現下の国際情勢の見所・疑問点

揺れ動く世界情勢・日本が直面する問題を共に考えよう。投稿歓迎。

全体表示

[ リスト ]

  当局側の力による弾圧、流血が続くシリア情勢は、コフィー・アナン前国連事務総長(国連とアラブ連盟の合同特使)のシリア側との直接交渉の結果、シリア側がその提案を受託し、国連安保理の全常任理事国がアナン提案を軸とした事態打開を支持する旨表明したことから、好転することが期待されたが、情勢は依然厳しく、早期に好転することは望み薄いようだ。
  アナン特使は、4月2日、ジュネーブからテレビ会議で和平調停案の経過を国連安全保障理事会に報告した際、シリア政府が4月10日までの部隊撤退などを約束したとし、停戦監視団の派遣を検討するよう安保理に要請したとされる。
  今月の安保理議長国の米国のライス大使によれば、アナン氏は、4月1日、シリアのムアレム外相から「10日までに軍の展開と重火器の使用を停止し、人口密集地からの軍の撤退を完了させる」と連絡を受けたと報告した。アナン氏は、これらが確認されれば、政府軍と反体制派は48時間以内に停戦合意するとの見通しを示した上、停戦合意した場合、停戦監視団を派遣できるかを調査するため、国連PKO局がシリアに調査団を派遣することも報告したところ、安保理理事国からは停戦監視団派遣に必要な決議採択に前向きな発言が相次いだものの、安保理理事国には、アナン氏の報告に懐疑的な見方も強く、米国は、シリア政府の暴力が収まるどころか、むしろ深刻化するかもしれないとの見方を示しているという。
  一方、シリア反体制派の組織「シリア国民評議会(SNC)」のブルハン・ガリユン議長は、4月1日、トルコのイスタンブールで開かれた反体制派支援目的の第2回多国間会議「シリアの友人」会合後に朝日記者に対し、アナン前国連事務総長の停戦案の条件が整った場合、政権移行目的でアサド政権との交渉に応じる用意があると語ったとされる。しかし、シリア政府は3月末にも停戦案受け入れを表明したことがあるが、その後も市民殺害は続いており、交渉の条件が整うことは決して楽観視されないであろう。
     (Y. I. )   
**********************************************************************
 姉妹ブログ「現下の国際問題」 (http://smartpower.cocolog-nifty.com/blog/),(http://angelpower.at.webry.info/),(http://ameblo.jp/ysishi45/)でも本欄と同一記事がご覧になれます。 (http://www.269rank.com); https://news.blogmura.com/ https://politics.blogmura.com/ http://blogranking.fc2.com/in.php?id=398288 https://blog.with2.net/in.php?802369
*********************************************************************
推薦図書・資料
1.国際情報センター所長の茂田 宏氏監訳による【インテリジェンス―機密から政策へ】
  マーク・M・ローエンタール 著
  (慶應義塾大学出版会 http://www.keio-up.co.jp/np/isbn/9784766418262/)  
2.「ペンタゴン報告書:中華人民共和国の軍事力―2009年版」(全和訳完全版)
 ( http://www.amazon.co.jp/ペンタゴン報告書-中華人民共和国の軍事力-米国防総省/dp/4990474104
  8月24日米議会に提出された最新版(2011年版)は、国防省HP(http://www.defense.gov/pubs/pdfs/2011_CMPR_Final.pdf)で御覧になれます。 
*********************************************************************

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事