全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全926ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

(出陣暦(予定表)は、タイトル下の「萬侍事…」を軽く一押し)
 
 皆様、武録、お読み頂き、だんだん辱なうござりまする。
 
 本日のさむらい・うらないでござりまするが、以下の面子が登場の予報がでておりまする。
(予報は、亀田山社中予報班の予報に基づきます。外れる場合があります。その場合、こちらでご確認を)

「予告編」ってどういうこと?…こういうこと


 まずは諸色物見役をご覧になった方の運勢は、

「刀槍合わす前に、勝ちを決めよ」
に。



 そして普請方高城権兵衛をご覧になった方の運勢は、

「難攻不落の城は人で成る」
でござりまする。 


 さらに力士水夫を、ご覧になった方の運勢は、

「力いっぱい漕ぎ出せ」

でございまする。


 さらに鉄路検非違使を、ご覧になった方の運勢は、


でございまする。

 さらに食事姿を、ご覧になった方の運勢は、

「腹が減っては戦はできぬ」

でもございまする。


 さらに茶飲み姿を、ご覧になった方の運勢は、

「慌てない、慌てない。一休み、一休み」

でもございまする。


わさふ部とも連動する御用商人「滝川石益」をご覧になった方の運勢は、
 
「商売繁盛」
でござりまする。

また、滝川石益は各地を周り情報を集める草の者でもあるため、ご覧になった方の運勢は

「知ることこそ勝ちに繋がる」
でもござりまする。

 さあ、町のどこかに「さむらい・うらない」。幸運は思わぬところに、転がっているものにござりまする。
どうぞ、幸運を探してみて下され。本日は主に城内見廻にござりまする。





 そしてこの御仁も。 
  
 
 
 さらに新撰組しまねもんも登場。ぜひこちらも。 
 

 最後に城内には「オツムの至らぬ者」がおりましたが、実害はございませぬゆえ、お棄ておき下され。
「愚かな者を見るな。その言葉を聞くな。また彼とともに住むな。」---大法螺、より
オツムの至らぬ者をご覧になった方の運勢は、

「馬鹿も休み休み言え」

でございまする。


 明日もお楽しみに。
 
 
 
 
ご覧の風景は
 
 
提       供
 
 
 「楽しい!」製造業
 
 雲州粋縁
 
 
We are SAMRAi Company
 
亀田山社中
 
 
でお届けしました。
 
 

世間

(出陣暦(カレンダー)はタイトルの「萬侍事…」を軽く一押し)
 
 皆様、武録、お読み頂き、だんだん辱なうござりまする。

s世間ではいつもどうでもいいことが一番問題にされる。


キェルケゴール「死に至る病」より



政治・経済・環境・道徳、あらゆる面で、今の日之本が参照にすべきは明治の御代ではなく、江戸時代・成熟した封建時代ではないでしょうか?そういう意味で「封建時代学部」を、そういう名称があるかどうかは別にして、名乗りたいと存ずるのでござりまする。単に封建時代を賛美して終わるのではなく。
(毎週金曜日に新規公開の予定)


 公がいちばんきびしき当ったのは大名という支配階級の領主であり、次にきびしく当ったのが行政官である武士、それから町人の順であった。
物の不足な時代だから悪質な町人はいやでも儲かる。そこで、どんなに儲けても、奢侈禁止令を用意しておいて、その生活面から彼等の横暴を押えて行こうと考えた。そうした点はむしろ、今日の社会主義などより遥かに周到な用意を持っている。
こう書いて来れば、公のめざした政治の実態が、かなりハッキリして来るであろう。
公はゼロに等しい戦国の貧しさから抜けだすために、何よりも先ず義務負担の公平、犠牲の公平を政治の主眼にしていたのだ。特に怠惰のまま贅沢出来るような不労階級の出現を許さず―つまり、正直者がバカを見ることのない国づくりでなければ、平和は続かないという大信念で、自分もまた麦めしを食べ続けていたわけである。

山岡荘八(87)「史談 家康の周囲」p161より 
 
 
ご覧の風景は
 
 
提       供
 
 
 「楽しい!」製造業
 
 雲洲粋縁
 
 
We are SAMURAi Company
自由なるを業とする
 
亀田山社中
 
 
でお届けしました。

移設完了

(出陣暦(カレンダー)はタイトルの「萬侍事…」を軽く一押し)
 
 皆様、武録、お読み頂き、だんだん辱なうござりまする。

本拠地の移設が完了いたしました。

なんだこれ?の想いもこめて。



私たちは、あくまで「人財」と考えております。
ゆえに、人材としか考えられず、人件費を支出として考えられない、
何でもボランティアにやらせて、「生きがいを支援する」などとは
口が裂けても言うまい。

社中語録」より


政治・経済・環境・道徳、あらゆる面で、今の日之本が参照にすべきは明治の御代ではなく、江戸時代・成熟した封建時代ではないでしょうか?そういう意味で「封建時代学部」を、そういう名称があるかどうかは別にして、名乗りたいと存ずるのでござりまする。単に封建時代を賛美して終わるのではなく。
(毎週金曜日に新規公開の予定)


 公がいちばんきびしき当ったのは大名という支配階級の領主であり、次にきびしく当ったのが行政官である武士、それから町人の順であった。
物の不足な時代だから悪質な町人はいやでも儲かる。そこで、どんなに儲けても、奢侈禁止令を用意しておいて、その生活面から彼等の横暴を押えて行こうと考えた。そうした点はむしろ、今日の社会主義などより遥かに周到な用意を持っている。
こう書いて来れば、公のめざした政治の実態が、かなりハッキリして来るであろう。
公はゼロに等しい戦国の貧しさから抜けだすために、何よりも先ず義務負担の公平、犠牲の公平を政治の主眼にしていたのだ。特に怠惰のまま贅沢出来るような不労階級の出現を許さず―つまり、正直者がバカを見ることのない国づくりでなければ、平和は続かないという大信念で、自分もまた麦めしを食べ続けていたわけである。

山岡荘八(87)「史談 家康の周囲」p161より 
 
 
ご覧の風景は
 
 
提       供
 
 
 「楽しい!」製造業
 
 雲洲粋縁
 
 
We are SAMURAi Company
 
亀田山社中
 
 
でお届けしました。

残:44万0901討死

 (出陣暦(カレンダー)はタイトルの「萬侍事…」を軽く一押し)
 
 皆様、武録、お読み頂き、だんだん辱なうござりまする。
「100万回討たれた侍」カウントダウン、ここまであれこれ含め251160討死。
 よって、残りは44万0901討死となりました。寿命がつきるが早いか、100万回討たれるが早いか分かりませぬが、諦めず、一日白(99)討死目指して精進して参る所存にござりまする。


 是非、車窓から、或いは散歩の折、お楽しみくだされ。



 もしかするとこの御仁も。 
  
 
 
 さらに新撰組しまねもんも登場。気になる方は、ぜひこちらを。 
 

 

 最後に城内には「オツムの至らぬ者」がおりましたが、実害はございませぬゆえ、お棄ておき下され。
オツムの至らぬ者をご覧になった方の運勢は、

「本日、馬鹿も休み休み言え」

でございまする。


 どうぞお楽しみに。
 
 
 
 
ご覧の風景は
 
 
提       供
 
 
 「楽しい!」製造業
 
 雲州粋縁
 
 
We are SAMURAi Company
 
亀田山社中
 
 
でお届けしました。
 
 

 

自宅でコーヒー占い

(出陣暦(カレンダー)はタイトルの「萬侍事…」を軽く一押し)
 
 皆様、武録、お読み頂き、だんだん辱なうござりまする。
 
 マニアに好評の自宅でコーヒー占い。





よりそいさざえさん
→おっちょこちょいだが、頼りになる援軍がそばに。

水道の騎士
→同じく、生命線(水)を握る重要な援軍


といった具合。

また、今月三次出陣、お近くの方は、こちらへ。
------------
 08月10日(金)
10日市
------------
 
お待ち申し上げまする。
 
 
ご覧の風景は
 
 
提       供
 
 
 「楽しい!」製造業
 
 雲洲粋縁
 
 
We are SAMURAi Company
 
亀田山社中
 
 
でお届けしました。

全926ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事