全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

1/48 Fouga Magister□Day10

キット/AMK

こんなにスローペースの投稿なのに、もう10回目を迎えました。


イメージ 1キットでは凸表現となっていた機尾のリベットを削り落として、やり直し中。

というのも、尾翼と同じく、僕が作ろうとしている機体と、リベットの入り方が違うみたいだから。
それに、スジボリがダルいので、一皮剥いてシャープにしたかったんです。

そこでタミヤの1mm方眼入りマスキングシートを買ってきました。
これを短冊状に切り出し、機体に貼り込んで、1mmおきにニードルで目安を付けたところに、0.4mmの石留め工具でリベット表現としました。

それなりに、真っ直ぐ並んだんじゃないかな。

イメージ 2この勢いで主翼のリベットもやるぞ!と。

同じように方眼マスキングシートを貼り込んで、0.5mmピッチでニードルで刺していったんですけど。。。

キレイに並ばない。
納得いかない。。。

それに、なんかイメージと違う!


結局、パテで埋めました。

イメージ 3気分を変えて、機尾の作業を済ませることにしました。

まずは貼り合わせる前に一部作っていた、尾翼間のパネル内部ディティールを終わらせました。

イメージ 4機尾底面は、3箇所に真鍮パイプを埋め込みました。

ベントラルフィンの間に見えるのは、ジャッキアップポイント。
ベントラルフィンの一部を切り取り、1.6mmプラ棒を埋め込み、0.6mm真鍮パイプを差し込んでいます。

ここは、実機でジャッキアップポイントになっているところなので、あとでウマを作って機体を支えてやる予定です。


ベントラルフィンの左右のものは、ドレン。0.8mmプラ棒を埋め込んで、0.4mm真鍮パイプを入れてます。


これで、あとは尾輪を作ればこのあたりの作業は終了見通しです。

Magisterの制作をはじめた頃は「48の雰囲気が分からない〜〜」と悩んでいましたが、ここまで作業してきて、イメージが見えてきたようです。

主翼のリベット打ちを止めたのは、私の技術が至らないことも理由の一つではありますが、「つるっと美しい機体に見せたい」という積極的な理由もあります。

144の5倍のサイズとはいえ、実機の1/48ですものね。
やることはそんなに変わらないのかも知れません。
(けど、お金と時間はかかるな。。。)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

1/48 Fouga Magister□Day09

キット/AMK

改造モルモットさんは「模型界の荒木飛呂彦」ってことでオケ?(笑)


イメージ 1エンジンカバーとなる、胴体側面のパネルをちょっと改修。
画像左は、改修前の状態です。

まず、エアインテークの基部となるかさ上げ部分がダルいので、削り落とします。
エアインテークと一体でアルミ板をプレス成形したもののようなので、薄いプラ板かアルミ板で作り直します。


それと、小さな穴が並んでいる部分は、ひとつずつ0.5mmのピンバイスで穴を開けてカッターナイフでつなぎ、ヤスリで調整しています。

本来であれば、ここはエンジンタービン部の冷却用で、斜めに開口されているのですが、この数を、表現を揃える自信が無かったので、真っ直ぐとしてしまいました。
(もしかすると、直すかも)

イメージ 2などと、部位毎の作業を進めていましたが、それも目処が立ってくる中で、勢い余って胴体を貼り合わせてしまいました。

上のエンジンカバーもそうなんですけど、パーツがあわない。スキマができるんじゃなくて面があわないので、接着しないと修正できないんです。
そんな些細ないらだちで貼り合わせてしまいましたが、、、時期尚早だったんじゃないかと、後で後悔するかも。


パーツがあわない部分を、パテを盛って調整中。

ノーズ下部はかなりパテを盛りました。
今回は、左側エンジン隔壁を自作するために、左側だけパーツを接着してしまったことも、原因の一つではあると思います。

イメージ 3でも、胴を貼り合わせたおかげで、作業が進みます。


コクピットの、胴体を貼り合わせないとできないパイピング作業もほぼ完了。

当初、パイピング作業は0.3mmと0.5mmのハンダ線で行っていましたが、主脚庫内のパイピングのために0.14mmの銅線を購入したので、これも使っています。

しかし、こうなると後席計器板裏の密度感が不足しているように見えてきました。
まだまだ取り付けていない計器板があるので、パイピングも増える予定です。それで何とかなるかな。

さて、先日までkurageさんのブログで、あれこれやり取りしておりましたが。
結果としては「これから、いろいろと論じる上での素地ができた」って感じで、一段落ってトコロでしょうか。


そんななかでたまたま読んだ岡田斗司夫のブログ[http://blog.livedoor.jp/okada_toshio/archives/51534259.html]が面白い。

模型は(SFやアニメモデルを除いて)基本的に、本物に対して縮尺が明示されているミニチュアですから、本質的には「正しいデッサン力」を求められる創作活動ですな。
しかし、創作のカンバスたるキット自体も、メーカーによってデフォルメされてる。それを組み立てて、塗装して、完成させるまでの技術力によっても、ディフォルメされていく。

そこでね。岡田斗司夫の言う「心理デッサン」と「心理ディフォルメ」のようなことを、模型を作る人がどう位置づけているかは、とても大切だと思うんですよ。

僕は「心理デッサン」は「正確に縮小することを基本としながら、実物の素性を表現する」ことで、「心理ディフォルメ」は「実物から感じ取ったものを、縮小することなく表現する」ことだと思いました。

あくまで今回のやり取りの中での範囲だけれど、kurageさんは「心理デッサン」を主軸として本物の持つ情報をそのまま(に近いと感じさせるよう)に制作されているし、改造モルモットさんは「心理ディフォルメ」を用いて本物の持つ格好良さや迫力を感じさせるように制作されていると、対比できるようだと、言えるんじゃないかなと。


で、ここで元の「Mirage F.1に似合う塗装は?」に戻るんですけど。

http://www.flugzeuginfo.net/acimages/miragef1b_kp.jpg「Mirage F.1はF-16に対抗できる軽戦闘機だったはずだし、Mirage 2000ではなくてMirage 4000が正式配備になっていたら、ハイローミックスのローの位置づけとして、F-16のように多用途化して生きながらえた、『ホントは凄い機体』」なのに、史実ではMirage 2000の登場とともに、“1世代前の機体”として地上攻撃任務へとおいやられてしまい、フランス陸軍が採用しているような地上に溶け込む迷彩塗装になってしまった。
僕は、Mirage F.1をそういう機体だと思っているので、哀惜の念とともに「Mirage F.1には、青が似合う」と思うのでした。

これが、僕がMirage F.1を描くときの「心理デッサン」のソースになるはずです。

僕は根がデザイン寄りなので、表現を行うときに、上記のような礎が必要なんです。
感じたことを、感じたままに表現することはとても難しくて。感じたことを「なぜそう感じたのか?」と分解して、要素のそれぞれを実際の表現手法に結びつけていくことをしてます。

なんて、論理的なことを言ってますが、実際は感覚的に処理してる部分も多いですよ。趣味でやってることですからね〜〜〜。


というわけで。
結果として現時点では「kurageさんのバックグランドが知れて嬉し〜〜」というのがオチになっちゃってるんで。
このまま行くと、模型界の「羽海野チカ(三月のライオン作者)」としてkurageさんを讃える会を結成することになっちゃいそうです(笑)(改造モルモットさんは「荒木飛呂彦(ジョジョ作者)」ってことで)

次の議題を見つけようっと。

この記事に

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

1/48 Fouga Magister□Day08

キット/AMK

Mirage F.1についてKurageさんとケンカ中(笑)


イメージ 1エアインテークを取り付けました。

このキットは、胴体のフレームとインテークダクトが絡むので、本来であれば胴体を貼り合わせてからでないとインテークを接着できません。

しかし、胴体を接着してしまう前に、インテーク周りの作業をしたかったので、インテークダクトを切り落として、エアインテークを接着しちゃいました。

それくらいしないと、ダクトとフレームも干渉して、インテークの接着位置が出ない。


ついでにエンジンも仮組みしたけど、その外板が収まらない。
いっそのこと、エンジンは尾部だけ切り落として外板内側に接着してしまおうかとも、考え中。。。

イメージ 2左側は主翼と胴体の間のパネルを外した状態を再現しようと思っているので、主翼取り付け基部を造作。

キットのフレームも生かしつつ。
後端の位置決めは、今回造作した基部で行うので、精度を気にしながらの作業となりました。

また、インテーク上部のパネルを切り開いたところに、パイピングも追加。

イメージ 3以前後回しにしておいた、右翼端増槽も手を入れました。

翼端灯の収まる先端部分は、キットでは透明プラの塊を接着するようになっています。

それだと納得できなかったので、切り開き、薄く仕上げ、中に左翼端増槽と同じ翼端灯フレームを見えないところを省略しながら、作ってやりました。

この後、透明プラのパーツも薄く削って、収める予定です。


右翼の下敷きになっているのは1/144のMagister。
ちっちぇぇ。

FIAT G.91Tよりも小さいです。
もう少し48が進行したら、この144も並行作業を開始しようかと。ネタは思いついているし。


Kurageさんのブログにて、現在、Mirage F.1の格好良さに関して、ケンカ中です♪
「迷走エアモデリング」

二人とも「Mirage F.1はカッコイイ」という所で、仲良し〜な雰囲気だったんですけど。
僕が「フランス空軍のブルーグレーが一番カッコイイ」と言い出したところ、そこからも〜大変で。
誰か、仲裁して〜〜〜
(とまで、書いたら、みんな面白がって見に行ってくれるかしら(笑))

しかも、質感のお話しまで出てきて、これが面白いんです。
只今、ご返事を書こうとアタマの中を整理中ですが、皆さんのご意見も是非聞きたいので、Kurageさんのブログでも、ここでも良いので、あれこれ書き込んでください。


やっぱり、素敵な作品を作る人は、感性が素敵です。
「何を感じて、何を吐き出そうとするのか」・・・ホントの意味で、アートです。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

1/48 Fouga Magister□Day07

キット/AMK

嘘の付き方が難しい。


イメージ 1エルロンタブのヒンジを作ってみました。

キットでは、テキトーにスジボリが入っているだけなのですよ。


左翼のエルロンは切り離して整形したらちょっと短くなってしまったので、0.3mmプラ板で長さ調整してみました。

この画像をFacebookにアップしたときに、スジボリのあまりの太さに愕然としまして。。。

イメージ 2主翼全体をヤスリ400番で剥いて、600番で整え直してます。
これで幾分、シャープになりました。

この画像には写っていませんが、前縁のボーテックスジェネレータとおぼしき突起と、エルロンのガーニーフラップ、上面の点検口のモールド追加をしまして。

主翼は、要検討事項が2つもあるので、これで一息つきます。

1・フラップの基部
左翼はフラップダウンにしようと思っているのですが、フラップ基部のアクチュエータの表現をどうしようかと悩み中。

2・リベット表現
実機の画像を見比べていて、リベットの入り方が違うことを発見。フランス籍の展示機はあんまりリベット目立たないんですけど、ベルギーなどで民間が運用している機体などはリベット多め。
ちょっと入れてやりたいけど、加減を悩み中。

イメージ 3悩んでても仕方ないので、MagisterのアイコンともいうべきV尾翼に着手。

画像は、一段落した状態。

ここまでくるの大変だったんですよ。

動翼部分が収まる溝が四角くて、外板の薄さを感じられないので、溝を丸く削りなおしたり、基部では0.3mmプラ板で作り直したり。
タブのアクチュエーションロッドを追加したし、頂部のバランスマスには、根本にフードをつけてます。

キットでは、リベットの凸モールドがびっしりなんですけど、これを実機にあたったら、どうも、間違えてるっぽい。
ベルギーの民間運用機はそうなってるのかもしれないけど、それにしても内部のフレームの位置まで変わらないだろうから、やっぱり間違えてるんだと思う。。。と想いながら、削り落とし、目立つ部分のみ凹モールド追加しました。

そんなこんなで、ちょっと進捗が遅くなっているのは、1/48での嘘の付き方を知らないからだと気付きました。
144はそこそこ作ってきたので、工作限界や、その限界値を下回る造作でも上手く嘘をついて雰囲気を作る方法を覚えてきましたけど、1/48では完成時にどう見えるのか、想像がつきません。

なので、基本的には「できる限り実機にあわせる」という考え方しかできないので、なかなか進まないという状況です。

引っ越しの時に、模型雑誌をかなり捨ててしまったのですが、今頃後悔中。。。
1/48の素敵な作品が見たい。Kurageさんの作品とかネットで見たけど、実物見ないとダメだわ〜〜〜。


あ、そうそう。
「引っ越して環境変わったので、エアブラシが使えなくて困ってる」と書いてましたが、解決しそうです。
というのも、近日、引っ越し予定で。4畳くらいの工作室を作れそうな見通し。
これでMagisterのメタル仕上げに憂いが一つ消えた。

この記事に

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

1/48 Fouga Magister□Day06

キット/AMK

寝る前の楽しみができた。


イメージ 1前回まででエンジンと胴体の隔壁ができたので、そこのディティールアップ。

エンジンをマウントするための突起や、エンジンへのパイプを通したりするための開口があるので、プラ板を貼ったり、穴を開けたりします。


それと、キットはエアインテーク部と翼の取り合いが違うので、エアインテーク部の翼の付け根を削り落としました。
結果として、穴があくのでプラ板で塞いでいます。

ここに、実機通りの翼の結合ディティールを追加予定。

イメージ 2となると、翼を貼り合わせて、翼側の結合ディティールの位置を確定しなければいけません。

そこで、翼に作業を移しました。

翼を貼り合わせる前に、主脚庫内をやっつけます。
モールドになっているディティールを削り落とし、パイピングを追加し、主脚を作動させるためのリンクも再現してやります。

イメージ 3その勢いで、翼端増槽も。

私が作ろうとしているMagisterは前後長が短いタイプを装備しています。
キットでは増槽への給油口が上部にモールドされていますが、実機ではきちんと蓋があって、その中に給油口があります。

そこで、開口してから給油口のモールドを自作。給油キャップが回らないようにワイヤリングもされていますので、それも。


さらに、前端の翼端灯も内部を再現。

前端を切り落とし、蓋をして、凹みを再現したところに、プラ板で翼端灯の支持部材をスクラッチ。
翼端灯自体は、そのうち透明プラ材から削り出してやる予定です。

イメージ 4先日、久しぶりに模型の会合にお呼ばれしてきました。
不要キットなどを持ち寄ったのですが、とても素敵なものを頂いてしまいました。

ハヤピさんから頂戴した(と言っても間違いではないくらいの安価で譲って頂いた)徳永さんの写真集。

私の模型趣味は、徳永さんの写真で始まったと言ってもよいくらいで。
私の作の多くは、徳永さんの写真を参考にして作ってます。

そんな写真をたくさん見られる写真集。
毎晩、寝る前にパラッとめくり、気になった写真をじっくりと眺めてから、布団に入る日々。

約2年振りに模型を再開し、ブログを復活したことで、模型の会合に呼んで頂いたのですが。
ほんと、模型を再開して良かった。

私が模型を休止している間のことを心配してもらい、再び招き入れて頂いたこと、感謝です。

今年のイエサブ144コンに向けたネタも思いついたし。
ガンバリマスよ〜。

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全113ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事