ここから本文です

Fake It! ~越前三国deソルトルアー~

フィッシングポイントさんにてBlueBlueテスターの正宗友祐さんのキャスティング講座に参加してきました。もともとシーバスは独学我流で始めたし、普段から基本単独釣行なんで誰かに教えてもらうってことがなかったんですよね。ネットなり本なりは見ますが。ちゃんと勉強したいなと。

9時に鷹巣漁港集合でしたが開始時間になってもうちつける雨と強風で本当にやるのかよと心配しました。自分は雨の時は釣りしない派なので、雨の中レインウェア着込んで準備始める参加者を見てみんな釣り好きだなぁと(笑)。ま、いつの間にか見事に止みましたけど。気温水温ともに12〜3度、雨と風の影響でかなり寒く感じました。

風が強いシーンでの低弾道でのキャスティングのコツ。ロッド、ルアーに合わせたキャスティング。磯などのストラクチャー周辺でのピンポイント狙いのキャスティングなどをレクチャーしていただきました。自分は軽量プラグをもう少しうまく飛ばせるようになりたかったのですがなかなか苦戦。正宗さんもさすがにこの強風だと限界がありますと。下まで振り切り過ぎず止める意識。

他にもBlueBlueの従来の製品や発売したばかりのラザミン90 、ニンジャリssなどはもちろん未発売のブローウィン125Fやシャルダス35など貴重なルアーも思う存分に試投できました。

イメージ 1


イメージ 2



写真のレッドヘッドがブローウィン125F、その右が80S。リップの形状が少し粗っぽい気がしたけどプロトだからかな?正宗さん曰わく「125FはBlueBlue史上最もBlueBlueらしくない普通のルアーである(普通に釣れるけど面白みがない)」と(笑)

シャルダスは従来サイズの14、20がリバーやシャローエリアで活躍するのに対して、発売予定の35は磯、外洋で大活躍しそうです。テスターさんの中には20にわざわざウェイトをつけて使ってたそうで。ブローウィン125Fは自分は買わないな、普通なんで(笑)。ラザミンは買ったけど、ニンジャリSSはまだ地元の釣具屋では見かないのでネットで買おう。

ルアーが根掛かったら竿であおらず手で引っ張って確認するとより状況が掴みやすい。竿は力を吸収してしまうので、手探りの方が海藻類、貝殻類の違いの情報が分かりやすい。

シャルダス20のリアフックシステムが変更(チューブ固定のダブルフック→トレプルフック)になった理由のひとつは、フックとブレードの触れるシャリシャリ音が魚を寄せる効果があるから、とか。

ニンジャリはMサイズのみただ巻きでバイブレーション効果がある、とか。

プロトルアーの飛距離を測る為に原っぱでキャストして実際にメジャーで測ってる、とか。

などためになる話しから半分理解できないマニアックなロッドの話し、業界のちょっとした裏の話しとかも。

記念品でミニサイズのドライバック(防水ポーチ)をいただきました。財布と携帯くらいしか入りませんがウェーディングやボートやる人には貴重品を管理するのに便利です。

正宗さんの釣り用のカスタマイズした軽ワゴン車がいろいろとすごかったです。お金かけてるわけでなくその手作り感、創意工夫。後部座席外してパレットを活かして棚を手作り、外からタックル類が見えないように隠せたり、寝床になったり。車の外にロッドを立て掛ける際に固定するパーツとか。いつか真似したい。

正宗さんは知識、情熱がハンパないです。伝える力があります。テスターさんて釣りが上手いだけの人なのかなとも思ってました。福井からもテスターに応募してた人は結構いたと思うんですが、正宗さんはBlueBlueに選ばれるべくして選ばれたんだと思います。他のメーカーじゃなくてBlueBlueに。

とても勉強になりました。



↓↓↓↓ポチッとお願いします(*^^*)

にほんブログ村 北陸釣行記

↑↑↑↑1日一回押していただくと励みになります


この記事に

開くトラックバック(0)


今年も行ってきました「お台場ラーメンPARK in 福井 第8弾」の前半戦。

イメージ 1



東京 灯花 
愛媛宇和島鯛塩そば
☆☆☆☆☆
カップ麺になってた有名店。麺がつるっつる。透き通ったスープ、見た目がきれい。

福岡 モヒカンらーめん 
とんこつモヒカンらーめん
☆☆☆☆
とんこつの割には凄くあっさりしてて、チャーシューがくどく感じる。満足感ある。モヒカン頭の店主が一番クドい(笑)いやいい意味で。モヒカンレッド(辛味噌)は別添えで自分で調整しながら食べたい。

福井 福麺会 
へしこ薫る贅沢魚介豚骨らぁ麺
☆☆☆
イベント期間限定の福井のラーメン通の支持の高い3店舗のコラボ。まずにおいが凄くよい、ムギナワヤがベースなのかな?鶏コンフィ、とろとろ豚チャーシュー、ロースレアチャーシューと3種のチャーシューが嬉しい。3店それぞれの自慢チャーシューなのかな。そもそも自分はへしこが好きじゃない。旨みよりも油分をすごく感じる、へしこ香味油。食べ進めていくとトータルでは美味しい。まだ試行錯誤の段階なのではないか、今後まだまだ美味しくなれると思う。自分の期待値が高過ぎた。あと他のラーメンの完成度が高すぎた。




イメージ 3




大阪 きんせい 
名古屋コーチンと伊勢海老の黄金塩ラーメン
☆☆☆☆☆
伊勢海老の力強い香り。

東京 ラーメン凪 
肉煮干しラーメン
☆☆☆☆☆
もっちり中太麺。細めのうどんみたい。2種類の肉がとにかく多い。強烈、クドくない、コショウが良いアクセント。炒めたネギ。煮干しと肉のスープが高次元でマッチ。甘め、肉うどんみたい。仕上がってるー。




イメージ 4



愛知 麺屋はなび 
台湾まぜそば
☆☆☆
まぜそば自体はかなり好きなんだが「台湾」まぜそばとなるとかなり辛い。体調万全でないとキツい、クドい。でも旨さがしっかりある。白ごはん入れたい、飯割りしたい。後で人のブログとか見てると白飯(おにぎり)持参の強者もいるようですね。次回そうしようかな。極太麺がうまうま。こういうイベントでこのタイプのラーメンは食べるタイミングが重要ですね。こういういろいろ食べたいイベントでは不利かも。改めてしっかり味わって食べたいまぜそば。

東京 中華そば しながわ 
煮干し香る地鶏の中華そば
☆☆☆☆☆☆
さすがミシュラン掲載店、こういうイベントでも仕事がとても丁寧、盛り付け、提供も最後まで綺麗。目の前で炭火炙り。煮干しの味はガツンとくるのではなく品よく香る感じ。「昔ながらの中華そば」がしっかり今風に進化してるという感じか。海苔も溶け過ぎす、残り過ぎず絶妙な存在感。



イメージ 2




滋賀 ラーメンにっこう 
地・近江鶏白湯
☆☆☆☆☆
黒七味のアクセント。丁寧な仕事。強烈ではないけどクセになる味。優しさのある滋味深い味。濃厚、でもこってりというわけではない。

山梨 まぐちゃんラーメン 
炙り肉盛り甲州味噌ラーメン
☆☆☆☆
ニンニクチップと黒ごまがトッピング。赤だしみたい。大きな豚バラ3枚。極太麺が旨い。しっかりと食べた気になる。もやしも太麺と相性がいい。極細麺のとんこつラーメンは麺を飲んでる感じで正反対。


北海道 MEN-EIJI 
札幌スパイシーザンギ味噌 
☆☆☆☆☆
予備知識無しで食べたのもあり、この味はとても意外で新鮮だった。ザンギ(唐揚げ)がのっただけの味噌ラーメンかと思っていたら、なんとまるで味噌ラーメンとスープカレーの融合。嬉しい誤算。こういう意外なのを食べたかった。これは本当に食べて良かった。もし旅行先だと失敗したくないからこういうのは頼まないかもしれなかった。最初からスープにカレーのスパイスが入っていたのか、ザンギにまとわせたカレー味が染み出たものなのか分からなかったけど。


本当にどのラーメンも個性的で美味しかった。普通のラーメンを2杯、3杯も食べられないけど、3杯目でもしっかりと美味しさが分かる際立つ味だった。

定番の王道ラーメンが好きならしながわ。肉好きなら凪、まぐちゃん、EIJI。魚介煮干し好きなら灯花、福麺会、きんせい、といったところか。


二枚目画像のハンカチタオルとタオルはスタンプラリー10店制覇の景品。前後半全20店制覇ではオリジナルTシャツが貰える。後半戦は21日から。





↓↓↓↓ポチッとお願いします(*^^*)

にほんブログ村 北陸釣行記

↑↑↑↑1日一回押していただくと励みになります


ラーメンはスープ派?麺派?問題は、異性を選ぶ時は見た目派?性格派?ていう問題に似てると思う。いろいろあるけど結局どっちも大事。


この記事に

開くトラックバック(0)



30日土曜日、シマノセフィアエギングパーティー2017福井大会に参加してきました。


前夜から越前以北の直接西に面してるポイントでは弱いですが西からメインの風で波うねりがひどい。北向き、南向きとか漁港内ならいいかもだけど、エギを投げられる場所は限られてその分さらに人が集中する。小浜住みのエギパに出るO君には小浜で粘った方がいいよとアドバイス。

自分はというと夜中のうちに三国方面で現場を見て回って、ここならやれるし釣れるかもという場所を見つけた。今年はまだやってない場所。停まってる車がエギンガーなのか気になりながらも一旦帰宅。

で、起きたら7時過ぎっていう、、、。

やっぱりこういう時は寝たらダメですわ。



10時30から受付。釣果無しで受付。参加賞貰います。大会オリジナル柄のエギ、手回しライト、大会ステッカー、あと他にゼリードリンクもあったけど。

イメージ 1



エクスカウンターは大型用春用かと思い買ってなかったのでちょうどいい。貰えるの分かってたから買ってなかったのもありますが。ゼブラ柄は結構好きです。ダイナモ&ソーラーライトがちょっと便利かも。面倒な電池交換無し、太陽光、もしくは手回しで充電。満充電で6〜8時間点灯。充電可能回数は500回て書いてたのでいつかは使えなくなるのでしょうけど。今まで首かけライトやコンパクトなデジタル量りなど、あまり自分では買わないけど微妙にあったら便利というものが景品になってるのは面白いと思います。


例年通りエギの展示やタックル試投できるコーナーがあります。例年通り最新タックルを試投できるのはとてもいいです。エギについていくつか聞きたいことがあったのですが、ちょうど居た年配のスタッフの方がどうもハズレで回答が要領を得ません。なんだかなぁ。

O君達小浜組とも合流。聞くと小浜方面も渋かったもよう。

トークショーを待つ間にイカ先生にサインもらいました。せりかさんはサイン待ちたくさん並んでたのでやめときました。もう人妻だし、、、。今回は来てませんが阪本智子さんも結婚したしなぁ。なんだかなぁ。


12時過ぎからトークショー。イカ先生、せりかさん、ジョーさん3人のグダグダ話しからスタート。するとすぐに「面白くないし、早く本題ーっ」と仕切ってるシマノスタッフからの巻きが入る。トークは始まったばかりなのだが、、、。聴衆に聞こえない所でコソッと言うとか、カンペを出すとかなら分かるが明らかにお客さんにも聞こえる大きい声で言うのはどうかと思う。ヤジみたいだった。なんだかなぁ。

湯川さんならどういう所を狙うとか、水温読むとか、雲見るとかの話し。もっとシャロー撃ちした方がいいですよ、水がくるぶしまであればイカ居ますよ、と!

せりかさんの結婚相手のネタでひと盛り上がり。

イカ先生はサーフ撃ちのすすめ。ホッティーこと堀田さんいじりネタ(笑)。あと富山優勝者は陸っぱりでアントラージュ(ティップラン用エギ)を使ってましたよという話し。

途中で「あと3分ー!」とまたも仕切ってる方が大きな声で。トーク短っ。もっと聞きたいのですが。しらけますね。なんだかなぁ。三人ともまだしゃべりたかったのではないでしょうか。特にイカ先生は。

最後にあわててイカ先生、自分の本の宣伝。

左から「イカ先生のアオリイカ学」を宣伝するイカ先生こと富所潤 (とみどころじゅん)さん、変顔になってますが新妻の彼方茜香 (おちかたせりか)さん、あっち向いてますが昨年末からシマノ入りしたカリスマ美容師でショア侍ジョーこと湯川マサタカさん。※注、画像内のセリフはフィクションです。

イメージ 2





表彰式。優勝者インタビューで1位の方はなんと能登内浦で釣ってからの福井持ち込み。もちろんルール上は問題ないのですが、なんだかなぁ。会場からも不満とは言いませんが驚きの声があがります。2位の方は三国方面での釣果。まさに自分が夜中に下見してた場所と思われます。自分の持ってなさにため息出ます。インタビューも短かったですね。


お楽しみの抽選会。始まる前から薄々は感じてましたが例年より景品少なっ!?。あっという間に終了です。ダイワの大会のを見たから余計にそう感じたかもですが、例年シマノの大会しか出てない人も少ないね言ってたので、、、。Oくんの連れのTくんだけがコーヒーマシンを貰ってましたが、知り合いはみんな残念賞の鯛柄の(?)エギでした。

シマノさん、時間も予算もだんだん縮小してる感がありますが大丈夫ですかー?


イメージ 3





↓↓↓↓ポチッとお願いします(*^^*)

にほんブログ村 北陸釣行記

↑↑↑↑1日一回押していただくと励みになります




この記事に

開くトラックバック(0)



土曜日、シマノエギングパーティー福井大会のあと釣具屋めぐり。


イメージ 1




右上から
ダイワ サムライジグ サゴシチューン サゴシゼブラグローピンク サゴシピンクグロー 40g
ヤマシタ エギ王QLive 2.5号
ヤマシタ エギーノぴょんぴょんサーチ 3.5号18g
シマノ セフィア エギザイル めで鯛 エギングパーティー限定カラー 3号 これはエギパの景品
オーナーばり 投技ジグ 40g
エクリプス ランドラゴ90f シークレットピンキー  フィッシングポイント限定カラー 14g
ジャッカル ビッグバッカー 107 27g
ジャクソン 鉄PANLong 115mm 35g
アピア bit-V12 48mm12g 9月の新製品。
シマノ TGサルベージ 59mm26g 廃盤。店舗在庫限りか。

主にこれからの海、川でのシーバス、ショアジギ、ライトショアジギでのサゴシにむけてのルアー補充。



上州屋で毎年恒例のヤマシタの企画やってたので行ってみた。やっと見つけた(釣れないと話題の)ヤマシタのエギーノ2本買ってガチャポン回してステッカーとおまけでエギ王Q2.5号を貰った。ガチャポンは回す前から中身が見えちゃってるのでなんだかなぁ。エギーノは釣れないていうか従来のエギと使い方が違うのでいろいろ覚悟が必要ですね。

一部でエギ王K廃盤の噂が出ていましたがそれをヤマシタのスタッフさんに直接聞いたら、それはないですとのこと。確かに今年は(新しいモデルも出してないし)生産はしてなくてほぼ店舗在庫のみ、来年のこともまだ未定ですが、エギ王Kとライブサーチは一番の売れ筋、ヤマシタエギの象徴なのでこれからもなくなりませんとのこと。スレたイカを仕留めるのに欠かせないエギ王K。ファンの方、安心して下さい。(※追記、カラーやパッケージがリニューアルされたんですね。その為の在庫調整だったんですね)


ヤマシタに限らずどこのメーカーも生産計画、生産調整は大変らしいですね。現在ティップラン用のエギがどこの店も在庫が非常に薄いです。陸っぱりエギにシンカー付けて使って下さい、変わりません、て言われます。単にティップラン真っ盛りのシーズンだから品薄というわけではありません。もともと今年あまり作ってなかったというのがあるらしいです。シーズンに商品無ければお店もお客さんも困ります。11月にはあがってくるようですが終わってますよね。

陸っぱりの深場用でティップランエギを使う人なんかも増えてます。シマノエギングパーティー富山大会だかでの優勝した方はティップランエギ使ってたそうですね。

メーカーも(例えば)今年良く釣れるからって急に生産できるものではなく、前の年から計画生産するんでどれくらい作るかは前の年の釣果にもよります。日本海側より太平洋側ではシーズンピークが遅いので、太平洋側のピークに向けて生産、出荷を合わせてるメーカーさんなんかもあるようです。日本海側に住む者としてはそれもなんだかなぁて。




↓↓↓↓ポチッとお願いします(*^^*)

にほんブログ村 北陸釣行記

↑↑↑↑1日一回押していただくと励みになります

この記事に

開くトラックバック(0)



アオリイカのイカシュウマイ

イメージ 1



イメージ 2



イメージ 3




一度作ってみたかったやつ。中華、点心であまりスポットに当たらないけど微妙に美味しいやつ。

使用するイカは新鮮すぎないこと。1〜2日寝かせて身が柔らかくなったものの方がミキサーかけた時に混ざりやすくていいと思う。新鮮すぎるとかたいから。

皮を綺麗にむいたイカの胴の白い部分だけ(この時は17くらいと12くらいのイカだったかな)、ねぎ白い部分(6cm分くらいだったかな)、塩、酒(大1〜2)、おろししょうが、中華スープの素顆粒(小1)をミキサーにかける。さらに片栗粉(大1)混ぜる。

ワンタン(シュウマイ)の皮を細く刻んでおく。40枚入りの3分の2くらい使いました。

スプーンでタネを成形して、刻んだ皮に落としてまぶして成形。タネが水分あるのとワンタンの皮に粉がついてるのでうまいことくっつきます。それでいて手もそんなに汚れません。

7〜9分蒸す。

意外と簡単。しっかりと味ついてますが醤油ちょっとつけて食します。お好みでからし。つなぎとか使用せずにほぼほぼアオリイカなので、イカ本来の味で食感もぶりんぶりんで旨いー。ま、中華スープの素、鶏ガラスープの素を入れておけばたいがいのものは旨くなります。

たぶん小麦粉や玉子を入れると食感がふわっとする。はんぺん使ったり、豆腐使ったりもするレシピもあるみたい。豚挽き肉を包んだりしてもジューシーで美味しそう。




アオリイカのイカチリ

以前作ったイカダンゴの要領でイカダンゴを揚げます。今回は上のシュウマイと一緒でネギ、塩、酒、中華だし、しょうが、片栗粉で。小麦粉、玉子は使ってないのであまりふわっとはしてません。イカの胴以外の部分を使って少しゴロゴロ食感を残してます。

チリソースは市販の物を使用。このソースがいまいちだった。

イメージ 4



辛そうですね。




↓↓↓↓ポチッとお願いします(*^^*)

にほんブログ村 北陸釣行記

↑↑↑↑1日一回押していただくと励みになります

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事