幸福論〜1本の道〜

英国で学んだ豊かな魅力を英国菓子や料理、文化を中心にお伝えします

さくらが咲いた

桜が咲く頃、 冬を越えた草花が美しく萌え出づる。 山はだんだんと輝きのある緑色に包まれ。 伊吹は暖かい風に乗り、春の薫りを届ける。 ここに居ると、朝、たくさんの鳥の声で目覚める。 鶯の歌が響くと家の前の桜も咲く頃。 人も誰かの心に、そんな唱を届ける事が出来るだろう。 新しい生活が始まる人も居れば、変わらない日々の人も居る。 でも50年生きても、桜の記憶は40数回に過ぎない。 新しい季節が生まれる時を愛せるならば、 花と同じように、大切な人の愛も見つめようじゃないか。 貴方にとってたくさんの愛が咲いてるのを、見つけられる様に。

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事