ここから本文です
Kの独り言
独り言とメモ
みなさんはツイッターやっていらっしゃるでしょうか?おそらくこの記事を見に来たということはやっていらっしゃる方が大抵ではないでしょうか?

さてさて,今日の話題は「ツイッターのいいね画像を一括でDLする」です.好きな絵師さんの神絵を落としたり,ネタ画像を落としたり,はたまたRTせずいいねだけしたムフフ画像が一括で落とせます(おい).実はいいね画像DLだけでなく,特定ユーザーの画像一括DL,検索キーワードにヒットしたものをDLなどいろいろ出来ます.
イメージ 1

ということで早速やっていきましょう.

注:かなり面倒な作業が待ち構えています.「パスを通す」の意味がわからなかったり面倒で長い作業が嫌いな方は申し訳ございませんが,戻るボタンを押したほうがよいかもです.

さてさてまずはソフトのDLです.今回使用するのは私立メロン高校パソコン部様のtwitterダウンローダpythonです.
まずはこいつを落として解凍しておきましょう.次にこいつを動かすためにpythonをインストールします.
ここではpython2をインストールします(バージョンが2から始まる方です).pythonがインストールできたらパスを通しておきましょう.パスを通すの意味がわからなかったら...頑張って調べてくださいw 「パスを通す」とかで検索するとわかります.
さて次に先ほど解凍したtwitterダウンローダのsite-packagesフォルダの中身をC:\Python27\Lib\site-packagesに入れます(以下めんどくさくなってしまったので手順を箇条書してます,正確な情報はtwitterダウンローダのreadmeにも書いてあるのでそちらもご参考ください).
・GetTwitterAuthInfo.zipを解凍
・GetTwitterAuthInfo.exeを起動
・このページへ行く→https://apps.twitter.com/
・Create New Appをクリック
・ここで名前,説明,ウェブサイトを適当に入力します(名前は他のとかぶってると使えないので独自性をもたせてください.今回は他とかぶりそうにない名前ということでkttouhoupicturedownloaderという名前にし,説明欄にdownload pictures,ウェブサイトに自分のツイッターのページを指定しました.皆さんは自分で自分専用の名前を設定してください)
・利用規約(チェックボックス)を承諾
・Create your Twitter applicationクリック
・Application SettingsのConsumer Keyのmanage keys and access tokensクリック
・Consumer KeyとConsumer SecretをコピーしてGetTwitterAuthInfo.exeのCONSUMER_KEYとCONSUMER_SECRETに貼り付け
・1)GET PIN URLをクリック
・数秒くらいでPIN URLが入力されるので,そうしたら右側の2)Open URLクリック
連携アプリを認証をクリック(kttouhoupicturedownloaderにアカウントの利用を許可しますか?と出る)
・PINコードが発行されるのでコピー
・GetTwitterAuthInfo.exeに戻り,PIN CODEに発行されたPINコードを貼り付けて3)GET TOKENをクリック
・Access TokenとAccess Token Secretが入力される
・ここで4)Save as .\authinfo.txtをクリックすれば今回のデータ(ConsumerKey,ConsumerSecret,AccessToken,AccessTokenSecret)がGetTwitterAuthInfo.exeと同じ階層に保存される
・twitter.pyフォルダのsetting.iniを開く
・9から12行目に取得したConsumerKey,ConsumerSecret,AccessToken,AccessTokenSecretを貼り付け(不要な空白は消す)
例:
ConsumerKey =ZgIF6BajkfhFkjdjndaGlkfjha

次に公式APIキーを取得します(ただしグレーゾーンらしい).やることはさっきと同じです.
・以下のどれかのページにアクセスし,公式ConsumerKeyとConsumerSecretを入手します.今回は一番上のページのAndroidにました(どれでもOK)
・GetTwitterAuthInfo.exeを再度開く(さっきのデータが書いてあるときは一度右上xで消してから開き直したほうがいいかも)
・今取得したConsumer KeyとConsumer SecretをCONSUMER_KEYとCONSUMER_SECRETに貼り付け
・1)GET PIN URLをクリックし,PIN URLが入力されたら右側の2)Open URLクリック
・連携アプリを認証(Twitter for Android)
・PINコードが発行されるのでGetTwitterAuthInfo.exeに戻りPINコードを貼り付けて3)GET TOKENをクリック
・Access TokenとAccess Token Secretが入力される
・twitter.pyフォルダのsetting.iniを開く
・4から7行目のofficial_ConsumerKey,official_ConsumerSecret,official_AccessToken,official_AccessTokenSecretに今取得したConsumerKey,ConsumerSecret,AccessToken,AccessTokenSecretを貼り付ける

あとはDL設定を同じsetting.iniファイルで設定します.
デフォルトでは画像サイズを複数DLする設定になっているので,不要なら169行目以降で設定します(最大サイズだけ欲しければ171行目を1,173行目と175行目を0にする,そうしないとサイズの違う同じ画像が3枚保存される).
その他,ログやツイート本文,フォルダ管理,投稿者のプロフィール画像やプロフィール内容が保存されるのが不要なら設定します.書き終わったら上書き保存で終了.

お疲れ様でした.これでやっと一括DLが可能になりました.最後に使い方です.
・twitter_pyフォルダのtwitter.batをダブルクリックして開く
・コマンドウィンドウが出てしばらくするとメニューが表示される
・今回は自分のいいねした画像を取得したいので4を入力しEnter
・ユーザーIDかURLを入力しろと出るのでID入力(kttouhou)しEnter
・DLされます
iniファイルで設定を変更すれば,フォルダ管理や画像のみDL等細かく設定できるので頑張って設定してみましょう!雑ですが今日は以上です.頑張ってね!

この記事に

こんにちは.やっと暇な時間を手に入れたKです.今日は珍しく東方の話題ですね.

この前ですね,このブログのアクセス解析というものを見てみたんですよ.こーんなマニアックな記事しか載せてない個人のブログなのですが,なぜか毎日10人程度覗きに来てくださるんですよね.どこからそんなに来るんだと思ったんですよ.そうしたら,流入元が結構決まってて,ほとんどがThbgmExtractorのページだったんですよ.
何でかなーと思ったら!天空璋の曲目ファイルを作った自分の記事のリンクが張ってあったんですよ!いやー驚きました.改めて大型のブログの強さと東方の人気の根強さを感じました.

ですが,10分程度で作ったブログがそんなに人気なんてのも癪な話です.どうせならもう少し有用性の高い話題で行きたいじゃないですか!

ということで本題です.今回は幺樂団の歴史シリーズをThbgmExtractorでループ再生することを目標に行きましょう.本来,幺樂団の歴史は東方旧作曲をCDに焼いたものなので,大抵はループ曲なのですが,もちろんループポイントなんて生成されてないし,フェードアウトで終わってしまいます.なので,ループポイントは私がすべての曲を手作業で探しました.めちゃくちゃ時間かかりました.詳しい探し方はまたの機会に紹介するのですが,やり方としては音楽を編集ソフト(Sound Engine Free)で読み込む→ループポイントを手作業で探す→ループ開始点と終了点のbyte数を確認する→ソフトに合わせてbyte数を計算したり16進数に直したりする→記述形式をソフトに合わせるという多段階の作業を経てできています.そんなこんなで作った曲目ファイルを読み込んだらこんな感じに.

イメージ 1

うむ...素晴らしい...
さてさて,早速曲目ファイルと使い方を.まずは曲目ファイルです.
幺樂団の歴史1〜5

いちいち1つずつ落とすのめんどくせぇ!俺は一気に全部落としたいんだという人向け

(作るの苦労したから使う人はコメントくれたりいいねを押してくれると嬉しいなー)

使い方はreadme.txtに書いておいたのでご一読ください.簡単に使い方を説明すると
・幺樂団の歴史CDから全ての曲を*.wav形式で抜き出し,好きなフォルダに保存
・ThbgmExtructor.exeのある階層にtitles_th○○.txtを保存
・titles_th○○.txtの2行目に音楽ファイルのあるパスを記述し保存(またはThbgmExtructor.exeを起動し,抜き出したCDの曲ファイルがあるフォルダにパスを設定)
です.頑張ってください(投げやり).注意としては,音楽ファイル名とtitles_th○○.txtに指定してある音楽ファイル名が同じになるように注意してください.そうしないと音楽がロードできません.不具合(ループ位置がおかしい,曲名と曲が一致しない等)がありましたらコメントをください.

今日は以上!旧作曲もループさせて楽しんじゃいましょう!

この記事に

CSSで遊ぼう!

2018/04/08
画像URLにうまく飛べてなかったので修正しました


どうもお久しぶりです.毎度おなじみでもありませんがKです.超久しぶりになってしまいましたが,またぼちぼちとPC系のテクニカルな話題を紹介できたらなと思う次第です.(あとさっきずっと放置してた友達認証を許可しました.というか認証が来ていたことを知りませんでしたすみません.認証が来たら基本許可しますのでどうぞお気軽に)

さて今日はCSSで遊ぼうという話題です.みなさんの使ってるブラウザは何でしょうか?某InternetExpl○rerは遅すぎてお話にならないので却下として,使いやすさでいえばChromeでしょうか.速くて機能豊富でいいですよね.
前置きはさておき,みなさんの検索画面はどのようになっているでしょうか?デフォルトなら白い背景の味気なーいページのはずです.
イメージ 1

こんなつまんない検索結果は面白くないので改造しちゃいましょうというのが今日の話題.ウェブページのCSSを書き換えていろいろ遊んじゃいましょう.こんな感じになります.

イメージ 2

おほーっ(´・ω・`)さすがルーミアちゃんかわいいなぁ
使用させていただいた画像はハマーさんのルーミアちゃんです.→http://seiga.nicovideo.jp/seiga/im2380343
さてさて,背景を消すだけがCSS書き換えの利点ではありません.いらないオブジェクトも消してしまうことができます.例えばですね,ヤフーのトップページはだいたいこんな感じになっていると思います.

イメージ 3

自分としてはニュースとメール以外いらないのでこのごちゃごちゃ感は好きではありません.なのでいらないものは消してしまいましょう.というコンセプトのもと消しまくった結果がこれ↓
イメージ 4

消し過ぎ感が否めませんが,こんな風に片っ端からいらないものを消すこともできます.こんな風な使い方以外にも便利な方法があります.例えばpixivでルーミアちゃんを検索してみましょう.
イメージ 5

イメージ 6
ご覧の通り不要な広告等が多いですね.こいつらもCSS書き換えで消しちゃうことができます.

イメージ 7

イメージ 8
ほらすっきり!快適な検索ができます.

さてさて,CSS書き換えの良さがわかってきたところで本題です.どうやって書き換えするのかってところですね.
ここではChromeの拡張機能であるStylishを使っていこうと思います.DLは→https://chrome.google.com/webstore/detail/stylish-custom-themes-for/fjnbnpbmkenffdnngjfgmeleoegfcffe?hl=ja

まずはサクッといらないオブジェクトを削除する機能の書き方から.ここではYahooのページを例に説明します.まずは消したいページでF12キーを押してみましょう.あまり使わないウィンドウが出てきたらOK.ここにこのページの要素が全部書かれています.次に消したいオブジェクトがどこに書いてあるか調べます.Ctrl+Shift+Cを押して消したいオブジェを選択するとどこに書いてあるのかがわかります(この辺は自分で手を動かしてどんな動作をするか確かめてみてください).今回は左端のナビを消してみたいと思います.選択してみた状態がこれ.

イメージ 9
ここの部分の名前をよく覚えておきましょう.名前っていうのはid=とかclass=で始まってる部分に書いてあるやつです.今回はnaviですね(そのままかい).
次にこれを消すためのコードを書いていきましょう.Stylishアイコンをクリックして右側3点マークから「スタイルを作る」をクリックします.つぎに真ん中のコードと書かれたところに下記のように記述します
#navi{display:none!important;}
あとは適用先を指定して名前をつけて保存するだけ.適用先はURLにしてヤフーのアドレスを書いておきました.URLパターンとしては正規表現等も使えるのでいろいろいじってみてください.
イメージ 10
あらスッキリ!こんな感じでいらないものをどんどん消しちゃいましょう.

ちなみに,オブジェクトの名前がclass=で始まっていたら指定方法は.(ドット)です.例えば,class=newsというオブジェクトがあり,これを消したい場合は
.news{display:none!important;}
と書けばOK.他にもいろんなパターンがあるので気になる人は調べてみましょう(自分も詳しくないので教えられないだけですがw)

さて最後に背景をルーミアちゃんにする方法.余計なものも多少付いてますがこんな感じ.



body.hp #hplogo,body.hp #fbar,body.hp #prm-pt,#footer,.logo-subtext,.gb_gf,#fbar,#prm-pt,[aria-label="promo"]{display:none!important}

:not(#⁠){color:#FFFFFF!important} /*検索結果詳細文字色*/
:not(#⁠) option{color:#000000!important}
:not(#⁠) :link{color:#99CCFF!important}/*検索結果ページリンク色*/
:not(#⁠) :visited{color:#A0A0A0!important}/*検索済みページリンク色*/
:not(input)::selection{background-color:#FFFFFF!important;color:#000000!important;text-shadow:none!important}
input::selection{background-color:#FFF!important;color:#FFF!important}
*{text-shadow:0 0.05em #000000,0 -0.05em #000000,0.05em 0 #000000,-0.05em 0 #000000!important;box-shadow:none!important}/*縁取り色*/
._Bs,._LSh,#irc_pc,.mn-dwn-arw{border-color:#FFFFFF transparent!important}
.tnv-lt-arw{border-color:transparent #FFFFFF!important}
.gb_Wa,.gb_Xa{border-color:transparent transparent #000000!important}


html:not(#⁠),#lst-ib:not(#⁠),#hdtb:not(#⁠),.sfbg.nojsv:not(#⁠),[role="menu"]:not(#⁠),[role="listbox"]:not(#⁠),[aria-hidden="false"]:not(#⁠),[aria-expanded="true"]:not(#⁠),[role="dialog"]:not(#⁠),.crp:not(#⁠),.cdr_dlg:not(#⁠),#hdtb-msb:not(#⁠),#searchform:not(#⁠),.jfk-scrollbar:not(#⁠),.jfk-bubble:not(#⁠),#qbp:not(#⁠),#kbd:not(#⁠),ul:not(#⁠),header:not(#⁠),[dir="ltr"]:not(#⁠){background:url(https://i.pximg.net/img-original/img/2010/11/02/22/39/22/14301949_p0.jpg)#000000 fixed!important;background-size:cover!important}
.ab_button,[role="button"]:not(.gb_Rb),[type="submit"],[type="button"],.goog-flat-menu-button:not(#⁠){background:transparent!important}
#content,#canvas3d,.sfbgg,.card-mask,.ZvpjBb{background-image:none!important}

#sfdiv,#fkbx{border:1px solid #FFF!important} /*検索ボックス色*/
#sfdiv.sbhcn{border:1px solid #A0A0A0!important} 
#sfdiv.sbfcn{border:1px solid #4D90FE!important}
:not(#sfdiv):not(.mn-dwn-arw):not(._Bs):not(.goog-flat-menu-button-dropdown):not(#gt-src-wrap):not(
#gt-res-wrap):not([type="email"]):not([type="password"]):not([type="text"]){border:none!important}
[aria-hidden="false"],[role="listbox"],[aria-expanded="true"]:not([role="button"]):not(#hdtbMenus),[aria-haspopup="true"]:not([type="text"]):not([role="button"]),.ab_dropdown,g-menu{box-shadow:0 0 1px #FFFFFF!important}

:not([title]):not(.gb_qc),[title^="Results"]{background-color:transparent!important}
body.hp

.gb_Bc,.gb_Dg,.gb_R,#gs_st0,#logocont,#gs_ab_btns,#gs_hdr_act_i{display:none!important;}
/*#gs_hdr_mnu,.gs_hdr_dso{visibility:hidden!important;}*/

.fl{display:none!important;}

.exp-outline { border: none!important; }
.g .s + div[jsl*="$t"] { display: none!important; }



コピペして貼り付ければ背景がルーミアちゃんに変わります.ここでのルーミアちゃんは夏の紅茶さんのルーミアちゃんです.
15行目にある背景画像のURLを書き換えると別の画像に変えることができます.画像URLは右クリックからの画像アドレスをコピーでゲットできます.

もしも自分の持っている画像でやりたい!とか,拾い画像で画質良くないから高画質にしたい!とかいうわがままな御仁はFC2ブログ等のファイルアップロードサービスを使ったりwife2caffeを使うといいですよ.
参考

今回は以上!どんどんいらないオブジェクトを消して見やすいページを作っていきましょう!(雑でごめんね!)

この記事に

快適な検索のために

お久しぶりですKです.先週先々週は大学のほうが忙しくて全然更新できませんでしたがまたちまちまと更新していくので良かったらたまーに見てやってくださいな.

さて今日の話題は快適な検索です.皆さん大量の調べ物するときにこれ,邪魔というか面倒じゃないですか?
イメージ 1
いちいち改ページするためにこれぽちぽちするの面倒で嫌いだったんですよ.デフォルトだとGoogleの検索結果は1ページにつき10件で作業性の欠片もありません.実はchromeにはこれを自動で行ってくれる拡張機能AutoPagerizeってのがあるんですが,こいつにはいくつか問題がありまして.というのも次ページ読み込みした先でリンクを開き,検索結果に戻ると検索結果1ページめの最下段に戻されてしまうというバグがあります(というよりおそらくHTMLの根本的な仕組みからそうなる).というわけで再びリロードがかかってしまいあんまり快適ではありませんでした.今回はもうちょっと根本的な解決策を.

ということで今日はGoogleの検索結果を1ページあたり100件表示する方法です!こうすれば最初からずらずらっと大量の検索結果が1ページで行えます.設定方法は簡単.左上の3点マークを押して設定を開きます.設定画面を少しスクロールしていくと検索エンジンの管理という項目があるのでここをクリックします.
イメージ 2

次にその他の検索エンジンの右側の追加をぽちっとなします.
イメージ 3

検索エンジン名をキーワード,URLを設定します.検索エンジン名はなんでもいいようです.ここでは何も考えずGoogleにしました.わかりやすくするためにGoogle100とかにすればよかったな(^^;
んでもってキーワードはgoogle.co.jpにしました.これがどういう働きをするのかはごめんなさいわかりませんw
んでいちばん重要な設定項目,URLです.次のように記述してください.

{google:baseURL}search?num=100&{google:RLZ}{google:acceptedSuggestion}{google:originalQueryForSuggestion}sourceid=chrome&ie={inputEncoding}&q=%s

コピペして貼り付ければOK.終わったら追加をクリックします.
イメージ 4

そうすると今作った検索エンジンが追加されます.
イメージ 5

最後にこれをデフォルト検索エンジンに設定します.右側の3点マークをクリックして「デフォルトに設定」をクリック.以上で完了です.
イメージ 6

これで設定はすべて終了です.あとは好きな単語でいつも通り検索をかけるだけ!Google検索結果が100件表示されてれば成功です.なんて便利なんでしょう!

今日は短めでしたが以上です.次回はCSSで遊ぼうという記事を(今度こそ)書きたいと思いますw
ではでは,また来週にでも〜.

この記事に

開くトラックバック(0)

どうもこんにちは.毎度おなじみでもないですがKです.今日はchromeのお話でも.

この前はchromeで新しいタブページの変更の紹介をしました.記事はこちら→https://blogs.yahoo.co.jp/kttouhou/41262509.html
この記事では新しいタブに表示されるタイルをことごとく消し去ってしまおうという目標でCSSの設定等をしました.ちゃんと設定がうまく行っていればこんな感じに画面いっぱいにお気に入りの画像が表示できたかと思います.

はてさて,前回の記事でも紹介はしたのですが,たまーに中央にデカデカと"有料版にしようぜ!"みたいな広告が表示されます
イメージ 1

別にバツボタンを押したりすれば消えますし,しばらくは表示もされないのですが,やっぱり出てくるたびに消すのは面倒!そこでこの広告を二度と表示されないようにするにはどうしたらいいのかなーと思っていました.今日はその解決策を紹介していきたいと思います.

※この先に書いてあることは正確な情報でない可能性があります.というのも広告がめったに表示されないため機能がちゃんと作動しているのかわからない&CSSの知識が全くと言っていいほどないためです.動作報告,特に記事通りに設定をしたのに広告が表示されたという場合は教えていただけると幸いです.

さて,chromeでウェブページのエレメントを確認するにはF12キーを押すだけで現れてくれます.暇な人は試してみましょう.現状Speed dial2 で広告を管理しているエレメントはおそらくnews-modal属性だと考えられます.というのもnews-modal属性の中に広告を表示するクラスがあったためです.
イメージ 2

じゃあそれなんじゃないのって思うんですが,自分はHTMLだとかCSSに関しては本当に全く知らないド素人でして,この情報も本当に正しいのか(さらに言えばクラスだとか属性とかいう言い回しでいいのか)さえわからない状態でしてw てことでパソコンを数年ほどいじってきた感覚からするとこのあたりが広告を表示するためのエレメントなんじゃないかなーって思ったわけです.まぁエレメント非表示にしたら消えたしぶっちゃけこれが正解なんじゃないかなって思ってるわけですがw

調べてみたところ,広告を表示する要素はid="news-modal"で指定されていました.ということで設定の方に行きます.設定は簡単.新しいタブページで右クリック>オプション(またはSpeed dial2のアイコン右クリック>オプション)>ブックマークの外観でカスタムCSSを追加という項目に

#news-modal {
  display:none !important;
}

と書き込むだけ!既に何か書いてある場合は書いてあるものを消さないように追記しておきましょう.これだけ!

ここでもう少しCSSについて.F12キーを押して消したい要素がid=で始まっている場合とclass=で始まっている場合があります.例えば上の画像で示した広告を示す要素はclass="model__container"となっています.たとえばこの要素のみを消す場合は

.model__container{
  display:none !important;
}
とすることで消すことができます.こんな感じ

イメージ 3

背景が若干暗くなっていることがわかるでしょうか?実は広告を表示する要素の中に背景を若干暗くする要素も入っているようです.
んで,ここで言いたいことはid=で始まっている要素は「#」,class=で始まっている要素は「.」で指定することができるということです.先ほど示した2つのCSSコードを見れば分かる通り,
id="abcde"で指定されているものは1行目を #abcde {
class="abcde"で指定されているものは1行目を .abcde {

にしましょう.そうすることでオブジェクトを指定することができるようです.つまるところ,今回広告を消したい!って目的でこの記事を読んでいる方は一番最初に示したCSSを書き込んでおくだけでOKです.

以上です.めっちゃ簡単ですね!これでうざったい広告ともおさらばです!もしもまた広告が表示されるようならこの記事の情報は役に立たなかったということで忘れてください(^^; 教えてくれるとうれしいです〜.

ではでは快適なネットサーフィンを楽しんでください.
次回はandroidの話か,CSSで遊ぼう!みたいな記事を書きたいな〜

この記事に

開くトラックバック(0)

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事