CASE archives (旧ブログ)

ここは旧ブログです。新ブログへ移転しました。アーカイブとして活用しています。

全体表示

[ リスト ]

以前から読みかかっていたのだけど、

仕事が忙しくて読めず。



ようやく読めました。





端的に要約すれば、

『普通の人は結果を見るのだが、ユニークな人は経緯を洞察し仮設を立てる』




ユニークな人になるために、着目すべきポイント





(1a)「因果による関係性」

川上なら小さな力でも川下に大きな成果を得られる。

一見無関係なことでも、AとBは川上と川下の関係ではないか?と仮説を立ててみる。


(1b)「補完による関係性」

“枯れ木も山の賑わい”的に単体商品の総和よりも価値が高まることがある。

一見無駄なものでも存在することで、新しい価値を提供するのでは?と仮説を立ててみる。


   (→関係性に着目することでユニークな視点を持ち、面白い成果を上げることができる)






(2a)「機能による価値観」

メリットに価値を感じる見方。


(2b)「情緒による価値観」

面白さに価値を感じる見方。


   (→2つのぶれない自分自身の価値観を持つことが、面白い成果へと繋がる。)






(3a)「使命感による目的」

会社の存在理由による目的を共有する。


(3b)「危機感による目的」

外部環境の変化による目的を共有する。


   (→目標だけでなく目的まで共有しなければ、面白い成果を生み出す上で必要な共感が生まれない。)






(4)「リーダーの意思」

リーダーは目的を物語れること。

目的を守るために、目標は変化して良い。

   (→目的あってこその目標。)






ちょっと自分なりのアレンジをしているため、本の内容と若干異なりますが、

だいたい、こういう内容でした。

この記事に

閉じる コメント(2)

顔アイコン

やっと熱下がってきましたよ・・・ 削除

2010/1/8(金) 午後 1:56 [ インフル ] 返信する

顔アイコン

昨日はプレコール飲んで警戒しましたが、
今日は諦めて日本酒飲んでます。 削除

2010/1/9(土) 午前 1:21 [ エンザ ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事