全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

ブルネイ王家はタナトスの一族であり、東南アジアを分断する役目を負っている。インドネシアを不幸のどん底に突き落としたスハルト大統領はブルネイ王家の血筋であるし、オバマ大統領もブルネイ王家の出である。性転換男性と結婚した変態バラク・オバマの父親は第9代マレーシア王アズラン・シャーである。顔が良く似ている。

優性遺伝子ブリーダーで生まれたオバマの子、フアン・グアイドはがんばっているが、アニキたちに見切られている上に小者に過ぎず、父親オバマと同じで所詮、それ以上でも以下でもない不発である。最初の写真は不安・グアイド氏のアップだが、「誰か助けてくれ!!」と叫んでいるようにしか見えない。ただ、例えそういう風に見えても誰も助けないだろう、と思えてならない点が非常に不安だ。笑

二枚目の写真は、今は亡き小児性愛者ジョー・バイデン副大統領とバラク・オバマ大統領である。2人ともわかりやすい不発だったが、それ以上に2人揃って異常性愛者なのが不気味だ。2人とも3月19日までに処刑されました。ご冥福をお祈りします。

三枚目も、優性遺伝子ブリーダーで生まれたオバマの子、JAMEL BETTAIEBである。祖父であるアズラン・シャーにそっくりだ。誰も知らないと思うが、この男は「アラブの春」の指導者である。父親であるオバマに招かれてホワイトハウスで賞賛されたが、これを誰も知らない。明らかな不発である。

4枚目がオバマの父アズラン・シャーである。う〜む、似ているとしかいえない。しかし、このアズラン・シャーは仮の姿であり、実際の名はベラバブ・バサールである。ベラバブ・バサールは、第27代ブルネイ王アマド・タジュディンの子である。つまり、オバマはブルネイ王の孫となる。

5枚目がニュージーランド首相のジャシンダ・アーダーンであるが、彼女のもうひとつの顔が「束縛のない女性ジャーナリスト」という組織を設立してノーベル平和賞をもらったタワックル・カルマンである。6枚目がタワックル・カルマンだが、2人とも顔が良く似ていることがわかる。生年も前者が1980年で、後者が1979年である。2人の正体はハジャー・ハフィザー・スルルル・ボルキアであり、父は現ブルネイ王のハサナル・ボルキアである。
ハサナル・ボルキアの娘にはマジーダ・ボルキア(1976)もいるが、彼女の仮の姿がフーマ・アベディン(1976)である。アベディンは、ヒラリーの第一秘書であり、ヒラリーと共に子どもの血を吸っていたとされている。

ブルネイ王室はマレーシア王なども輩出しているが、ブルネイ王国を破壊することで東南アジアが平和になることは間違いない。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事