全体表示

[ リスト ]

検非違使参上

 (出陣暦(カレンダー)はタイトルの「全山陰…」を軽く一押し)
 
 皆様、武録、お読み頂き、だんだん辱なうござりまする。
 
 本日のさむらい・うらない(主に松江市内で時代劇装束(さむらい、忍者他)の人を見たとき、その持ち物で占いができます)でござりまするが、その基本は、
会えるかどうか分からない緊張感と、
思いがけない所で見かけた幸福感と、
何を持ってるか、どんな運命なのかを探す心躍る躍動感、
 
皆様の日常に、ハラハラとドキドキとワクワクを。
  
 
<新面子>
 夜の検非違使だった。
 →闇を恐るるべからず。闇を恐るるその心を恐るるべし。
 


<レギュラー面子> 
 
 千両箱を持っていた
 →本日、金運好調。
 

槍を持っていた
 →(一番槍ということから)本日、仕事運好調。
 
弓矢を持っていた
 →(ハートを射止めるということから)本日、恋愛運好調。
 
床几を持っていた
 →(座るということから)本日、物事は居座り進展せず。
 
太鼓を持っていた
 →(太鼓もちから)本日の言葉は虚ばかりなり。
 
新撰組衣装(武田観柳斎)だった
 →本日の言葉は「誠」なり。
 
 
雲州新撰組だった
 →「縁」がすぐ後ろに
 
 
 
元新宮党の刺客(神在一刀流、陣笠、手甲、伽藩、草鞋履)だった
  →己が才覚のみをあてにせよ
 
 
子連れ狼(エコ連れ狼)だった
 →(エコ連れ=くず拾い)心が浄化される。
 
 
白忍だった
 →(捨忍ということから)命をかけてでも大切なものを守るべし。
 

出雲産火縄銃「嫁ヶ島筒」を持つ津田蕪村坊積算(つだ・ぶそんぼう・せきさん)だった。
 →狙いは百発百中。


食事中だった
 →(腹が減っては戦ができぬ)次の一戦に向け英気を養うべし

 
茶飲み中だった。
 →慌てない、慌てない。一休み、一休み。


継のあたった袴をはいていた(大庭源助だった)。
 →文字通り、一所懸命になれ。


力士(怪力無双の御庭番、陣内牛吾)だった。
 →全力でぶつかれば、倒れぬ敵はない。


鳥見役をだった。
 →(大空を舞うごとく)鳥の眼で物事を見よ。

普請奉行(高城権兵衛:権八の御先祖様)だった。
 →難攻不落の城は人より成る。


破れ傘を持つ医師だった(破れ傘刀舟だった)
 →(ボロは着てても心は錦。)見た目に惑わされるな。
 (ただし、この破れ傘は雨天時のみとなります) 



破れ傘を持つ牢人者だった(斧定九朗だった)
 →(世の中のことは全て)五十両
 (ただし、この破れ傘は雨天時のみとなります) 
  
 
御奉行様だった(采配を持っていた)
 →保留の案件に、白黒お裁きを下すべし。
 

冬蛍(電飾甲冑)だった
 →迷いに光が差す
  
 
 亀田山社中(白袴)だった
 →(後の海援隊から)細事にとらわれず、世界に眼を向けよ
 
 
総髪を白で結わえ背負い刀の剣豪(吉岡清十郎、仙石新八郎) だった
 →己が剣は己が為に非ず、他が為にある
 

「海」の御仁、浦島汐見介康政(浦島太郎次郎直康から七代目)だった 
 →御長寿なり 
 
 
 襷がけで、配膳・皿洗等の助太刀姿だった。
→直面している難事に「助っ人」現る。
 (ただし、この助太刀姿は「ちどり茶屋」「なくりあ」のみとなります) 
 

落ち武者だった
 →あなたの不運を代わりに落ち武者が引き受けます。苦しみ、痛み、縁を切りたいこと、消したいことを、落ち武者が視界にある間に、心の中で三度唱えてください。
 
軍学者(気象予報士・占術師)だった。
 →前を向けば、道は見える
 
 
急ぎ足だった
 →急用でござりまするゆえ、お呼び止めになりませぬやう。
  
 
オツムの至らぬ者だった。
 →実害はございませぬゆえ、お棄ておきくだされ。
 
 
 是非、車窓から、或いは散歩の折、お楽しみくだされ。
 
 
 
ご覧の風景は
 
 
提       供
 
 
 「楽しい!」製造業
 
 雲州粋縁
 
 
We are SAMURAi Company
 
亀田山社中
 
 
でお届けしました。
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事