Cマウントレンズ作例集

C-mountやArriflex シネレンズの作例を掲載中-加工はリサイズのみです-

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1
 
Carl MeyerはシカゴにあるBurke & James社という映像機器会社のレンズブランドです。
OEMで様々なレンズを販売していた様ですが、今回ご紹介するのはその中でも特に珍しい大口径レンズ、 MOVIAR 25mm f0.95です。 
 
同じ外観でSPEED 25mm f0.95という名称のものもありますが、外観形状もよく似ており、レンズ構成も同等のものではないかと推測できます。
 
 
イメージ 2
E-P1 3:2
 
イメージサークルはAnegnieux 1inch f0.95とほぼ同じで。
大口径ならではの薄い被写界深度と柔らかい描写が特徴です。
 
 
イメージ 3
E-P1 3:2
 
f0.95クラスのレンズは、晴天時はE-P1で使用すると数段絞らないと露出オーバーになってしまいます。しかし夜間はシャッタースピードを稼ぐことができ、手持ち撮影時は大きなアドバンテージとなります。
 
E-M5など強力な内蔵手振れ機が徐々に発売されてきていますので、コンパクトなシステムで夜間撮影に望むことが可能です。
 
 

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事