ここから本文です
英の言いたい放題のブログ
幸 福 実 現 党 応援 破邪顕正

書庫全体表示

天安門前車両炎上事件、速報。

坂東 忠信 | 外国人犯罪対策講師。 全国防犯啓蒙推進機構理事

http://rpr.c.yimg.jp/im_siggNWSSEc8sWpm.bFvFSof1SQ---x32-y32/yn/rpr/bandoutadanobu/profile-1373007708.jpeg 2013年10月29日 15時2分
みなさん、こんにちは。
昨日(10月28日)天安門広場で発生した車両炎上事件につき、北京ではすでに犯人が絞り込まれている模様。
・・・というか、犯人を作り出している可能性があります。
まずはその状況を目撃した被害者の話からご覧ください。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1 タイトル訳:北京衝突事故負傷者の供述(南方都市報より転載した民主活動家のサイトより)
訳:23歳のフィリピン人女性Francescaさんはフィリピンの首都マニラから来た大学生で、父母は医師、21歳の妹がいます。今回一家四人で北京旅行に来て、一人の男性ガイドが同行していました。彼らは昨日北京に到着し、計画では10月31日に北京を離れる予定で、今日は故宮と天安門広場を回る予定を組んでいました。
「当時私たちは故宮から出てきたばかりで、人々が歩いている地下道を通って天安門広場に行こうとしていたところでした」彼女は南方都市報記者に対し、その時一代の車が飛ぶようなスピードで突っ込んで来たと言います。「私が車のクラクションを聞いて気付いた時にはすでに遅かったのです。私の頭は真っ白になって、気が付くと私たちは皆、地上に倒れていました」突然のことだったため、Francescaさんは車の中の人を見ていなかったとのことです。
Francescaさんは、父親と妹は病院で治療中、母親の状況は不明、いまだにフィリピン大使館員は来ていません。
2 博訊ネットより
タイトル訳「天安門『車両事故』被疑者は新疆ウイグル族イスラム教徒」
2013年10月28日午前12時05分頃、一両の新疆ナンバーの明るい色のジープが南池子南口から右折し、スピードを出して長安街の道路を東から西に走行。運転手は通行人にクラクションを鳴らしながら、アクセルを踏み込み分離帯を突破して高速走行した。その前後に数十名のよけきれなかった者たちを跳ね飛ばした後、車は制御を失い、最後に天安門城楼東南側の禁水橋のガードレールにぶつかり、ジープ型車両は爆発。中国政府側メディアの統一報道では、ジープ型車両は社内の3人の死亡が確認された。事件は既に5人の死者と38人の負傷者を出しており、うち3名が車内で死亡、残り2人は旅行客で、そのうち一人はフィリピン国籍の女性旅行客、一人は広東省からの男性旅行客。
記者は北京市公安局の了解の下、今回の車が新疆(ウイグル)ナンバーで、ナンバーは「新A45559」であることを確認。他にもこのジープ型車両はかつて「新A82Q53」「新C96063」「新BM7831」の3つの異なるナンバーを使用していたことを突き止めた。記者が入港するまでの間に、警察は車内で死亡した3人のうちの2人の身元を確認しており、それは新疆ウイグル族の人間で、男性、1名は43歳、もう一人は25歳。彼らの身分は以下のとおり。
玉蘇普ウマニヤム、男性農民、イスラム教徒。
身分証番号652122197611160531
戸籍登録住所は新疆ウイグル自治区ゼン善県魯克沁鎮三個橋村1組。
玉蘇普アイハフティ、男、農民、イスラム教徒。
身分証番号65322319880627391X、戸籍登録住所は新疆ウイグル自治区皮山県皮山農場2連3排27号1号。
二人の関係は不明であるが、いつも陳情に来ていた経緯があり、これまでにも多数の関係部門の批判教育を受けているが、これを改めない。
ある情報では、個人的不幸に遭遇した3人は絶望し、この方法で最期の憤怒を表明し、また仲間もいなかった模様。さらに彼らは事前に何度も車を運転して下見をしており、最も効果的な時間と経路を検討していたとのこと。この事件の発生時、ある二人のフランス新聞社が現場で出現したこの事件を撮影したが、その場に直ちに臨場した私服警察官に逮捕され、天安門分局の差し押さえを受けた。
当局は彼らと張本人の共謀であるとするが、記者はこれを認めず、偶然の一致としている。
警察は記者の写真を強制的に削除した後、釈放している。
発生場所が天安門の城楼前であったことから、当日のうちに中国政府は人民大会堂でまた重大な会議活動を展開し、この事件の突発的発生がすでに中央を驚かせていることから、たくさんの高官が重要な指示を出している。当面のところ、この事件は公安部副部長兼北京公安局局長の傅政華が担当し把握していくこととなり、市公安局治安管理総隊行政管理支隊が直接責任を持って取調べ、機能分局は既に協力捜査の通知と分配された具体的任務を受け取っている。
ジープ型車両の3人の被疑者はすべて死亡していることから、傅政華は継続的犯罪防止のため共犯者の逮捕と背後関係の把握を要求している。北京公安局専門班は夜通しで事件解明を目指しており、すでに組織全体でウイグル人と陳情者に対する全面的捜索と精査、治安維持工作を開始。将来的にはかなり多くの人々がこの事件に関連して逮捕されるであろう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
以上が二件の記事の翻訳です。
残念ながら一本目で翻訳したフィリピン人旅行者のお母さんは死亡している模様。
旅行先の争いに巻き込まれ不幸としか言いようがありません。ご冥福をお祈りしましょう。
そして、この記事の中にはいくつかの不審点があります。
まず、画像でも確認できますが、当該車両はかなりの勢いで燃え上がっています。
この火の勢いでは、中から発見された焼死体の衣服はほぼ燃えているはずで、身分証がその番号を読み取れる程度に残っていたということがまず考えられません。
さらに、問題はこの身分証の番号です。
「1名は43歳、もう一人は25歳」となっていますが、これが合いません。
身分証とは、中国国内で携帯が義務付けられている「居民身分証」のことで、その一連番号はその住居地の省番号、区番号、生年月日、個人番号、性別からできています。
この番号が確かであることを前提に言うなら、ひとりは25歳で合っています。
しかし最初の一人「玉蘇普ウマニヤム」は番号から言うと今年37歳のはず。
また政府側メディアの報道ではこの事件を車両事故のように報じています。
ヤラセではないでしょうが、この事件をどう利用するか、まだ思案中なのでしょう。
今後中国国内におけるウイグル族に対するさらなる弾圧の口実になることが目に見えています。
警視庁巡査を拝命後、交番勤務員、機動隊員、さらに刑事から通訳捜査官となり、在日中国人犯罪者・関係者の取調べにあたる。勤続18年で退職後、県警部外通訳を経て、在日中国人犯罪の実態を描いた「通訳捜査官」で作家デビュー、現場体験と語学と情報人脈を活かし、これまでに6冊の中国問題関連本を発表。ブログやメルマガ、講演で、犯罪発生率の高い反日外国人の脅威と日本の課題を訴えている。

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事