K & G Blog

ザリガニ&シュリンプの紹介

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

立ち寄っていただいている皆様・・・暑さ対策は万全ですか?
現在、当方のブリードルームは28℃・・・・野外30℃超え・・・・・
水替えとエサやり・エアレーション調整でアタフタしております。

さて、今回のネタはザリガニを効率よく!調子よく!飼育するには・・・・・
一番の悩みはスペースの確保・・・どれだけ個別で飼育出来るか?です。
水槽に掛けるタイプや張り付けるタイプの隔離ボックスでは限界は、すぐ訪れます。

そこで以前にも紹介したのが100均で売られている風呂のゴミ入れです。
イメージ 1
底が網目になっていて水の循環が可能です。
イメージ 2
これを水槽やコンテナBoxなどに並べて管理すると便利です。
イメージ 3
イメージ 4
これで後は容器内の水を動かせばOK!です。
しかし、まだこれでは納得出来ずに・・・・・・
隔離ボックスを作ってみました。

またまた、いつも活用している、はざいや!さんで寸法カットして購入!
目標個数30個で見積もりしますと1個あたり600円程で作れる!
1個100円の容器には、とても勝てませんが、ハンドメイド隔離ボックスと比べると
かなり安いと思われます。
イメージ 5
イメージ 6
サイズカットした塩ビ板を専用の接着剤でくっつけるだけで完成!
30個作成の所要時間は1時間半ほど( ^ω^)・・・
イメージ 7
これを並べる完成です。

結構簡単なので、一度トライしてみてはいかがですかぁ・・・・♪

因みに最近、ザリガニ飼育者も増えて、とても嬉しく思っているのですが
どうも・・・オルコ系の人気がありませんねぇ・・・・・(;´・ω・)

オルコ系でもアメザリを超える大型美麗種もいるのですよ!
現在ロングクローと呼ばれるパルメリを遥かに凌駕する元祖ロングクロー!
超激レアなO,longidigitusなんて最高なんですけどねぇ・・・・イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10

それとも・・・・オルコはクーラー無いと飼えない!って思ってる人がまだまだいるのかなぁ・・・・(^^ゞ

この記事に

開く コメント(4)[NEW]

開く トラックバック(0)

久しぶりにヤフオクに出品したら・・・・・
毎度の違反申告いただきました⤴⤴⤴(笑)
えらく気にしていただきご苦労様です(特大笑)

さて今日はタイゴーストのブルーオーシャンを
数点仕入れしてきました。
膨大な量のタイゴーストを目のあたりにして圧巻されてきました。
牛〜鯉までバリエーションも豊富でグレードも良い個体も取り揃えておられました。
価格もリーズナブルなものからハイプライスまであり、とても良いと思います。

かくゆう当方も、その中からリーズナブル&目に止まった奴を何匹か購入してきました♪
イメージ 1
イメージ 2
イメージ 3
撮影がヘタで、大変申し訳ないのですが、とても次世代に期待が持てる
特徴を感じさせられます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

答えと独り言

さて、前回のサンセットゴースト画像の答えです。
イメージ 1

さて・・・・もう解りましたかぁ(笑)


ここからは、ただの中年親父の愚痴になりますので
不愉快に思われる方もいると思いますが寛大でお願いいたしますm(__)m

ここ最近、タイや香港・台湾のザリガニ愛好家から問い合わせが殺到していて
 ・このザリガニ知っているか?
 ・この人物は知り合いですか?
 ・このザリガニは同じものなのか?
 ・なぜ?このザリガニは高価なのか?どう違うのか?
などなど色々メッセージが届いているのです。

はっきり言って知るかよ!なんです。
善良なブリーダーが作出したザリガニを、恰も自分が作ったみたい名前をすり替えて
オリジナルみたいなプロデュースしたり、まるで素人のように何でもない個体に名前付けてみたり
そんなクソ!みたいな人と知人になんてなりたくないし!同じ日本人とも思われたくありませんわ!!!

国内のザリガニ飼育者からもオタクのタイゴーストは正規輸入ですか?
他の人も売ってますが正規輸入ですか?

そうですねぇ・・・・・
当方からのタイゴーストにはカードが発行されており裏面に詳細が記入されております。
この番号は輸入するにあたって正規商業ベースとして輸入したことを担当局?に問い合わせ出来る
ようになっており担当局?にも、ちゃんと登録されています。
ですので、他の方にも心配なら問い合わせてみて下さい!
多少内容は違うかも知れませんが、証明書の書類は同じpdfでダウンロード出来ますので
同一の書類です。
手書きやタイ語なんでありえません!必ず英語で印字されております。
商業ベースなら何かしらの番号が必ず有り!担当局?に登録されていますから!
すぅーっと開示(購入個体のみ)出来ないのは、非合法ってことです。
人を欺き陥れて平気でザリガニブリーダーや専門気取ったりするヤツはクソ!クソだ!

まぁ売られているザリガニには罪は無いので購入されている方は大切に育ててあげて下さいませ
ただ、人物と協力関係や懇意されている方は、良く考えて御付き合いして下さいませm(__)m

グダグダと書きましたが酔っぱらいオヤジが何言うとるねん!と聞き流してね・・・・・・・(;´・ω・)

この記事に

開く コメント(1)

開く トラックバック(0)

おっ!!!
KGが投稿小まめにしているらしい・・・・
いいえ・・・・すぐにズボラになりますよ・・・・汗

さて、今回はサンセットゴーストでも人気のある丹頂タイプの御紹介です。
サンセットゴーストも飼育者が増えて良いクオリティーの個体が増えてきましたね。

当方が最初に飼育し始めた個体はゴーストの走りも走りで、今で言えば
ハネもんクラスでした。
イメージ 1
国内でもウルフガングさんのような良いブリーダー様に飼育されて
クオリティーも徐々に進化してきていますね!


今回は丹頂についてです。
特徴は白地に濃い赤ブチで金魚の丹頂を連想させる個体です。
イメージ 2
イメージ 3
牛系と呼ばれる個体もそうなのですが、ブチが点在する個体の累代には
ある特徴のあるペアが必要になってきます。
いくら良い配色のペア組をしても中々遺伝されませんが、その特徴さえ解っていれば
必ず良い結果が生まれます。
イメージ 4
特徴を隠すつもりはありませんが、最近はモラルに欠ける輩がいるので
こっそりお教えしております。(笑)

いざ! 次世代へ!!!!!
イメージ 5

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

雨雨雨湿気ヤバし!

本日雨で水替え中断してグダグダの1日でした。

さて、愛知のzarikazuさんから、いただいたオリジナルのアメザリ報告です。
Facebookではちょくちょく報告しているのですが、ブログでは初御披露目です。

ジャーン!
イメージ 1
どうですかぁ・・・
この青紫具合!!!!
昔・・・飼育していたブルーマロンを思い出しました!
まだ4cmでこのクオリティー凄くないですか?
この血統はパクリに奪われないように大切にしていきたい血統です。

シュリンプの時もそうだったのですが、ザリガニでも海外のブリーダーから
日本人が馬鹿にされるのは悲しいです。
皆さんザリガニ大切に育てているのに一部の輩のせいで一緒くたに思われるのは心外です・・・・・(´;ω;`)
イメージ 2
SS (シザー)良い感じに成長してきてます。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全30ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事