全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
ちょっと前ですが、名古屋Zepp Nagoyaにあの
スティーヴ・ヴァイ、ザック・ワイルド、イングヴェイ・マルムスティーン、
ヌーノ・ベッテンコート、トーシン・アバシによるスペシャルライブに
行ってきました!
イメージ 2

開演前、雨風に打たれながら外で待つこと2時間・・・
最前席とはいきませんでしたが前から4番目くらいので視界は良好、外で待っていた事など忘れてしまいました。
今回のライブは、「5人の個性的なギタリストがライブをやったら面白い」というアイディアのもと、ヴァイ自身が出演者を選出して実現したこのライブ。
いや〜とても盛り上がりました。
スティーヴ・ヴァイとイングヴェイは以前等ブログにて紹介させてもらっていますので飛ばしますw→vai記事イングヴェイ記事

そして、オジー・オズボーンの専属ギタリストとして活躍し、現在はソロで活躍する名前の通りワイルドなギタリスト、ザック・ワイルド、揺れ幅の大きいビブラートやパンチの効いたピッキング・ハーモニクスが大きな特徴。
また、チキン・ピッキングと呼ばれる、ピックと他の指を同時に使って演奏するテクニックに長けており、彼の大きなトレードマークとなっています。

ヌーノ・ベッテンコートもはや50代・・・名前も色気があるのですが顔立ちも色気がありギターワークも鳥肌ものです。アメリカのファンク・メタルバンド、EXTREME(エクストリーム)のセカンドアルバム、『PORNOGRAFFITTI(ポルノグラフィティ)』「アポロ」や「サウダージ」で有名なポルノグラフィティはここから名前を付けました。全米1位に輝いた「More Than Words」はロックが好きじゃない人でも聴きやすいですよ。

最後にトーシンアバシは
元REFLUXの黒人ギタリストです。
8弦ギター(普通のギターは6弦)を操る超絶技巧のギタリストで、今回のライブではお客さま的な感じで一歩引いて演奏していたような気がしますがそれでもテクニックはやっぱり凄かったです。


最後はディープ・パープルのハイウェイ・スターをセッションにて終了、
歳のせいか立ち見で足ががくがく
帰りの電車も座る事もできず帰宅・・・・

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事