誰かが空から見ているよ。

涙なしでは語れない、アラサー雨女のお天道様とのダマし合い日記。今年の台風は一体いくつ?

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

島が、痛々しい。

2月29日(水)くもりときどき雨。

(facebookに書いた記事の転載)

今日、対馬のとある道を走ってて思ったこと。
 
「島が痛々しい」
 
これだけ自然が豊かな島なのに、どうもそれを感じないのは、道路があまりにきれいに整備されてるのと、それ以上に、道の両側にそびえたつコンクリートの絶壁のせいだと思う。都市部で見るそれとは比べ物にならない山の高さそのまんまの切り口。のっぺりとした人工面は周囲のこんもりとした緑の樹冠とは相容れず、今にもふくれあがって体液が噴き出しそうなケロイドのようにも見える。
山を無理矢理ぶった切っているもんだから、道路の裏に回ると、コンクリートの壁の裏側で切り離された山の切れっ端が、諦めきってただ枯れるのを待っているのが見えるんだ…。
 
対馬のそこかしこで見られる風景。
 
海岸線に道路が走る普通の島とは違い、島がまるごと要塞だった対馬では、島の中央を通っていた軍用道路が発達して今の道になっている。道を作るために山が切り開かれるのはある程度仕方ないんだけれど…。 ごく狭い地域内で同じ山が何度も何度も切り直されて、コンクリートの絶壁とアスファルトで細切れになっているのを見るのはなんだかとても心が痛んだ。今日はそんな道の脇にさらに新しい道を作ろうと重機がゴゴゴゴッと山を削っていた。山の血しぶきが見えてしまった気がした。この地区はこんな感じでもう何本も立派な道が並行し交差してまるで迷路のようになっている。
 
…「環境王国」なんだよなぁ、これでも。(´・ω・`) 

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事