現下の国際情勢の見所・疑問点

揺れ動く世界情勢・日本が直面する問題を共に考えよう。投稿歓迎。

全体表示

[ リスト ]

中国の「盲目の人権活動家」陳光誠氏が中国当局による軟禁を脱し米国大使館に保護された問題は、5月3−4日北京で開催された米国と中国の閣僚が経済や安全保障上の課題について話し合う第4回「米中戦略・経済対話」の直前に発生した。

人権問題は、米中間における極めて機微な事案となっているので、双方とも細心の注意を払って処理に臨んだと思われるが、米側は、特別なやり方(ロック米大使によれば「ミッション・インポッシブル」を実施)で陳光誠氏を米大使館で保護した際、同氏は安全が保障されるなら中国に留まりたいとの意向を米側に示していたことを踏まえ、中国側に対し米大使館による保護行為を不問に付すよう交渉し、中国側も外交部報道官が米側のやり方は、明らかな内政干渉だと不満を述べつつ了解を与えた様子であった。

しかし、その後、陳光誠氏が中国にとどまるとの当初の意向を翻し、米国への出国を希望することを外国記者に表明したことから事件はさらに複雑化し、上記米中対話会合の進行中も舞台裏で米中間で鋭意交渉が行われるという異例な展開を見せた。
さらに陳氏は、4月3日、上記米中閣僚会議の最中、米議会下院の中国特別委員会で電話による証言を行い、北京に滞在中のクリントン国務長官に会って、米国へ出国するための支援を直接要請したいという意向を示した。

同委員会のスミス委員長は「中国政府が陳氏の身の安全を保証するという約束を守るかどうかは非常に疑わしい。アメリカが本当に人権を重視しているかが試されている」と述べ、議会としてこの問題に積極的に関与していく立場を強調したという。また、ロムニー共和党大統領候補もオバマ政権の同事件の処理の仕方を強く批判する発言を行った旨報じられた。

このような状況下で、本問題は、双方政府の上層指導部に挙げられ、交渉が行われた結果、陳光誠氏のために米国学術教育機関のしかるべきポストが用意され、米側としては家族と共に受け入れることで最終的詰めが行われているようだ。

以上のような合意が極めて早急に成立が図られた背景としては、米国の大統領選挙戦や中国の指導層交替への影響を踏まえ、とくに米側では、スマートフォン技術を駆使し、議会が強い関心を示しはじめた状況を考慮し、通常では合意困難な点についても政治的観点から早期に了解し合うことで米中双方の利害が一致を見たということであろう。
(Y. I. )   
**********************************************************************
 姉妹ブログ「現下の国際問題」 (http://smartpower.cocolog-nifty.com/blog/),(http://angelpower.at.webry.info/),(http://ameblo.jp/ysishi45/)でも本欄と同一記事がご覧になれます。 (http://www.269rank.com); https://news.blogmura.com/ https://politics.blogmura.com/ http://blogranking.fc2.com/in.php?id=398288 https://blog.with2.net/in.php?802369
*********************************************************************
推薦図書・資料
1.国際情報センター所長の茂田 宏氏監訳による【インテリジェンス―機密から政策へ】
  マーク・M・ローエンタール 著
  (慶應義塾大学出版会 http://www.keio-up.co.jp/np/isbn/9784766418262/)  
2.「ペンタゴン報告書:中華人民共和国の軍事力―2009年版」(全和訳完全版)
 ( http://www.amazon.co.jp/ペンタゴン報告書-中華人民共和国の軍事力-米国防総省/dp/4990474104
  8月24日米議会に提出された最新版(2011年版)は、国防省HP(http://www.defense.gov/pubs/pdfs/2011_CMPR_Final.pdf)で御覧になれます。 
*********************************************************************

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事