全体表示

[ リスト ]

ラバーダム防湿

こんにちは。
今回のテーマは根管治療。
根管治療とはいわゆる『根の治療』『神経の治療』などと言われるものですが、
根管治療の前にまずは歯の構造を説明いたします。
歯は最表面がエナメル質、次が象牙質、中心に歯髄といういわゆる神経と呼ばれているものが
存在しています。神経を抜くというと、紐や糸のようなものを歯のなかから『つん』と抜くイメージ
をお持ちの方も多いと思いますが、この歯髄は、決して単純な紐状ではなく、とても複雑で、生のエビのしっぽや生のカニの足の身のようなプルプルした組織で、かついくつにも枝分かれしているものなのです。
この歯髄が感染すると自発痛という黙っていても痛い状態になってしまい、歯髄を除去しなければいけなくなります。これが歯髄炎という状態です。
歯髄炎で、自発痛がある場合は概ね感染した歯髄を除去する抜髄という処置をします。細菌感染した歯髄を除去した後の空洞には細菌が生息できないように密にガッタパーチャというゴムで栓をします。(根管充填)こうして根管治療が終わり土台や、被せもので蓋をします。

これら一連の治療が根管治療で、この治療中に歯の中に細菌が感染しないように細心の注意を払って治療を行います。その際、口腔内は常在菌などの細菌だらけの唾液で満たされていますので、その唾液が根管の中に入ってしまうのは非常によくないことです。根管治療を実際行っている最中は、根管への細菌感染の恐れがあるため、うがいはもちろんできません。プリズムタワー工藤歯科では100%ラバーダム防湿テクニックをして根管治療をして、細菌感染から歯を守っています。残念ながら日本ではあまり普及していませんが、欧米などの専門医では常識です。

根管治療をお受けになるときはラバーダム防湿テクニックをして、根管内を拡大して見ながらチェックしている歯科に行くのがよいと思います。

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事