K’S-JAPAN。。。『天使の微笑み』

恒例の旅記事と併せ、本年目白押しのイベント事等もUPして参ります♪

全体表示

[ リスト ]




1ヶ月以上のご無沙汰で

11月も残すところ数日となりましたが

今月初更新です




お仕事があまりにも忙しく

ブログをこのまま続けられるのか

という思いもあったのですが


来年の2月がブログ開設10周年ですし

お次は20周年に向けて
(気の早い話ですが、、

やはり、

続けて参りたいと思います




9月の能登旅以降

毎週飛行機

新幹線に乗っておりますが

お仕事での移動ばかりでしたので

能登のプライベートな旅記事の続きを

遅れ馳せながらUPさせて頂きます




日本の原風景が今も残ると言われます

石川県、能登半島




前回、前々回と

能登半島の中でも最果ての地

半島の最先端、

奥能登・珠洲市にございます

よしヶ浦温泉『ランプの宿』と
(記事コチラ→https://blogs.yahoo.co.jp/ks_japan_heal/41127898.html

その敷地内「聖域の岬」や「青の洞窟」を
(記事コチラ→https://blogs.yahoo.co.jp/ks_japan_heal/41139684.html

ご紹介させて頂きました




その奥能登からお次の滞在地

和倉温泉まで車で移動致しましたので

世界農業遺産にも指定されております

里山里海ののどかな風景や

食文化にまつわりますカフェやグルメを

ご紹介して参ります



奥能登と石川県の名所

和倉温泉や輪島、

金沢とを繋ぎます海岸線には

要所要所に必ず立ち寄ります

お気に入りの場所があるのです



美しい海を眺め

微笑ましい「かかしロード」を通り抜け

ゴジラ岩にご挨拶









イメージ 1






映画『さいはてにて』の舞台にもなった

木ノ浦ビレッジのカフェに立ち寄り

焙煎コーヒーでほっと一息


ほんとのどかだなぁ









イメージ 2







子天使達は朝が弱く

朝食を少ししか食べませんので

お昼にはまだ早いですのに

マイペース兄子天使

お腹が空いたとのことで

『しお・カフェ』へ









イメージ 3






彼のお目当ては

能登牛のプレミアムビーフシチュー


私と弟・子天使は

しおサイダー入りのパンケーキ



弟君は甘くないお食事パンケーキ









イメージ 4






ノンアルコールの

しおサイダーカクテルもお薦めで

夕陽、里山、里海、波の花

と名付けられた4種があり

どれもとっても美しい


私は夕陽をセレクト




2階はギャラリー&ショップになっており

ショップ名の通り

珠洲の塩や揚げ浜塩が使用された

様々な塩商品を

購入することができます









イメージ 5





お気に入りの金箔しおサイダーもあり

その他数点も購入




店内からは海が一望でき

海の色がほんとに綺麗





お腹も満たされ

お次は稀少な食材を購入するため

2箇所を目指します




先ずは『道の駅すず塩田村』



お目当ては

土屋太鳳ちゃん主演の

NHKの朝ドラ『まれ』にて話題になり

未だ入手困難で限定数ありのお塩

「奥能登揚げ浜塩」




日本で唯一500年続く揚げ浜式製塩法にて

手塩にかけて作られた

この道の駅のみで購入できるお塩が

まーんで美味しくって
(能登弁。。。)

アメリカのユタ州まで買いに行くほど

お塩コレクターの私

一押しのお塩なのです



オンラインで購入出来ていた時期も

あったそうなのですが

数年前からここ現地のみで購入可能です




そして、その後

輪島の『白米千枚田』へ




日本海に面した海岸沿いに

1000を超える棚田が広がり絶景









イメージ 6






こちらで頂く素朴な塩おむすびが

最高に美味しくって

子天使達も大満足



世界農業遺産のお塩やお米を

購入して帰りましたので

自宅でも堪能できほんと贅沢です





和倉温泉でもお泊りし

翌日、のと里山空港に向かう途中

今回初めて

大沢の『間垣の里』に立ち寄りました










イメージ 7






朝ドラ『まれ』の舞台にもなった

間垣が立ち並ぶ集落で

細い竹がびっしりと隙間なく並べられた

垣根が家の前に並び

冬の強風を遮るためのものだそうで

自然と共存する

人間の知恵を垣間見ることができ

今もこのような場所があるなんて

まるで

タイムスリップしたかのようでした



朝ドラで使用されたセットが

そのまま残されており

放映時には多くの人が訪れたのだそう









イメージ 8






歩いていると

地元のおばあさんに話しかけて頂き

南天と9匹の猿をかけた「苦難去る」を

頂戴致しました



とっても細かいもので

おばあさんの手作りだと伺い

驚きました



また、

どこから来たのかと

おじいさんにも声を掛けて頂き

持って帰れとカボチャを下さいました











イメージ 9






おじいさんが作っていらっしゃるそうで

せっかく頂いたので大阪まで持って帰り

お料理に使わせて頂きました




素朴な見目なのですが、、

自然の恵みと

おじいさんの愛情がたっぷり詰まった

このカボチャ達

とっても甘くて本当に美味でした



どうもご馳走様でした


またお礼に伺わなきゃね




「能登は優しや土までも」と言われますが

心温かい方々に沢山出会わせて頂き

能登

更に大好きな場所になりました



有難う存じました




大沢から輪島に戻りランチタイム



朝市で賑わう商店街も

お昼時には静かなのですが、


以前

輪島塗のお箸やお椀を購入したお店に

再び立ち寄り

地元の方に教えて頂いた海鮮のお店で

いくら丼を頂きました









イメージ 10






プチプチいくらがたっぷりで

美味しかった





また、能登で絶対に訪れたい

世界的に有名なパティシエ

能登ご出身「辻口博啓」氏の

カフェ併設の美術館

『ル ミュゼ ドゥ アッシュ』にも

行って参りました









イメージ 11






イメージ 12







以前伺いました時には知らなかったのですが

和倉温泉・加賀屋さんの

系列だったそうで

辻口さんの数あるお店の中で

こちら能登のショップのケーキは

特に芸術性が高く

また伺えて嬉しかった
(以前の記事コチラ→https://blogs.yahoo.co.jp/ks_japan_heal/39690744.html



海が目の前の素敵なカフェで

子天使達と3種のケーキを頂きました









イメージ 13






イメージ 14






私は石川ブランドの大粒葡萄

ルビーロマンのケーキをセレクト




ルビーロマンは1房20,000円程する

高級ブドウなのです



今回の能登旅で

2度目のルビーロマンちゃん



やはり、能登のショーケースには

自宅から近ければ

いっぱい購入して帰りたい程

食べたいケーキが沢山ありました



是非、また伺います




お気に入りの場所を周り、お泊りし

多くの出会いを頂戴し

稀少なグルメも沢山購入出来

三度目の能登旅も大満足でした






冒頭にも記しました通り

ここのところ、

お仕事の移動ばかりで

完全プライベートな旅に

出掛ける時間はなかったのですが

お弟子さん方とのお仕事が急増し

共に多くを学ばせて頂き

共に全国で活動させて頂けますこと

私に一番必要なことであり

やりたかったことなんだと

日々実感し感謝しながら過ごしております




ブログ更新は

なかなか出来ておりませんが

未更新の過去記事なども交えながら

ちょこちょことではありますが

UPして参りますので

今後とも『天使の微笑み』を

どうぞ宜しくお願い申し上げます








次回は

「プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選」にて

36年連続で総合第1位を継続中の

和倉温泉の老舗高級旅館を

ご紹介致します







イメージ 15










にほんブログ村PVランキングのみ参加しています









この記事に

開く トラックバック(0)


.


みんなの更新記事