灰溶融炉について

     なぜ灰溶融炉を問題にするか                                   津川 敬  (1)灰溶融技術登場の背景  ヽネ詫擦錬沓闇代の高度成長期を背景に「ごみが大量に出る」ことを 前提として開発された技術で ある。 ◆〃前は処分場の延命と土壌汚染対策であり、最初に実証試験を行なっ たのは1977年のタクマ(バーナー加熱方式)、翌78年の旧NKK (電気抵抗型)である。  その後、コークスベッド、プラズマ溶融など様々な方式で14のプ  ラントメーカーがそれぞれ得 意とする自社技術でこの分野に参入した。   しかし自ら燃える力のない無機物を溶融するにはカロリーゼロの状態 でエネルギーをかけるため、 多額のコストを要し、かなりのリスクを負 うことになる。 ァ_辰┐鴇撞儚ッ罎僚填眤偉すべて表示すべて表示

その他の最新記事

すべて表示

記事がありません。



.


みんなの更新記事