トレハの虫かご日記+植物たち+時々写真

2016/10/31でHP「トレハの虫かご」は閉鎖しました。
もう1つの最近のマイブームは、ハチミツなのですが……。
 
これは、草津温泉の帰りに買った嬬恋産ハチミツが、直接的な切っ掛けです。
思いの外おいしくて、紆余曲折の末(?)、山田養蜂場さんから、食べ比べセットのような商品などを取り寄せてみたのですが……。
 
嬬恋産のハチミツを食べて、国産ハチミツだからおいしいのかな?と思ったのですが、必ずしもそうではないようです。と言うのは、山田養蜂場の食べ比べセットの10種類のハチミツには外国産のものも含まれているのですが、それも美味しかったですから。
山田養蜂場さんは、ハチミツが専門の業者さんなので、外国産ハチミツについても、品質管理を徹底しているからなのではないかと思います。
市販されている安価なハチミツは、熱処理されたものが多いそうです。それで、味が損なわれてしまうのでしょうね。品質管理を徹底すれば、外国産のハチミツもおいしい状態で販売できると言うことなのでしょう。
 
それにしても、国産と外国産の値段の差は、大きいものです。
同じアカシアのハチミツで、3倍近い価格差があります。味に、それだけの違いがあるのかと言われると……う〜ん、どうなのでしょう。
日本は、ハチミツ生産に向く環境が少なく、効率的に生産するのが難しいと言うことなのでしょうね。
 
以前、和歌山にクワガタ採集で行った時、トラックに積まれたミツバチの巣箱を見たことがありますが……。
 
イメージ 1
(巣箱をのぞき込んでいるのは、当時まだ中学生だった息子…現在は大学生です)
イメージ 2
↑探してみたら、当時の画像が残ってました……何と言う管理状況の良さなんだろう!
(ちなみに、2012年5月4日撮影。)
 
ハチミツの生産者は、こんなふうに移動しながらハチミツを採っているのかもしれません(固定式の生産者もいるのでしょうが)
 
ハチミツに興味が湧いてきたので、図書館でハチミツ生産の本を借りて読んでみました。ざっと読んだだけですが、ハチミツの生産自体は、それほど難しくはないようです(販売業として成立させるのは物凄く難しいと思いますが)。
定年退職したら、本当にミツバチを飼ってみようと思っています。ハチたちを連れて、全国を旅して、有名温泉に立ち寄ったり、そしてついでにクワガタ採集もしちゃうのです。
何て素敵な第二の人生なんだろう!!うっとり……。
 
雨の日の午後、第二の人生を夢想して、シアワセな気分に浸りながら食べる自家製ヨーグルト+ハチミツは、ほのかに甘くてとっても美味しいものですね。
 
もちろん、現実はそんなに甘いものではないってことは、よくわかっているのですが。
それでも、時には夢を見る自由ぐらいあったっていいじゃないですか。(^^)
 
それにしても……お蔭様でいろんな種類のハチミツを食べ比べてみたのですが……一番おいしいかったのは、やっぱり草津温泉の帰りに買った「嬬恋産おいしいハチミツ」だったです。
熊川養蜂さん、連絡先教えてください。
 
それでは、ひとまずこれにて失礼します。

この記事に

開く コメント(0)

コーヒータイム

予報通り今日も雨ですが、雨なら雨なりの過ごし方もあります。
 
早起きして野鳥撮影に行くことはできないので、朝はいつもよりもゆっくりと。
3月頃だったかな?安いコーヒーミル(豆を挽く機械です)を購入したのですが、それ以来、コーヒーはネットでを購入して、淹れる直前に挽くようになったのですが、これが、結構いいのです。
以前はスーパーで挽いた豆を購入していたのですが、香りも味も格段に違いますね。
それほど高い豆を購入しているわけではないので、鮮度の違いからくる差なのではないかと思います。
スーパーのコーヒーは、豆を炒ってから販売されるまで時間が経ってしまうし、その間常温で管理されることから、香りが飛んでしまうのではないでしょうか。
私は、「澤井珈琲」さんを利用していて、一番私の好みにあっているのは「パプアニューギニア」です(有名銘柄ではないと思いますが)。澤井さんでは、毎日「日替わりセール」やっていてるので、月に1度くらいは「パプアニューギニア」の日が巡ってきます。そのタイミングだと1キロ1,999円+税で買えます。これなら我が家でも普通に飲むことができます。
 
先日、ブルーマウンテンブレンドの特売品があったので、試しに購入してみたところ……こちらも、なかなかよかったです。こちらは、パプアニューギニアよりも少し高くて、1.2キロで2,939円+税。香りが、際立ってよかったです。
(※注:この商品「リッチブレンドブルーマウンテン」は、特売用の商品かな?定番商品ではないかもしれません。ちょうど今セールをやっているようなので、購入するなら今ですよ!←宣伝料は貰ってません・笑)
確かに、ブレンドよりも、100%ブルーマウンテンの方がいいに決まっていますが……ストレートのブルーマウンテンは100gで2,000円以上もするのです。それを考えると、できるだけブルマンらしさを損なわないようにブレンドして、よくぞこの値段でがんばってるなと、私などは感激してしまいます。(コーヒー通の方がどう思われるのかはわかりませんが)。
肌寒い雨の日ですが……でもそれは、あったかいコーヒーがおいしいく感じられるものでもありますよね。
ホッと一息、コーヒーなど、いかがでしょうか?ケーキなんかがあるともっといいのだけれど……。
 
ひとまず、これにて失礼します。

この記事に

開く コメント(2)

今日は雨です。
先週末の三連休は、あまりのお天気のよさに、連日カメラを持って富士山に出撃すると言うヤンチャをやってしまいまして、母の機嫌がものすごく悪くなってしまったのですが……でも、動ける時に動いておいてよかったなと思います。
お天気は、人の力ではどうにもできませんから……ね。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
ビークワ秋号(65号)が発売になったのだそうで……驚きましたよ。もう3か月過ぎたのか?!って。何だか、あっと言う間でした。
そう言えば、64号は、購入したままで読んでいないや……虫仲間が書いた記事だけチラッと目を通したまま、すっかり忘れてました。
どうにもこうにもクワガタに対する熱意がイマイチの感じになっているのですが(更年期障害のせいだと思います)、ともかく、本日、地元のクワガタショップさんに65号の購入に行って来ました。
今号はギネス特集号だったのね……国産オオクワガタ、また記録を更新したんだ……と、ショップの駐車場で65号を広げ、しばし見入ってしまったのも事実です。
「熱意がイマイチ」と言いながら、入荷日に購入して、駐車場で見入ってしまうとは……更年期障害って複雑です。(^^;
国産オオ90㎜時代かぁ……何だか、遠い国の出来事のようです。あ〜あ……。
 
国産オオ三大血統の比較飼育の結果も、まとめられていましたよね。
今回の比較飼育に使われたPIT(ドルビーさんの菌床)は、私がやっているような「常温飼育」に向くものだと思うのです。常温放任飼育には使いやすい菌床ですよ。
菌床には、それぞれ、得意不得意があるものです。たとえば、一般的に高い評価を受けているマツノさんの菌床は、我が家の環境には合いませんでしたしね。菌床が悪いのではなく、使い方が適切でなかったと言うことなのです。
そんな訳で、ドルビーさんにはちょっと気の毒な結果だったかな?と言う気はします。
 
私も、私個人で3系統の比較飼育52号で少し触れたように思いますが)をして、私なりの結論は出しているので(あくまでも私が納得できたと言う程度の内容ですが)、今回の企画がどんな結果になるのか、とても楽しみだったのですよ。
しかし……何とももどかしいなぁ……(詳しくはBK65号を読んでみてください)。
比較飼育の企画はもう1年継続されるとのこと。楽しみが、少し延長されたってことなんですよね。そう前向きに捉えることにしましょう。(^^)
 
それはともかくとして。
長年累代飼育を続けてきた川西産の飼育を止めてから、もう2年くらいになるでしょうか。
まさに苦渋の決断だったし、当初は心に大きな穴があいたような状態にもなりましたが(大げさな?!笑)、それでも人は少しずつ前を向くことができるもののようです。
そして、今、今回の比較飼育の結果を見て、川西産の飼育を止めたことは間違った判断ではなかったのだと、心からそう思えるようになりました。
人生には、決断をしなければならない「時」があるのですね(と、偉そうに言ってみる・笑)。
 
……と言う訳で(?)、今日は、地元のクワガタショップさんで、ビークワ65号と共に、菌床ブロック4つを購入。
イメージ 1
↑はい、サクッと詰めました。
8月後半取り出し分の国産オオ(高槻産、YG、久留米(※久留米産はほとんど取れなかったので、に分かれてくれなかったらこの飼育が最後になります))の、2本目用ボトルです。
2本目用ボトルは、今回詰めたものが最終分です。これで年末までボトル詰めをしなくて済みますから……やれやれですね。
 
残念ながら、私は、自己採集個体からの累代飼育はできそうもありません。
でも、虫友さんが採集した高槻産ワイルドから累代を重ねて、川西産での失敗を糧に、そしてたくさんの虫仲間から教えていただいた飼育のノウハウを生かし、健全で美しい大型系統を作って行くことができればいいなと思っています。
90㎜を出すことはできないかもしれませんが、私は私が目指すもので、結果を出したいです。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
プロバイダーの変更と携帯の機種変更時に、全アドレスが消去されてしまったままになっていますが……面倒くさいので(これも更年期障害の影響です)、もうしばらく、このまま放置しておきます。
更年期障害もどうやらピークは越えたような気がするので、次の春、花粉症シーズンが終わった頃には少しずつ復活できそうな気がしています。
もうしばらく、気持ちも整理をして、整理が付いたら……また、虫の世界にも復帰できたらいいな。
心配をかけてしまった人、傷つけてしまった人、迷惑をかけしてしまった人……いろいろ、ごめんなさいです。
 
久しぶりにビークワを読んで、いろいろと感じさせられました、とさ。
90㎜か……ホント、凄い時代になったものですね。あ〜あ……(←と、振出しに戻る・笑)。
 
それでは、今夜はこれにて失礼します。私のつまらないボヤキにお付き合いいただき、ありがとうございました。おやすみなさい。

この記事に

開く コメント(0)

祝日じゃないですか。どうして?……来月の大学祭の代休の振り替えで、今日は普通に講義があるのだとか?
……ホントか?……ま、いいけどさ。^^;
 
月曜日は1限からあるので、朝6時10分に御殿場駅まで息子を送っていったのですが……今日は、久々にものすごくイイ天気じゃないですか。このまま帰宅するのは、何だかもったいないなぁ……。
山梨側の富士山五合目にある奥庭荘まで行ってみようか!!
懸案となっていた(?)ホシガラスの撮影を、今日こそ果たすのだ!(決意)
 
で、カーナビに、「奥庭荘」と入力。
イメージ 2
所在地が山梨県と表示されたので、何の疑問も持たずに出発したのですが……全然違う奥庭荘に案内されてしまいました(「富士山奥庭荘」と言う所に案内されたようです)。
……カーナビと気持ちが通じ合わないことはわかっていたはずなのに……うっかり油断した私は馬鹿でした。_||
 
そんな訳で、恐らく数十分のロスがあったと思いますが……気を取り直して、富士山五合目の奥庭荘に向かいます。
 
富士山スバルラインを通り……ついた所は、富士山五合目。な、なんだ。これは……?!
何が凄いのかって?完璧に観光化されていて、要塞のような建物が並んでいるのです。とても富士山の五合目とは思えません。凄い……。
(※すみません、すぐに立ち去ったため5合目の写真は撮影していませんでした。次の機会に撮影してきますね)。
同じ富士山五合目とは言う物の、静岡側の富士宮口5合目なんて、本当に簡素なものなので……う〜ん、ここは、山梨に負けたかも?(勝ち負けの問題じゃないけどさ)
私は、富士宮口の状態が当たり前だと思っていたのですが、果たして今のままでよいのでしょうか?観光客、これじゃみんな山梨に行っちゃうよ……。
良くも悪くも考えさせられました。
でもさ……世界遺産って、何なんだろうね……ぽそ。
 
そもそも、静岡と山梨って、あんまり仲がよくはないんですよ。
2県が協力して世界遺産化に向けた運動をしたことが、きわめて特殊なことだったので……歩調がそろわなくて大変なことも多かったらしいですけど……考え方の違いが、五合目の状態にも出ているのかもしれませんね。
 
(※あ、そう言えば、富士山スバルラインの途中(料金所の手前)で、道路が「富士山」の歌を歌ってくれました。ここもメロディーロードになっているんですね。)
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
さて、奥庭荘なんですが……どこにあるのか?と駐車場案内人に聞いたところ、実は奥庭荘は5合目ではなく4合目にあるのだそうで、駐車場からUターンです(で、5合目写真を撮影しなかったのです)。
……ここでも、ロスタイムが10分くらいあったかな?
イメージ 3
↑4合目駐車場から奥庭荘に向かう道です。ここを5分ほど歩いて、何とか、奥庭荘に到着。
奥庭荘は、土産物屋さんのような、食堂のような……そんな感じの山荘ですね。4合目から、展望台(場)まで行く途中にあるのです。そのすぐ隣に小さな水場があり、ここが野鳥達の立ち寄り所になっているのだそうです。
まず、その水場を見てみましょうか。私が付いた時点で、ウソさんが水浴びをしていました。
「ホシガラスは、今朝から3回来てますよ。つい10分くらい前にも来ましたし。」
と、水場横にカメラを設置したオジサンから教えてもらいました。カーナビーを恨んだのは、言うまでもありません(逆恨みか?)。
 
さて、とりあえず、展望台まで歩いてみましょうか。
イメージ 4
 イメージ 5

イメージ 11


で、ホシガラスさんなんですが……上空を、飛んでましたよ。飛んでいる所を何度か目撃したのですが、あまりにも遠くて、(ホシガラスだと判別できるような画像は)ほとんど撮影できませんでした。かろうじて、「証拠写真」レベルの画像が1つ2つ……トリミングしたものを、一応載せておきます。
イメージ 8

イメージ 6
 
 
イメージ 7
↑ホシガラスさんの撮影は、来年のベストシーズンに再チャレンジとさせてください。
生息数は多いと思います。タイミングさえ合えば撮影できそうな気がするので……またがんばりましょう。
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
野鳥撮影に行くと、撮影ポイントで野鳥を待ちながら、野鳥マニアの人達から話を聞くことも多いです。
「ここには何度も来てますし、ここで撮影できる野鳥のほとんどを撮影しているのですが、なぜかキクイダタキには出会ったことがないのです。カラ類と一緒に来るらしいのですが……。」
などなどと、オジサンが話していると……何と、キクイダタキさんがやって来るではありませんか。
イメージ 12
 
イメージ 1
↑私も、今日初めて撮影した種類です。(^^)v
 
今日撮影できた他の野鳥は……
イメージ 9
↑ウソさんとか(ご夫婦で水浴び中)
 
イメージ 10
↑ルリビタキさんとか(若い
 
 
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 
ホシガラスさんの写真はうまく撮れませんでしたが……穏やかな、よく晴れた秋の日に、雄大な富士山を見上げながら、のんびりと過ごすのはいいものですね。
この三連休中は、本当によく山を歩いたな……お蔭様で、ストレスは解消できました。
よい連休だったと思います。
 
実は、来週もちょっと重い仕事が2つほど入っているのですが(11月いっぱいまでが今年度の山場なのです)、何とか乗り越えられそうな気がしてきました。
いろいろあるけれども……明日から、また、1週間の仕事がスタートするので……元気に乗り切りたいと思います。お互い、がんばりましょう。
 
それでは、また……。

この記事に

開く コメント(0)

こんばんは。
今日は、まぁまぁのお天気だったので、予定通り富士山富士宮口5合目まで行ってきました。
でも……結局、ホシガラスさんには今日も会えなかったです。難しいものですね。
来月半ばには、登山道が完全に通行止めとなってしまいます。今年観察できる時間は、もうあとわずかしか残っていないので……ホシガラスさんの撮影は、来年の楽しみになってしまうかもしれませんね。
あるいは、思い切って奥庭荘(山梨側のホシガラスの有名観察ポイント)に行ってみるか……週末のお天気次第ですけどね。そんなことも考えてはいます。
 
とにかく、今日の富士山です。
イメージ 3
↑富士宮口五合目付近から、富士山頂を臨む。
 
イメージ 4
↑振り返ってみたら……雲の切れ目から、海が見えました。
 
イメージ 5
これは、宝永山第一火口。霧の上の一番高い所が、宝永山。
 
時折霧がおりて来て視界不良になったりしながらも、概ね晴れていて、よい感じです。
トレッキング客も多かったですよ。年配の方から小学生軍団、家族連れ……ま、富士宮口5号目に車を置いて、6合目山小屋〜宝永山火口縁〜富士宮口5合目なら、初心者でも楽しめる気軽なコースだと思います。
(宝永山まで登ろうとすると、ちょっとキツイかな?とは思うけど)。
お天気のよい日に、プチハイキングをするのは、本当に気持ちがいいですね。
 
さて、私はと言うと……先週末と同じように、5合目から第二火口、第一火口、そして6合目屋小屋、そして5合目と言うコースを歩きました(一般的なトレッキング客と逆のコースですね)。ただ、今回はトレッキングシューズを装備していたので、歩くのが楽だったですよ。第二火口から第一火口までは、火山性砂利の堆積する登り道なんですが、ここを歩くのが楽でした。やはり、専用の装備と言うのは、それ相応の機能性があるものなんですね(当然と言えば当然ですけど)。
こんなことなら……もっと早くに、トレッキングシューズを購入しておけばよかったなと思ってしまいました。
 
野鳥の方は、今日はカヤクグリさんがいっぱいいましたよ。
野鳥だって、お天気がよければ浮かれて出歩きたくなるんじゃないですかね。
イメージ 1

イメージ 2
↑先週末の「証拠写真レベル」よりは、ちょっとはマシな画像を撮影できました。(^^)v
 
そして、……これは、カヤクグリさんではないと思うんだけど……何だろう?ノビタキさんかな?(遠かったので判別できなかったです)
イメージ 6
 
イメージ 7
この子の正体も、きっとそのうちにわかる日がくるのでしょう。
 
そして、いつもお馴染みのルリビタキさん()にも出会いました。
イメージ 8
ちょっと遠かったのですが、ほんわかとした絵になりました。ふわふわな感じがかわいいですね。
 
それにしても……ホシガラスさんは、なかなか出て来てくれないものですね。
あっ!カラスのようなシルエットが遠くの空を飛んで行く!!!
 
イメージ 9
↑富士山富士宮口6合目付近で撮影した、カラス風シルエット。うん、きっとこれはホシガラスさんだったに違いない(※何の根拠もありません。よい子は信じないでね)。
 
そんな訳で……連休2日目のミッションは完了です(?)。
明日は、何をしようかな。わくわく。
 
それでは、今夜はこれにて失礼します。
 
 【オマケ画像】
イメージ 10
↑昨夜撮影したヤエマル。累代2代目です。いつの間にか羽化していたようで……秋だなって感じました。

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事