎖で首輪に繋がれている。いったいこれはどういうことなのか。そのとき、スピーカーから声が聞こえてきた。
?「突然だけど問題でーーす」
 この問題に答えられない限り、この部屋から脱出することはできない──











以下、ネタバレ注意















 おう、まずはこの4人になった経緯から聞かせてもらおうか。
 いやいや、何がって、どこに共通点あるのさこの4人。最終的には咲と淡が決勝卓で当たるくらいで、全然同カプでも何でもないし。

 ま、憧と咲が一緒にいるだけでせーや的には何の問題もないんだけどね!(殴)

 問題はないんですが、謎は残るわけですよ。この4人の共通点なんて、漢字1文字の名前っていうくらいじゃないですか。
 淡と怜と咲はぶっちゃけいてもいなくても攻略に何の関係もしてこないし。首謀者が他の学校の人たちを巻き込んだとしても、清澄と阿知賀と千里山と白糸台。やはり共通点なんか何もない。特に千里山。
 せめて1年生でそろえてくれればよかったものを、怜がいるだけで学年バランスも悪い。そして微妙に頭の悪い怜に目幅涙。

 それはそれとして、結局みんなこういう論理パズルは大好きなんですよね。
 まあ、こういう論理パズルはだいたいインターネットで探していけば、答はすぐに見つかってしまいます。答が分からなければ検索してみましょう。
 河渡りパズルについては初手で少し迷いましたが、あとは久保チーム・トシチームを両岸に置くことができれば、そこで咲チームを移動させれば後は来た道を折り返すだけでいいのでそれほど時間はかかりませんでした。これはエクセル使って細かく確認した。
 不良品牌のパズルは(4:4)×3で知っていたので、残念ながら全く時間かかりませんでした。
 袋の中に牌がたくさん入っているのも、確か金田一少年でやってたなあ。
 ロボットだけは分からんかった。これはあとでもう1回検討してみよう。

 話の途中で、憧が咲を気づかっているところが大変すばらでしたね。
 憧と咲が仲良くなっていくのが大変すばらでした。
 憧が咲を慰めるのもすばらでしたし、咲が憧に頼っているのも大変すばらでした。

 あー、誰か咲憧で長編書いてくれないかなあ……。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事