大代歳時記

島田市(旧金谷町)大代の四方山話をご紹介しています

個人日記帳

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

お礼とご挨拶

20082月にこのブログ「大代歳時記」を立上て満5年を経過しました。
その間本来の「日記」的な内容というより大代地区のそれこそ「四方山話」の紹介やイベントのお知らせ、特にジャンボ干支を代表とする「王子田会」の活動や、私が土日祝日に営業していた「わっぱ沢売店」に係わる親水公園の話題や催し物等を中心にご紹介してきました。
しかし実は私はバリバリの現役サラリーマンでして、今回社命により「海外出向」を命じられ今月5日から上海に赴任することになりました。
 そこでこのブログは引き続き出向先の上海から更新しようと考えましたが、中国のネット規制により残念ながらアクセスが難しいことが解りました。
色々調べた所どうやら規制をクリアすることも出来る可能性も有るみたいですが直ぐには出来そうもないのでここ暫くはお休みの状態となります。
今まで大した話題でもないのに熱心に見に来てくれた皆様にお礼を申し上げるとともに、何とかして何時の日か「上海便り」として向こうでの暮らしぶりをブログで色々ご紹介できる様にしたいと考えていますので、その節はまたご愛読宜しくお願い申し上げます。
 長い間ありがとうございました。
 
イメージ 1
 

特大自家製恵方巻き

特大恵方巻きとても美味しかったけどさすが2本は食べられなかった。
 
イメージ 1

物作りの国日本

東京国際展示場へ工作機械展に行って来た。
日本が誇る世界最先端の工作機械一同が揃い、φ0.2mmのネジからジェットエンジンのブレードの加工までそれはもう声も出ないくらいビックリしたというより感動した。
世界中のメーカーが同じような工作機械(マシニングセンター、自動旋盤、その他)を作っているが、実はその工作機械を作る為の工作機械(マザーマシン)はほとんど日本製なのだ。
「物作りの国日本」まだまだ健在であり他の追随を許さないその技術力と自信を実感しちょっと安心した。
その中で主催者展示で、以前皆さんもTVで見た事が有ると思いますが、砲丸投げの世界記録と金銀銅は実は全て日本の町工場(家族6人の会社)の職人の技術(技能)が生み出している事を紹介していた。
実際その砲丸を手にとって他の砲丸と比較してみると確かにちゃんと重心が球の中心にきちんとなるよう職人の経験と勘と鍛錬された技能で作られていた、これはこの会場にある最先端の工作機械を使っても今は作れないとの事。日本の物作りを支えている原点を見たがその原点も徐々に失われつつある事も現実であり、そこをどう残すかも大切な課題であることを最先端の工作機械と町工場の古い汎用旋盤との対比の中で感じた。
 
世界記録を作り出す汎用旋盤
イメージ 1
 
重心が中心にある砲丸はどう置いても転がらない
イメージ 2
 
スーパーカーもFIカーも日本の工作機械が作り出す
イメージ 3
 
イメージ 4
 
 

御岳と紅葉

目の覚めるような紅葉が素晴らしかった。
 
寝覚の床
イメージ 1
 
御岳
イメージ 2
 
遠方の乗鞍岳
イメージ 3
 
紅葉
イメージ 4
 
赤沢森林トロッコ鉄道
イメージ 5
 

緑のカーテン終了

このままほっとくと家全体がジャングルになりそうなので、本日で「緑のカーテン」は終了しました。また来年の春に芽が出て毎年同じようになります。
イメージ 1
 
イメージ 2
 
イメージ 3

全20ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事