こざくらのデジカメ日記

フランス横断一人旅について更新中。。。自分で書いててまた行きたくなってきた。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

121010『TokyoStation』 ケータイ投稿記事

イメージ 1

夜勤明けで所用があって東京まできたので、ちょっと寄り道。
1日の式典がなくってしまったのは残念だけれども、本当に立派な駅が復原されました。
間違いなく日本のcentral stationでしょう。

開く コメント(0)

121006『迫る。』

イメージ 1
 
今日は「迫る」と題して3組の組写真を公開したいと思います。
まずは能代川Bでのショットから。
この桁は近年流行りの無塗装。アップで狙うとトンネル抜きとはまた違った魅力を感じます。
 
イメージ 2
 
さぁ橋梁を越えました。
今回は煙り満点だったので、とても絵になる一枚です。
 
イメージ 3
 
最後は橋梁をバックに向かってきました。
 
イメージ 4
 
続いて咲花付近から。森の中を抜けてやってきました。
 
イメージ 5
 
山間の中の短いストレートです。
レールが継ぎ目落ちしているのがよく分かります(苦笑)
 
イメージ 6
 
機関車のみでアップ
キラっと光る車輪がイイカンジになりました。
 
イメージ 7
 
最後は津川付近から。
2つコブの山がイイカンジですが、左側の徐行解除信号機はいらないですね。。。
 
イメージ 8
 
フェンスのある場所での撮影なので、アップでこんな風にも狙えます。
豪快なカットとなりました。
 
イメージ 9
 
最後はギラリ狙いで半逆光で狙ってみました。
変わった色合いになりました。
シャスピが早すぎてちょっと生きている様子が伝わらないかもしれませんね。。。
 

開く コメント(0)

120930『SLと温泉』

イメージ 1
今日は、阿賀町をぶらぶらしていました。
SL撮ったり、かのせ温泉や七福温泉に入ったりとまったりしていました。
台風の影響は受けずに久しぶりにゆったりできて、良かったです。
とりあえず今日はSLの写真をいくつかアップしておきます。
 
まず一枚目は深戸橋梁の上から。
いわゆる橋側歩道という言われる施設なのですが、ここの橋側歩道は一般の人も歩けるのです。
理由は橋を渡った先に小学校があるので、なんとここが通学路になっているのです!!
まじかで見るSLは迫力満点でした。
 
イメージ 2
 
今日は上り列車もここで撮りました。深戸橋梁はカッコイイですよね。
全長は252mで、手前のプレートガーターから始まり、プラットトラス、ワーレントラス、プラットトラスとなります。
この深戸橋梁は開業後69年たった1983年に架け替えられています。
その方法が大胆で、なんと落下方式を採用しました。
中央のワーレントラスのみ架け替えだったため、下部構造は同じものを使えたからできた工法のようです。
今なら、地元説明とか河川協議とか考えただけで、実現不可能な工法ですが、ぜひ見たかったですね。
連続写真については新津の鉄道博物館に残っています。
 
イメージ 3
 
このあたりはセイタカワダチソウがなく、
ススキが生い茂る河川敷なので、日本らしい光景が広がっていて、気持ち良いですよね。
思いっきり引いて撮ってみました。良い煙です。
 
イメージ 4
 
通過後は振り返ってもう一枚。
手前にコスモスを入れてみましたが、ちょっと斑で残念ですかね。
それでも秋らしい一枚となりました。
 
イメージ 5
 
最後は夜の帳が降りる中、阿賀野川沿いを駆け抜けるSLです。
もう少し綺麗に流したかったのですが、腕が落ちていますね。
新幹線と違ってゆったり走るSLを流すのは難しいです。やっぱ三脚を使わないとダメですかね。。。
 
 
 
温泉計:29箇所
 
◆日本
【神奈川県】
・湘南天然温泉 湯の蔵ガーデン
・大平台温泉 姫の湯
・天山温泉 一休
 
【群馬県】
・草津温泉 ホテル櫻井
 
【長野県】
・野沢温泉 奈良屋旅館
・野沢温泉 ふるさとの湯
・みづほ温泉 湯楽里館
 
【新潟県】
・越後湯沢温泉 SPAガーラの湯
・杉野沢温泉 苗名の湯
・新発田温泉 あやめの湯
・長岡かまぶろ温泉
・秋葉温泉 花水
・月岡温泉 ほうづきの里
・村杉温泉 露天風呂
・馬下温泉 馬下保養センター
・田上ごまどう温泉 ごまどう湯っ多里館×2
・瀬波温泉 ニューハートピア新潟瀬波
・紫雲寺温泉 紫雲の郷
・麻生田観音堂温泉 麻生の湯
・宝殊温泉 あかまつ荘
・かのせ温泉 赤湯
・七福温泉 七福荘
 
【福島県】
・飯坂温泉 鯖湖湯 
・飯坂温泉 福住旅館
 
【秋田県】
・中通温泉 こまちの湯(ドーミーイン秋田)
 
【青森県】
・黄金岬不老ふ死温泉
・元湯猿蔵温泉
・酸ヶ湯温泉

開く コメント(0)

イメージ 2
9月28日を持って、E1系の定期運転が終了しました。
デビューして間もない頃、祖母と一緒にお墓参りの帰りに高崎から東京まで乗った記憶のある車両です。
会社に入ってからは高崎⇔新潟間や東京⇔新潟間で度々乗った車両です。
 
イメージ 1
 
試運転時にはDouble Decker Shinkansenを略したDDSという愛称が付いていましたが、
デビュー時にはMulti Amenity Expressを略したMAXという愛称になっています。
さらに2003年からのリニューアル後からは朱鷺のイラストが入って、
より上越新幹線というよりも新潟カラーを打ち出した車両となりました。
 
イメージ 6
 
今回はそんなE1系の写真を沢山集めてみました。
先頭形状はエアロダイナミックノーズというらしいです。
最近の新幹線と違って、先を尖らせましたというシンプルな構造ですね。
 
イメージ 7
 
編成写真はこんな感じです。大きな新幹線ですよね。
 
イメージ 8
 
東京駅ではE5系とも並びましたが、背の高さの違いが凄いですね。
この差がスピード差に繋がっているのでしょう。ちなみにE1は240km/hどまりですが、E5は320㎞/hと
その差は80Km/h!!
 
イメージ 9
 
走っているトコの写真もアップしておきます。こちらは和南津地区での一枚。
午前の強烈な逆光下の撮影で、山を登ったのに徒労的な一枚ですが、これも今では良い思い出。
 
イメージ 10
 
こちらも午前中の一枚。架線設備がモロ被り・・・。ここでのリベンジはできませんでした。。。
イメージ 11 イメージ 3
 
大清水Tから出てきたトコを狙ってみました。ズームがないので、大幅トリミング。
正面からのカットはちょっと間抜けなお顔です。
 
イメージ 4
 
越後湯沢では撮影に邪魔な設備が多いので、流してみました。
が、逆にスッキリしない一枚になってしまったかもしれません。
 
イメージ 5
 
越後湯沢でははくたかからの接続や冬季のスキー・スノボ客を受けるため、
MAXの威力を存分に発揮しています。
このキャパの多さが上越新幹線での活躍に繋がったのでしょう。

開く コメント(0)

120924『まったり。』

イメージ 1
 
今日は週末の反動か、まったり勤務となってしまいました。
 
こんなゆったり勤務できたのも久しぶりです。たまにはイイモノですね。
 
ただ帰り間際に怒涛の電話ラッシュに巻き込まれ・・・明日からまた大変そうです。
 
がんばろうっと。

開く コメント(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事