こざくらのデジカメ日記

フランス横断一人旅について更新中。。。自分で書いててまた行きたくなってきた。

鉄道工事関連

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]

イメージ 1
切換え口を通過する試運転2本目。
 
10月20日の夜に京急蒲田駅付近連続立体交差事業の進捗に伴う下り線高架化に伴い、
切換え工事が六郷土手付近、平和島付近、糀谷付近の3箇所で行われました。
これにより全面高架化が行われ、28箇所もの踏切が廃止になりました。
 
ここの鉄道工事は工事が始まった中学生の頃から興味があり、
横浜の塾に通っていたのですが、サボってまで見に来ていましたからね(苦笑)
さらに大学時代は通学経路だったので、日々の進捗、変化を実感しながらの通学でした。
(今思えば、勉強せず何をやっていたかと思うのですが・・・)
日記には一部しか書いていませんが、会社に入った後も帰京する度にずっと見続けており、
今回の完成は自分にとってもも感動も一入です。
さらにこの工事への興味から今の仕事へ携わるきっかけにもなりました。
 
そんな思い入れのある工事の大きなターニングポイントである今回の切換え工事が見たいと思い、
わざわざ新潟から現地に駆けつけてみました。
 
一人じゃ寂しいので友達も誘ってみましたが、これが大正解。
懐かしい話もしたのですが、工事前に入った糀谷のお店では元同業者とのトークにも華が咲き、
思っていた以上に楽しい時間を過ごすことができました。これだけでも行って良かったな。
 
という訳で夜中に徘徊した写真をアップしたいと思います。
 
イメージ 2
 
工事のスタート時間はうっかり飲み屋にいましたので、見過ごしてしまいました(苦笑)
工事スタートから概ね30分後ですが、袋詰めしたバラストのかき出しが終わり、
レールの切断がはじまっているようです(煙り部分)。この時点でかなりの早さにビックリ。
 
イメージ 5
 
工事開始から40分後の様子。
いよいよ軌道の移設が始まります。作業はモチロン人力。
手に持ったバールでよいっしょ、よいしょと少しづつ動かしていきます。
上りレールにトロに載ったパイスケの数にもビックリですね。
 
イメージ 6
 
工事開始から2時間。
レールの移動が終わり、バラストの戻しが終わってタンパーで突き固め中です。
あっという間の軌道作業。人数のかけかたも違いますが、作業の早さにただただ唖然としてしまいます。
ここまで来るとあとは架線の調整などで先が見えるので、ちょっとこれから徘徊にでます。
 
イメージ 7
 
まずは糀谷駅から。
数時間前まで走っていた地上線の上に連絡通路を新設しています。
昨晩、降りた時にここに作るのかなと思っていましたが、案の定同じ箇所に作ったようです。
 
イメージ 8
 
続いてこちらは京急蒲田駅付近の第一京浜の踏切部です。
今日から踏切が廃止になるため、文字を消していきます。
右のカメラマンはNHKの方。首都圏最後と言っても過言でもない大型踏切の撤去ですから注目されますね。
さらにこちらの踏切はお正月の箱根駅伝でも有名な場所。
 
イメージ 9
 
踏切跡には既に高架化完成の文字が。
京急蒲田駅も終夜で作業があるため、今晩は全面点灯の様子。
 
イメージ 10
 
振り返ってみると第一京浜と環八の立体が概ね完成している様子。
今後は京急蒲田付近の工事ヤードの整理がつき次第、こちらも立体化が完成するのでしょう。
ここが完成する頃にはこのあたりの渋滞状況が急変するのは間違いないでしょう。完成が楽しみです。
 
イメージ 11
再び第一京浜踏切。
長い長い遮断菅を支えてた踏切部もいよいよ撤去です。
それにしても同日に一気に撤去するんですね。別晩かと思っていました。
 
イメージ 12
 
再びの糀谷付近です。工事開始から4時間が経過。
軌道、電車線の工事が終わり信号関係の試験の様子です。
事業の境目とはいえ空港線は糀谷−大鳥居に2箇所の踏切が残りますので、
踏切確認の試験も必要のようです。起動短絡器を使って素早く検査を行っているのが印象的でした。
 
イメージ 3
 
まずは4:51に上り試運転列車が空港から一旦踏切手前で停車して、
現地責任者に確認の上、最徐行で糀谷駅へ。
糀谷駅ですれ違った下り試運転列車がいよいよ切換え口を通過します。
下り試運転列車は4:53に通過していきました(上記写真)
 
イメージ 4
 
その後、一枚目の写真の試運転列車が5:05に通過して工事は無事終了です。
試運転列車の合間には僅かな時間を使って軌道状態を確認していました。
 
それにしても通常の間合いの中でこれだけの大規模な切換えを行うとはさすがの一言。
事前の入念な調整があった上なのでしょうけど、
是が非でも拡大間合いを取りませんという意志を感じられます。
それがこちら。
 
イメージ 13
チラシを読むと
 ・工事着手前の列車が遅れたら途中駅で打ち切りますよ。
 ・工事が遅れた場合は始発から代行バス&振り替え輸送です。
 ・朝使う人はゆとりを持ってね。
そんな案内分です。
会社ごとの考え方の差なのでしょうけど、これはこれで割り切っていて潔いなと思います。
通常なら各施工ステップごとにリスク分として余裕時間を追加するのでしょうけど、
きっとそこは全て削っているので、こんな書き方になっているのでしょう。
 
 
今回の高架化後も引き続き各切換え口では本設化工事及び切換え工事が続きますし、
直上高架施工器で施工した箇所では引き続き地中梁の施工も残っており、
まだまだ工事は続いており、引き続き工事を見続けていきたいと思います。
でもまずは高架化おめでとうございました!!

イメージ 1

イメージ 2

気付きませんでした。いつの間にか金沢文庫駅の4番線全体に渡って2mほど拡幅したんだすねー。
酔ってるせいか思わず目を疑ってしまいました。

以前、文庫の拡幅工事をアッブしましたが、それは浦賀方のみの工事でした。
運休等のお知らせが出ていなかったことをみると工事を浦賀方と品川方の2段階に分けて拡幅することで、運休を出さずに切り替えたのでしょうね。
たぶん、浦賀方はホームの途中に分岐が入っていることから施工が難しかったのかなと想像します。

それにしてもホーム全体を2m拡幅したのはそれだけ増結車両待ちが以前にもまして増えたのでしょうね。
確かに文庫以南の乗降人員は増えていますからなんとなく想像はつきますが…。機会があったら久しぶりに文庫の朝を見たいですねー

イメージ 1

友達のトコに辻堂に行きましたが、ホーム拡幅工事をやってました。
すでに東海道貨物線は移設してあり、残すは旅客線を隣の新設線に移して、現上り線上にホーム作れば終わりですね。
ただ一晩でホーム拡幅は難しそうです。田町の例もありますから
果たしてどうなることやら。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

同窓会の後はお昼過ぎまで友達のトコにお邪魔して、ご両親とご飯を食べて帰宅…。
帰ってから首都高ドライブとか行こうと思ったのですが、
意外にも眠かったので急遽予定を変更して首都圏工事現場巡りに出かけました。
以下、行程になります。

平塚→(湘南新宿ライン)【辻堂駅改良】【武蔵小杉駅新設】→新宿【新宿駅改良】
→(中央線)【中央連立見学】→武蔵境→(西武多摩川線 初乗車)【武蔵境駅高架化】
→是政→(徒歩)【道路:是政橋見学】→南多摩→(南武線)【南武線連立】→稲田堤
→(京王線)【調布連立】→明大前→(井の頭線)→下北沢【小田急線連立・複々線化】→新宿
→渋谷→(田園都市線)【大井町線溝の口延伸】→溝の口→(南武線)【武蔵小杉駅新設】
→川崎→(東海道)→横浜【横浜駅改良】

#( ):移動手段、【 】:工事箇所(正式名称ではないです)

こんな感じでした。
車内から見たのもあれば、降りて確認したトコもあります。。。
だいたいその場のノリで次これ行こうという感じだったので、
若干効率的でない部分もありますが、まぁこんなもんでしょうか。
今まで気になっていた箇所を一気に見て回った感じです。
驚いたのが、中央連立でしょうか。
JRらしくない駅舎・屋根のつくりをみると変わってきたんだなという印象です。
一枚目の写真のようにホーム上の案内設備もおしゃれになっていますねぇ。
ただ、隣の西武線の高架駅の方がもっとおしゃれな印象でした。
駅ナカショップも充実していましたしねぇ。まっJRはこれからでしょうか。

あと気になったのは大井町線の溝の口延伸。
区間的には二子玉川−溝の口間の約2kmの複々線化ですが、
現ダイヤでその設備をいかんなく発揮していて見ていて気持ちのよいダイヤですね。
まるでアーバンネットワークのダイヤのようです。

次回は東京北側ということで西武・石神井公園、東武・竹ノ塚、京成・日暮里 押上線連立、
JR・東北縦貫、成田新高速とかを見て周りたいなと思います。

あとは・・・あっ相鉄を忘れていましたね(苦笑)
ちなみに京急は実をいうと先週空港に行った時に見て回っております。

−−−今日の写真−−−
一枚目:JR武蔵境駅 下り新ホームです。
二枚目:JR武蔵境駅 上り仮ホームから見た東京寄りです。
    画質は悪いですが、この感じが好きですねぇ。工事区間の狭い中行く感じがいいんです。
三枚目:JR南多摩駅 川崎方面は仮ホーム化され立川方面もまもなく切り替えられそうです。
    切り替える前にできる工事は済ませようということでしょうか?一部高架橋が建っていました。
四枚目:京王線調布駅 地下化するため地上からは何も分かりませんが、駅舎は橋上化されています。
五枚目:小田急線下北沢駅 上り下り共に仮線化されております。こちらも地下化されます。
六枚目:東急線二子新地駅付近 新設区間を大井町線急行が駆け抜けていきます。結構飛ばします。
七枚目:JR武蔵小杉駅 こちらは横須賀線上から見た駅舎です。ここもできる工事は終わらせています。
八枚目:JR武蔵小杉駅 南武線には連絡通路が新設されますが、結構な距離がありそうですね。

090523『蒲田連立』 ケータイ投稿記事

イメージ 1

久しぶりに蒲田連立を見てきました。
上り本線の桁架けも順調に進み、蒲田駅構内も
将来線形が分かるようになってきました。
空港線の25Km/h制限カーブも下から見た限りでは若干緩和されそうですね。
あとは思っていたより山側に駅舎ができるんだなぁとビックリしました。
一番海寄りの空港線も仮上り線直上ですからね。
イメージとして蒲田構内は仮線方式のイメージで、空港線上は作業構台だったのですね。

全9ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事