こざくらのデジカメ日記

フランス横断一人旅について更新中。。。自分で書いててまた行きたくなってきた。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

120514『水の国』 ケータイ投稿記事

イメージ 1

ヨーロッパからの飛行機の中でも感じましたが、日本の水田はホント素晴らしいですね。
大陸を飛んでいる時は下を見ても小麦や菜の花畑ばかりですが、
日本はこの時期、どこを見ても水田に水が張られ、なんともいえない美しい景色が見られます。

特に上から見下ろすと鏡のように光を反射した世界はこの時期だけの絶景です。

今日は新幹線の中でもパソコンでお仕事しなきゃいけない状況なのですが、
この絶景が、私に清涼感を与えやる気にさせてくれます。
今日もがんばろー。
イメージ 1
 出発はなんと20分遅れ・・・。  
 
というわけでやっと旅立ち編です。
ここのところ、台湾、香港と羽田利用ばかりでしたので、久しぶりの成田空港利用。
横浜からはN'exや日暮里乗換えのスカイライナー、バスなどありますが、時間帯があえば
京急から直通しているスカイアクセスも意外と便利。
 
トイレなしの在来線ではありますが、京急車ならクロスシートの600に乗れますし、なによりも安い。
ちなみに8時前に着きたいと思うと
・高速バス 90分 3500円
・京急+スカイアクセス 110分 1630円
・JR+スカイライナー 96分 2940円
・N'ex 94分 4180円
 
こんな感じになります。
一見するとバスの優位性が際立ちますが、横浜駅の地下を延々と歩かなければなりません。
JR+スカイライナーも乗換えが必要だし・・・。
となると京急沿線の自分はまず京急に乗れば京急+スカイアクセスで乗換えなしの直行できる
ルートはかなり魅力的。しかも早朝なら久里浜、神奈川新町から1本づつ直通がありますから便利です。
 
イメージ 2
 第一ターミナルはまるで羽田の2タミのような様相。国内線も多いようです。 
 
そんなわけでスカイアクセスで成田空港にやってきましたが、なんと20分遅れ。
一応1時間45分前には着いていたのですが(前日にEチェックイン済み)、
これは意外な待ち時間が発生。それならばということで、普段はなかなか撮れない撮影へと時間を割いてみました。
 
イメージ 7
ベトナム航空を撮影。スカイチームなので乗る機会はあるかな?
 
今回は搭乗前に時間があったので、自動イミグレの登録をしてみました。
申請は結構簡単でしたが、日本国内でしか使えないので、先日行った香港では使えないとのこと。残念。
それでも出入国の際のイライラ感が緩和されるので良かったです。
気になっていたスタンプも自動であってももらうことができるみたいで、良かったです。
(慣れたビジネスマンはスタンプなんぞいらないので、自動化を好むようです)
 
イメージ 8
エールフランスのA380。こちらもスカイチームなので乗る機会はあるかな?
 
成田の免税エリアを冷やかしながら、スカイチームエリアにやってきました。
普段は乗らない機体ばかりなので、夢中で撮影。ただし外は生憎の土砂降り。。。
画像はかなり補正させて頂いております。
 
イメージ 9
こちらはインドネシア航空。窓の下に描かれた鳳凰のような塗装がカッコイイです☆
 
久しぶりの成田でしたが、免税エリアの変わりようにはビックリしました。
ある一部分だけでは香港国際空港に匹敵するような・・・。
でも、ご飯を食べたりまったりできる空間が少ないのは残念ですかね。
それにしても日本らしさをアピールしすぎでは?なんて思うぐらい、右も左も日本的な装飾ばかり。
海外から来た方の印象を聞いてみたいです。ここまで自国文化をアピールしている空港も珍しいのでは?
まぁ自分は日本大好きなので、江戸文化の紹介とか折り紙博物館とか十二分に楽しませて頂きました。
 
イメージ 10
プッシュバック中のコリアンエアB747と到着したヴァージンアトランチック航空A340 共に大型機です。
 
イメージ 11
こちらはタイ航空のB747。後方には何故かANAマークのない機体が?どういうことでしょうか?
 
イメージ 12
さぁいよいよルフトハンザ航空のA380に搭乗です。正面から見たお顔は・・・不細工ですね(笑)
 
イメージ 13
ルフトハンザといえば濃紺とグレーと黄色いこのマーク。この組合せが好きなんです。
 
イメージ 14
A380の楽しみの一つが尾翼からのライブカメラ。結構粗かったですが、この角度から映像はいいですね。
 
イメージ 3
座席はこんな感じ。この色合いがグーです☆
 
久しぶりのルフトハンザ航空、そしてはじめてのA380ということでテンション上がりっぱなしでした。
座席は窓際に座ったのですが、通常飛行機の機体は円形なので、どうしても上部が迫ってくる感じとなりますが、
A380は総2階立て。1Fのエコノミークラスでは壁が上に向かって広がっていく感じで
今までにない広がり感を感じることができました。肩のあたりも広くてよかったです。
逆に窓が座席からは少し遠くなったかなと感じましたたね。
 
エンジンはロールスロイス製ですが、あまりの静粛性に驚き。
帰りはANAの773ERでしたが、煩くて眠るのに苦労したことと比較すると、良いエンジンだなという印象。
B787も静粛性に優れているようなので、こんど乗り比べしてみたいものです。
 
イメージ 4
ロールスロイス製のエンジンの真横でしたが、かなり静か。快適なフライトになりました☆
 
イメージ 5
ドイツビールをいっぱい頂きました。おかででトイレが近くて・・・(苦笑)でも美味しい。
 
ドイツの航空会社ですので、もちろんビールは頂きましたが、
食膳酒にスパークリングワインが飲めるのも嬉しいです。ANAじゃ飲めなくなりましたからね。
そういえば帰りのANAはビールを頼んでも銘柄は聞かれず、毎回違うビールを出されました。
プレモルとスーパードライとか分けないようです。このあたりは改善して欲しいもの。
 
機内食は撮り忘れてしまいましたが、頂いたメニューを記載しておきます。
◆昼食
・前菜:ポテトサラダ、ソフトサラミ、チキンパストラミ
・主菜:鶏のミラノ風、スパゲッティ、トマトソース
・デザート:フレッシュフルーツ
◆夕食
・主菜:ペンネパスタ、トマトソース、ペスト
・デザート:メープルナッツケーキのコーヒー・カスタードソース添え
 
イメージ 6
遠くの飛行機と併走。美しい景色を見ながら先へと進みます。
 
旅は続きます。
イメージ 1
 A380@NRT 
 
前回に日記に今回の旅行目的を書きましたが、
大好きなルフトハンザ航空のA380に初乗りしたかったので、
スカイスキャナーで東京−パリ往復のチケットをスマホでチェックしていました。
 
あとは日程を確保するために3月には上司と勤務日の調整を行い、
5/3〜8までの6日間の休みをゲットしました。
割と休みのとりやすい会社なのですが、6日間連続はなかなかお願いしずらくて・・・。
お正月休みを除けば初めての長期連休になりましたね。
 
で、航空券の方ですが、航空運賃とは面白いもので、スカイスキャナーで毎日チェックしていると
運賃がホントよく変動するなという印象を持ちました。
今回の航空券は往復で11万2080円でしたが、1万〜2万の間では大きく変動しました。
こうなると航空会社の選択は迷います。自分の中で重視したのは
 1.往復どちらかでA380に乗る。出来れば行きが良い。
 2.自分のMileが溜まる(=往復スタアラ)
 3.片方は乗り継ぎ、片方は直行が良い
そんな順番で決めて行きました最終的には10万のANA往復Pariが出たのですが、、、
1万ちょっと高くてもA380に乗りたいということで、ルフトを選択しました。
ちなみに航空機の座席はこのサイトを見て決めました。
 
イメージ 2
 TGV@ParisEst 
 
続いて旅の日程づくり。
行きたい町はモンサンミッシェルとストラスブール。
あとは友達に聞いたルクセンブルクにも行ってみたいなと思ってプランニングしました。
 
ここで重要なるのは潮の満ち干と日曜日。
モンサンミッシェルの夕暮れを楽しむためには出来る限り大潮に近い日に行きたい。
あとはヨーロッパの町歩きをする際には日曜日をできる限り外さないと
お店がやっていないという悲惨なことになりますので、そのあたりを配慮してプランニング。
その結果が、昨日の日記の工程になりました。
 
今回はTGVにも乗りますので、DBサイトで列車を検索して事前予約をしておきました。
日本では代理店などで予約する必要があり、今回は新宿の地球の歩き方 旅プラザで予約しました。
パス保有者は代理店で予約するしかなく、ここだと通信料とかなんやらで高くはつくのですが、
今回はルクセンブルク→パリやレンヌ→CDGなど、本数が少ない路線を予約したかったのと
工程的にバッファとなる予備日を組み込めなかったので、しっかり予約してきました。
フランスレイルパスがスプリングキャンペーンで安くなっていたので、まぁどっこいどっこいかな。
 
今回は長距離を複数回乗りましたが、例えばパリ−ストラスブールの1往復とかならば、
パスを買わずにネットの事前割引で個別買った方が安くなるようです。
このあたりは日本の新幹線とは違い、航空券の考え方に似ていますね。
パスが24000円で予約代が13250円です。うち通信代は5250円ですから高いと見るか安いとみるか・・・。
ちなみにパスを買った代理店でないと予約は受け付けてくれないようで、このあたりも注意が必要です。
 
イメージ 3
 Mont St Michel 
 
最後にホテルですが、4月に入ってバタバタしており、4/25と26の夜中にネットで予約しました。
まさかの旅1週間前の予約となってしまいました。
こちらは費用を見ていなかったのですが、ネットだと以外と安いホテルは引っかからず、
結果的に少し高くついてしまいましたね。
1日目:パリ Timhotel Gare Du Nord \8999 ・・・Expedia予約
2日目:ストラスブール Inter-Hotel Le Bristol Strasbourg \6248 ・・・agoda.com予約
3日目:パリ New Parnasse \8601・・・Expedia予約
4日目:モンサンミッシェル Mouton Blanc \6500 ・・・楽天トラベル予約
 
こんな感じでした。
今回はスーツケースを持っていったので、金額もさることながら
駅近くを基本に日本、海外の口コミサイトを見てチョイスしました。
事前情報を仕入れていたため、結果的どのホテルも大満足のもので、良かったです。
やっぱ旅は下調べをちゃんとやると満足度は高いですね。
 
金額を含めてこんな感じですね。日々の食事代を含めても20万円には収めた旅行でした。
 
次回はいよいよ旅立ち編です。
イメージ 1
ブルーアワーのモンサンミッシェルの風景
 
ただいまです☆
久しぶりの更新になりますが、フランスへ再びの一人旅に行ってきました。
旅に付き物の取り返しのつかないハプニングあったりと中々、面白い旅でした。
タイトルをつけるとしたら「A380で行くフランス横断一人旅 〜憂鬱な6日間〜」
こんな感じでしょうか・・・。全然楽しくなさそうですが、旅自体はホント楽しくて素敵な6日間でした。
そんな旅の日程は以下のとおりです。
 
イメージ 2
 
こんな感じです。
今回は鉄道移動が多かったので、あらかじめDBのサイトを使って旅の工程を練りました。
 
このサイトはとても便利で、英語ができればヨーロッパの各駅からの列車を検索できます。
とても便利なので、ぜひこれからおでかけ方は使ってみて下さい。
 
さてさて今回の旅の目的ですが、2つありまして、
一つ目がStrasbourgの街に行ってみたかったのです。
きっかけは交通の勉強を大学でしていましたが、
その時からトラム導入をはじめ、カーシェアリングや駐車場対策など様々な交通施策について
触れていたので、ぜひ自分で体験したいと思ったため。
今回の旅に先立って再び勉強をしようと思って、以下の本を読んでみました。
 
 
そしてもう一つが前々から行きたかったMont St Michelに行きたかったため。
以前、テレビかカメラか忘れましたが、広告で見た景色がちょうどマジックアワータイムで
あまりにも美しく感動したことが忘れられず、弾丸でも行きたいとずっと思っていたのですが、
友達からあそこだけ行くのは勿体無いと言われ伸ばし伸ばしていたので、やっと行くことができました。
詳細はあとで書きますが、今日の写真を見て頂ければ分かるかと思います。
とても感動的なブルーに包まれたMont St Michelの夜景を堪能することができました。
旅の最後に素敵な景色に出会えて本当に良かったです。
 
というわけで暫くの間は旅行記について日記を書いていきたいと思います。

120503『A380』 ケータイ投稿記事

イメージ 1

生憎の雨ですが、これからお出かけです
ちなみに旅先も雨模様。。。んーおかしいな

遅れていますが、なんとか初A380に乗れそうです。本日はウィーン号。
心は晴れ模様の気持ちで楽しいフライトになるといいですねー

開く トラックバック(1)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事