Kaminari Racing Blogs

世の中に1台だけの自分専用のマシーンを製作して宝物に!

全体表示

[ リスト ]

作業色々・・・

 なんだかんだ忙しくて、空けちゃいましたねぇ〜。 暑かったり寒かったり、地震があったり、人生色々とありますが負けずに頑張っていきましょ!


 さてさて、写真が有る物だけでも端から簡単にご紹介しましょう! 初めにシングルエンジン修理関係から・・・


イメージ 1

 腰上オーバーホールのHONDA XR250エンジンはシリンダー&ピストンをNewに交換、それと追加作業でクラッチ関係まで分解してカムチェーン&テンショナー&ガイドを交換! 実は以前にエンジン始動時にカラカラと異音がするとオーナーさんが言ってましたが、何故かウチに来ると音が出ない?なんて症状が有り・・・今回開けて判明しました。

イメージ 2
イメージ 3

 テンショナーのスプリングフックが欠けてスプリングがぶら下がっておりました 弓状のガイドに張りがあるので何とか持ちこたえておりましたが、補助のスプリングが無いので始動時に張りのロックが戻されてチェーンが弛み一瞬だけ音が出てたんですね。 相変わらずHONDAさんが変な方式にするから・・・新たなチャレンジも分かりますが結局は定番の方式が間違いないって事例が多すぎかと。

イメージ 4

                 バルブ等も新品でヘッドオーバーホール完了して・・・

イメージ 5

                               無事に復活!



                        次はYAMAHA SR400エンジンです。


イメージ 6

                      ヘッドも綺麗にオーバーホール完了して・・・

イメージ 7
イメージ 8

              こちらも30年以上使ったカムチェーンガイドが摩耗しておりますので・・・

イメージ 9

 面倒ですがカムチェーンテンショナーガイド系は支点が腰下に有りますので、クラッチカバーを外しての交換となってしまいます。

イメージ 10

                           シリンダーを組み付けて・・・

イメージ 11

        ヘッドも搭載完了! バルブクリアランス調整をしてから車体に搭載です!



 そして暑い中、アイドリングのまま忘れて長時間放置されてしまった YAMAHAセロー250ですが・・・止まってしまってセルを回すとジャリジャリと異音がするとのことで これは焼き付いたと疑いましたが、なるべく低予算で直したかったので、色々と隅からチェック! 圧縮は有るので・・・

イメージ 12

 セルを手で回してみると・・・??違和感が。 まさかの熱で磁石が剥がれてました! こんなの初めて。  そんなこんなで無事に始動 調子も大丈夫そうですが、実際はシリンダーも若干ダメージを受けているかもしれませんねぇ・・・開けちゃったら一気に予算が発生しますし、何でもかんでも完璧主義って訳にもいかないのが仕事ですからね。 オイル消費が激しいようならオーバーホールしましょ!



 次は4気筒エンジン・・・腰上オーバーホール+αのHONDA CB1300SF S号はラジエターも大型化でオイルクーラーも追加します。 汎用のコアでの取り付けなので・・・

イメージ 13

 寸法を合わせながら設計&アルミで製作・・・電動ファンも付きますので。 シンプルで格好良く、変に目立たないように・・・もちろん、耐久性も考えなきゃ。こんな作業が結構大変で時間かかるんです。

イメージ 14
イメージ 15

  ステー類はブラックアルマイト加工で引き締めて、無事に装着完了! 完成も見えてきましたよ〜。 



                         そして先週、本日完成も有りました!

イメージ 16

 SUZUKI GSF1200 K号は以前に、お宝御紹介したBREMBOのラジアルマスターシリンダーを左右装着しました! 有難うございました〜!



                  これだけ掲載しておけば、また当分良いかなぁ〜。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事