Ext04/Magister

すべて表示

1/48 Fouga Magister□Day17

キット/AMK

結局、展示会には間に合いませんでした。。。

イメージ 1多忙で9,10月と、更新止まりました。
実際、作業も止まっていたので、11月11,12日と開催されたいるま模型同好会の展示会に間に合わせるべく、塗装ブースを設置して徹夜の覚悟で作業にあたったのです。

サフの上から、白と黒とグレーで塗り分けて、ガイア・スターブライトシルバーで基本塗装。さらにグレーで抑揚を付けてからスターブライトジェラルミンで塗り分け。

画像は、その後のエナメルによるヨゴシ段階です。

そういえばkurageさんのトコロで「なぜスジボリ彫り治すの?」なんてシロートみたいなことを聞きましたが。その返答から「そういえば、墨入れがスッキリ流れること」を全く考えなくなっていた自分を発見しました。

ブルーグレー、茶のエナメル塗料を斑に塗りたくって、溶剤を含ませた筆や綿棒で具合を見ながら拭き取っていくんですけど。
墨入れは、それで残るくらいで充分だって思っちゃってます。

イメージ 2奮闘虚しく、この状態でタイムアップ。

「分解整備中」っていうジオラマ仕立てにしたので、なんとか言い訳は立ったような気はしますけれど。


それにしても、エッチングパーツですよ。
あんなに組めないもんだとは思わなかった。脚扉とか、干渉し合って正しい位置に取り付けられないんだもん。
それがなかったら、もう少しマシな姿を見せられたのに。。。

と言うわけで、
作業はたっぷり残っているので、きっちり、自分の中にある完成像まで、Magisterは続きます。


イメージ 3そして、展示会当日。

お話しさせていただいたり、子どもの面倒見たり、地元のマラソン大会による交通事情だったりで、膨大な展示作品のごく一部しか画像を撮影していませんが、紹介させていただきます。


これは、フランスのアルーエトII。
こんなキットあったんですね。
作ったらとても楽しそうです。

イメージ 4最近、北風舎のリベットツールを買いましてね。

そこで、リベットが入っている作品を眺めていたのですが。
主翼上に楚々と並ぶリベットラインがとても素敵なスツーカ。

こんな繊細なリベットを入れてみたいものです。

イメージ 5筆塗りで仕上げられた1//72のF-4。

会場にいらしたkurageさんが、筆塗りに関してディープな会話を始めてしまったので、思わず席を外してしまいましたが。
その風合いがとても素敵なんですよ。

これは筆塗りでないと、出ないですね。
kurageさんによる筆塗り仕上げ作品が楽しみです。

イメージ 6第一次世界大戦時のヒコーキのマーキングは、面白いですね。

私が欧州の、特にフランスの機体が好きなのは、部隊章をはじめとしたマーキングが素敵なのだからなのですが。
その雰囲気は既に第一次世界大戦には完成されていたのだと、教えてもらいました。

ドイツの奇抜さは貴族階級によるもの。
イギリスは、結構、質素なものですね。

フランスは、民主化が一足早かったことや、他国からの義勇兵も多かったことから、多様なマーキングが見うけられました。

私も、お気に入りのマーキングを見つけてモランソルニエでも作ろうかなと。。。

12日の夕方に閉会した展示会の後、来年のお題を決める会議にも出席させていただきました。
そこで決まったのが・・・「練習機(訓練中)」です。

はい。私が提出した案が採用となってしまったわけでして。

来年も参加させていただく約束。。。だけでなく、同好会への加入をお願いしてから、会場を後にしたのでした。


帰路、ハセガワの1/48 T-4を購入。
会場で「アルファジェットと並べたら、どっちがどっちか分からなくて楽しそう」って言われましたのでね。

と言うわけで、来年の11月に向けて、
「Magister→Jaguar→AlphaJet→T-4」というスケジュールが確定しました。
あ〜AlphaJetの途中で1年経っちゃう予感しかしないわ。

その他の最新記事

すべて表示

1/72 SEPECAT Jagu...

2017/8/28(月) 午前 2:38

キット/ITALERI 「硬化促進剤必須」って書いといてくれ〜! モールド処理が終わったので、動翼に取りかかります。 まずは、前縁フラップから、本体部分を削り出します。 ドックトゥースがあるので、内側は主翼本体と前縁の位置が変わりません。外側にはスラット分、凹みます。 そして、スラット作動のロッドとガイドが納まる溝 ...すべて表示すべて表示

1/72 SEPECAT Jagu...

2017/8/21(月) 午前 10:37

キット/ITALERI 「間違ってるから」修正するんじゃないんです。 ジャギュア競作は主翼の作業が当分続きます。 前回、修正するモールドの黒瞬着を盛ったので、今回は削るところから。 180番のヤスリで黒瞬着を均しながら、全体をサンディングし、モッサリとしたモールドを細くしていきます。 ついでに、キットの境界層 ...すべて表示すべて表示

1/72 SEPECAT Jagu...

2017/8/17(木) 午前 1:58

キット/ITALERI やっと手が付けられた。 模型仲間とやることにしたJaguarコン。 「同じキットを作ることで作風の違いがでて面白いよね」ということで、どのキットにするか相談して「じゃ、1/72のジャギュア」ってことになったのですが。 私は11月の展示会に向けてMagisterを手かげていたため、なかなか始めることがで ...すべて表示すべて表示



.


みんなの更新記事