みちのく激釣日記

2012年夏に仙台に引越してきて、冬に完成した新居に入居しました。約20年振りの地元復帰です。

全体表示

[ リスト ]

久し振りの投稿…約1年振りです。
 
早いもので、昨年の7月に仙台に来てあっという間に10ヶ月が経ちました。
この間、家が完成し、子供は幼稚園に入園し、仕事もバタバタしてたり…と、盛り沢山過ぎて
釣りにはなかなか行けない状況です。まあ慌てることもないので、今は慌てずに流れに逆ら
わず緩やかに過ごそうと思っています。
 
さて、最近は、どんな庭にしようかとか、どんな木を植えようか、どんな物置を…という感じで、
もっぱら「家」にまつわる話題が中心の生活ですので、新たに「家」という書庫を作りまして、
その一部を綴ることにします。
 
【物置小屋自作の決意】
私の場合、やたらと荷物(主に釣具)が多いので、大き目の物置は必須アイテムです。
なので、家を建てる際には早い時期から物置についていろいろ検討しました。
金属製の物置は耐久性や機能性で優れていますが、やはり外観が味気ない感じで、
どれも一緒に見えてしまう…ということで、家族ともいろいろ相談のうえ、設置やメンテナンス
の手間は掛かるけど、納得がいくものを選んだほうがよいという結論で、北都物産さんの
木製物置小屋キットを購入して自作(DIY)に挑戦することにしました。
 
当初は、庭屋さんに物置の設置、組立をお願いしようと考えていましたが、会社の同僚からの
「絶対に自分で作った方がいい」、「自作は楽しい」、等の意見と、お勧めのホームセンターから
部品や工具のことまで、様々なアドバイスなんかの後押しもあって、悩みましたが、結局、
基礎作りから自分でやってみることにしました。
 
【北都物産の木製物置小屋キット購入】
ネットでいろいろ調べてみて、デザイン、作りやすさ、値段、耐久性等を総合的に勘案して、
北海道芦別町の北都物産さんの木製物置小屋キットを選びました。床面積は概ね
1.8m×2.7mで約1.3坪ほど。大きさにも手ごろな感じです。
 
3月に発注して、商品が届いたのは4月8日。JRのコンテナで届いたのですが、想像以上
の木材の物量と大きさで若干ビビリました。
その後、毎週末に少しずつ作業を進めて、昨日5月25日にようやく完成しました。
 
【基礎作り】
イメージ 1
基礎の束石を置く場所(12箇所)に、直径約
40cm、深さ約50cm近くの穴を掘り、そこに
砕石を入れてモルタルを盛って束石を固定
しました。
基礎の水平を取るために、透明ホースと水を
使って各位置の高さを決め、最終的には
手作業での微調整となり、ガタのない状態
に仕上がるまで結構時間と手間が掛かり
ました。
 
 
イメージ 2
位置と水平が決まったところで、耐久性を
持たせるために基礎部分の木材に塗装を
しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
【組立】
イメージ 3
横壁パネルは予め組まれた状態で送られて
くるので、これらを左右と床面に位置を微
調整しながらコーススレッドで固定していき
ます。
横壁を取り付ける工程は、思いのほか
スムーズにいき、半日で何とか終わりました。
 
 
 
 
 
イメージ 4
屋根のパネルは角材の骨組みと板が予め
組まれているのですが、それが大きくて
重くて、とても一人では持ち上げて乗せ
られませんでした。
なので、一旦、角材の骨組みと板を分解して、
持ち上げる部材の重量を軽くしたうえで、
職場の同僚に応援を頼んで屋根上げ作業
を完了しました。
 
 
 
 
 
【屋根張り】
イメージ 5
屋根パネルの上には防水シートを張り、
その上にアスファルトシングルを説明書を
見ながら地道に1枚ずつ貼っていきました。
固定はコーキング剤と屋根用釘です。
雨水が浸入しないように重ね方に気をつけ
ながら、丸一日屋根の上に乗って作業しま
した。
 
 
 
 
 
<(その2)につづく>
 

この記事に

閉じる コメント(1)

顔アイコン

おはようございます。

突然のコメントごめんなさい。

木製の物置を自作される方は、結構多いんですが、

基礎からとは、凄いですね!

お疲れさまでした&達成感でいっぱいだったでしょね。

2013/5/31(金) 午前 8:17 [ tqb*g*65 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事