こざくらのデジカメ日記

フランス横断一人旅について更新中。。。自分で書いててまた行きたくなってきた。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
イメージ 1
 
かなり間が空いてしまいましたが、フランス一人旅について残りを一気に書き上げたいと思います。
旅日記はLuxembourgに辿りついたところから再開します。
駅前からリベルテ通りを進みます。新市街地を抜けて旧市街地へ。
 
まだ朝の10時と早かったのですが、やっているお店を覗きながらぶらぶら。
途中おもちゃ屋さんとかあって入ってみたりしました。好きなところをぶらぶらできるのも一人旅の魅力です。
 
ヨーロッパのどこに行っても思うのですが、町並みが美しいなと思います。
この写真のようになんも変哲もない通りですが、建物のスカイラインや面が揃っておりいいですよね。
今の日本はいろんな建物が個々に個性を発揮しようとしているせいか
統一感のない町並みになっているように感じてしまいます。
 
イメージ 2
 
広場を抜けると欧州投資銀行の建物がありました。
まるでどこかのシャトーのような雰囲気。これが銀行のようですから驚きですね。
コテコテしい広告や看板もないものまたGOODですねぇ。
 
ちなみにルクセンブルクは金融業が発展しており、ロンドンに次ぐ金融センターとしての繁栄をしているのだとか。
そのためか各国の銀行支店が多く立ち並んでいました。
 
イメージ 6
 
ここルクセンブルクにも貸しチャリがありました。
もうヨーロッパの町の基本的な交通のようです。ただし、まだ朝早いせいか利用している人はいなかったですね。
 
イメージ 7
 
ペトリュス渓谷を跨ぐアドルフ橋を超えて旧市街地へやってきました。
ここルクセンブルクは自然と調和した町並みが続き、雨上がりということもあって緑が美しいです。
地図では分からなかったのですが、この渓谷が物凄い高低差で驚かされます。
ちなみにこのアドルフ橋は高さ43m、スパンが84mだそうです。大きいですねぇ。
 
イメージ 8
 
こちらが先ほど渡ったアドルフ橋から見た旧市街地。
この渓谷を生かした堅固な要塞都市としても機能していたようです。
このような渓谷沿いに発展した町は日本にはないので、魅力的ですね。
 
イメージ 9
 
橋詰め広場と言ってよさそうなアドルフ橋の脇では朝市ややっていました。こちらではマルシエと言うのだとか。
袋詰めされていない野菜が数多く並びます。試食もできるようなので、つまみ食いしながあ見て回りました。
ルクセンブルクはルクセンブルク語やフランス語、ドイツ語が公用語のようですが、もちろん話せません。
けど、食べたそうにしていると話しかけてくれて頂けました。
しゃべれなくてもなんとかなるものです(笑)
 
イメージ 10
 
マルシエ会場の脇にはノートルダム大聖堂がありました。
ちょうどミサの最中ということで、しばし一緒に参加させて頂きました。心が洗われますねぇ。
 
イメージ 11
 
今度は旧市街地をテクテク歩きます。
朝方振っていた雨もすっかり上がり、歩きやすいですね。
 
イメージ 12
 
続いてやってきたのが渓谷の要塞、ボックの砲台です。
こちらは963年に岩壁につくられた要塞で、穴が見えるところが砲台になっています。
さらにこの岩壁自体が巨大な地下要塞となっています。そのため、
 
イメージ 13
 
こんな感じで岩壁をくり貫いてあります。
もちろん中は階段ばかりで登ったり降りたりするといっぱい汗をかいてします(苦笑)
でも、
イメージ 3
 
渓谷を望む場所はくり貫いてあり、砲台(レプリカ)が置いてあり風が心地良いです。
ちなみにこの場所はルクセンブルクっ子のデートスポットにもなっているんだとか。
たしかに各穴の大きさは人2人がいいところ。さらにそこからの景色は
 
イメージ 4
 
こんな感じだったりと渓谷を望む景色は綺麗ですからもってこいなのでしょう。
 
イメージ 5
 
ちなみにこれだけの渓谷に鉄道を引くために鉄道は石積みのアーチ橋で駆け抜けていきます。
そのアーチの数は24もあるんだとか。
周囲の雰囲気にマッチしており、とても良い高架橋ですね。
 
次回はそんな高架橋の別カットから続きます。

開く コメント(2)

イメージ 1
 
先々週と先週とインターンシップ生がうちの職場に来ており、その担当者でした。
学生はというとなんと10歳も年下の女性です・・・(苦笑)
まだ専門の勉強を始めたばかりだそうですが、そもそも会社で働くことは?
ということを見出すために来てたようです。
 
で、2週間のほとんどを一緒に仕事をしていましたが、
専門分野の知識を分かりやすく人に伝えるのは、改めて難しいなと感じた日々でした。
物事の本質を理解していれば、簡単に他の事例などを用いて説明できるのですが、
まだまだ本質理解までいってない事柄については、言葉の意味を説明するのが難しいのです・・・。
ついつい専門性を表に出して難しい言葉(社内言葉?)を使ってしまうのですが、
これでは相手に伝わらないのだなと感じることもたびたびでした。
相手の顔を見れば一目瞭然ですからね。
 
今回は上司から言われて間際に簡単に引き受けたのですが、
学生のなんで?に応えるために、夜中に勉強や資料準備することも多かったです。
技術系の専門性の高い職場であるため、日常的に同業者との会話が多くなりがちでしたので、
学生と会話するこの2週間は自分にとっても勉強になった日々となりました。
 
実は自分もインターンシップに行っています。
その時の先輩社員も同じように苦労されていたのかと思うと、
今更ですが、先輩社員に感謝の気持ちが再燃した毎日となりました。

開く コメント(0)

120829『少し遠くから』

イメージ 1
 
前回に続いて浦佐界隈から。
初めて登ってみましたが、いやいやこのくそ暑い夏。汗ダラダラに書きながら撮影しました。
午前中でしたから色合いがちょっと変ですねぇ。
 
イメージ 2
16両編成だとちょっとまぬけかなぁ。
もう少し夕方になると良い光なのかなぁ。。。
 
イメージ 3
 
山を降りてきました。
このあたりの高架橋は冬季の散水消雪試験をしたため、高欄が低くなっています。
高欄が高い上越幹において横から撮っても絵になりますね。
 
イメージ 4
 
場所は変わって越後平野へ。
こちらは高欄が高いのですが、夕焼けと上手くコラボできればいいのですが・・・。
 
イメージ 5
 
今度は200系がやってきました。
ん〜ちょっとビミョーですかね。
 
イメージ 6
 
とてもキレイな河川?を16両のMAXが超えて、上京します。
このあたりで見る16両には未だ違和感を感じて仕方ないですね。
 
イメージ 7
 
最後は太陽を入れて引きで一枚。
ここまで下がるともう何がなんだか分からないです(苦笑)
 

開く コメント(2)

イメージ 1
 
今回のタイトルは「トンネルドーン!!」
遅い上越新幹線とはいえ、速度は240km/h。
トンネルから抜けてくる一瞬をピタっと止められると気持ちいいものです。
ちなみに撮影箇所はモチロン敷地外からです。
 
ただこんなに上手く撮れるのはマグレ。
 
 
イメージ 2
 
基本的にはカットがちょっと早かったり・・・。
 
イメージ 3
 
露出がオーバーだったりと失敗気味。
2枚目、3枚目はあまりに左が空きすぎた一枚なので、トリミングしています。
 
イメージ 4
 
思った位置で撮影できると気持ちいいのですが、
いかんせん本数の少ない上越幹。撮影技術が未熟な自分にはリスクが高いですね。。。
 
イメージ 5
 
ちなみにこの場所はこんな撮影もできます。
Maxの重量感はハンパないですね。画面いっぱいです。
 
イメージ 6
 
そうそう上越新幹線にはこんな撮影ポイントもあります。
こちらもモチロン敷地外から撮影したカット。
空の青さと「つなげよう、日本。」のロゴが良い一枚になりました。
 
イメージ 7
 
後姿の撮影ですが、まるで車両基地で撮影した一枚になりました。
とある駅近くのため、速度はフルスピードではないものの、やっぱり至近距離撮影って難しいですよね。
 
次回も上越新幹線の撮影記録を公開したいと思います。

開く コメント(2)

イメージ 1
 
先週、長岡に用事があったついでに上越新幹線の撮影を行いました。
テーマはちゃんと撮る!!
上越新幹線は東海道や東北新幹線と違って、新潟県内の明かり区間が全て高架橋。
編成写真を撮ろうとしても駅からの撮影になります。
 
イメージ 2
 
でも新幹線ならば、フルスピードで走っている絵が撮りたいと思って、
新幹線の窓際から外を眺めつつ、ここだと思っていた場所に行ってきました。
行ってみてビックリしたのが、フェンスの高さ。
もう数段高い三脚があればよかったのですが、今日の装備ではこれが限界。
左端に高架橋の高欄が映ってしまいますが、なんとかお尻まで入りました。
 
イメージ 3
 
上越幹はほぼ毎時1本と本数が少ないのが残念なのですが、カブる可能性が少ないのが良いトコです。
そんなことを考えていたらK47がやってきました。ラッキー。
やっぱ上越新幹線と行ったらこのカラーですよね。
 
イメージ 4
 
最後はE1を撮影してこの日は終了。
1時間半と短い滞在でしたが、やってきた列車4本全てが異なる効率の良い撮影ができました。
上越幹コンプ達成です☆

開く コメント(4)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事