こざくらのデジカメ日記

フランス横断一人旅について更新中。。。自分で書いててまた行きたくなってきた。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
急に現れた空に向かって歩く人。
マチナカに芸術が溢れているのもヨーロッパならでは?
ちなみにこの場所はトラムの電停にもなっていたります。
 
イメージ 2
いくつもの橋を潜り抜けて船は進みます。
 
イメージ 4
見上げる素晴らしいですが、、、どちらかと言えば眠気が・・。
気持ちよい天気に風に眠れる条件が揃ってます。
 
イメージ 5
 
ぐるっと一周したようです。
ここからは欧州議会に向かってイル川を下っていきます。
ここは往復できるので、反対側の船ともすれ違います。
 
イメージ 6
聖パウロ教会の横を船は下っていきます。
改修中なのが、ちょっと残念。
 
イメージ 7
 
少し街を外れればまるでジャングルクルーズのような緑の多い川を下っていきます。
ヨーロッパはホント緑が多い場所が多いなと実感します。
 
イメージ 10
 
美しい川沿いの護岸をよく見ると鋼矢板でしっかり土留めされており、
それを隠すように石を置いているようです。
作られた景観ですが、一見するとそう感じさせないデザイン。学びたいですね。
 
イメージ 8
 
暫くするとヨーロッパ地区と呼ばれる地区にやってきました。
ヨーロッパ連合議会だけでなく、ヨーロッパパレスやヨーロッパ人権パレスもある地区です。
ここストラスブールはヨーロッパの十字路と呼ばれるアルザス地方の中心都市であり、
ストラスブールとは、訳すと「道の街」という意味になります。
中世から今日にいたるまで交通 の要所として繁栄してきたほか、
要所であるが故、いつも戦火と隣り合わせでした。そのため二度とこのような戦争を起こさないためにも
フランスとドイツが接したこの街に欧州議会ができたようです。
 
イメージ 9
 
その街の歴史を簡単にでも良いので調べてから訪れると違った見方ができますね。
ストラスブールの歴史に思いをはせながら船は出発地点に戻っていきます。
 
イメージ 3
 
そして出発地点近く。再び大きな建物が立ち並ぶ中心市街地に戻ってきました。
ぐるっと一周で約1時間の船旅でしたが、ゆったりとストラスブールの町を眺められるこの旅はオススメです。
さて今度は高い場所から街を眺めてみたいと思います。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事