新鬼の城yahooブログ版です

ブログはじめました。宜しく。。。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全326ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

昨日私は67歳になった。特別な感慨はないがよくもこの歳まで生きたものだ、と思う。昨年は体調が悪かったが、今年もそんな感じだ。風邪などをひくと治ったり、ぶり返したりの連続である。

まあ、そうは言えども日常は過ぎていくのであり、私が過去の総括を行うこともその「日常を顧みる」作業である。私は、昨年来から自己の総括作業に着手しており、年末から「考古学闘争」の総括を文章化している。だが、過去の出来事とそれに対して如何に対応してきたのか、これを時系列に整理してもどうしても矛盾点や、自分でも不明点が存在する。さらに、なぜ、あの時、あの行為と発言をしたのか、と言うことについて記憶が混濁する。

そう言う訳で遅々として進まないが、自己総括をやり遂げようと思う。何故なら今の「考古学状況=埋蔵文化財状況」の悲惨な現状に否定的ではあれ、関与した責任を感じるからである。
イメージ 1
このような過去の出来事を今掘り起こさないでどうするのか、と言う問題と、私も存在的比重は軽くてもその一端にいたということは紛れもない事実であると思う。

その意味で、精神的・肉体的にきついことなのだがこの作業を進めている。

この記事に

明けましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。昨年は風邪などで体調維持をかろうじて行いました。本年も風邪をひきっぱなしで年を越しています。但し、正月は地元の医院は営業をしておらず、昨日糖尿病・高血圧・前立腺炎症などの定期健診に行き、そこで風邪薬を処方してもらいました。

昨年は次女の死去をはじめ多くの方とのお別れがあり、私も何時そうなるのかと言う思いで過ごしました。今年もそのような思いで過ごすことになるでしょう。しかし、やり残しは少なくしたいものです。同人誌への寄稿なども続けたいと思います。

いずれにしても生き難い世の中ですが、本年もよろしくお願いします。

この記事に

今年もあと2日。。

今年もあと2日となった。思えば体調をどう維持するかに四苦八苦であった。来年もその継続だろう。年明け4日、5日と病院で定期健診とかの予約がある。この体調が原因で様々な関係者の方に迷惑をおかけした。

年末に及びここに記したいことが山ほどあるが(考古学・埋蔵文化財・政治状況・・・・)、少しだけFBに記しておりここでは割愛する。それにしても精神的にも肉体的にも厳しい年であった。来年もそうなるだろう。

以下「野次馬雑記」さんのブログから、獄中で闘病生活を闘う重信房子さんの獄中便り「オリーブの樹」を転載する。獄中にいても社会を見つめるまなざしは感動すら覚える。

No481 独居より 重信房子さんの近況 2017年8月19日〜11月8日

記事をクリップするクリップ追加

重信房子さんを支える会発行の「オリーブの樹」という冊子には、重信さんの八王子医療刑務所内での近況などが載っている。私のブログの読者でこの冊子を購読している人は少ないと思われるので、この冊子に掲載された重信さんの近況をブログで紹介することにした。
当時の立場や主張の違いを越えて、「あの時代」を共に過ごした同じ明大生として、いまだ獄中にある者を支えていくということである。
今回は「オリーブの樹」140号に掲載された重信さんの獄中「日誌」の要約版である。(この記事の転載については重信さんの了承を得てあります。)

イメージ 1

独居より 8月19日 〜 11月8日
8月19日 久しぶりの晴れ間に蝉が鳴いてにぎやかな夏! と思ったら、夕方から大雨。今年は、もうクラッとする灼熱は味わえないままに秋に向かうのでしょうか。もう一回くらい「暑い!」とバテる程の夏が欲しい! (中略)

8月21日 連休全体が明けたようですが、まだ学校は夏休みです。7月に雨が降らなかった分、8月は梅雨じめり続き、今日も曇天です。
今日は午後CT検査。昼は延食です。今日は血圧が低く、98と57ですが元気。CT撮影も、主治医がCVポートから造影剤を投入します。すぐに終了。戻って、よく食べました。いつもはお腹がすかないうちに食事の時間になるのですが、今日は14時からだったので、しっかり食べました。(中略)

8月31日 あっという間に八月尽。今日は台風の影響で肌寒い日となりました。Yさんが送って下さった連赤関連の高原さんの文章、今日受け取りました。同時に受け取ったUクンが送ってくれたものと重なるものもありました。「赤軍派が残した3つの問題 連合赤軍とよど号ハイジャックと日本赤軍 人民闘争の中で対応を考えて下さい。2017年6月23日高原浩之」という文で各方面に配られているようです。
(1)が「連合赤軍45周年集会」批判。集会はなぜ殺された家族の感情を踏みにじるようなことをやるのか!と怒りの批判です。自分は赤軍派の7名の最高指導部の1人で、かつ殺された遠山美枝子の夫という二重の立場に立って文章を書いている、としています。集会には「路線の総括がない」と批判し、総括がない分センセーショナルに上辺だけ見てTVなどマスコミと同質であり、個人的資質論になるか、殺された者の家族の感情を踏みにじるしかない、と批判しています。
「この集会は、教訓は引き出すことが出来ないにもかかわらず、殺された者の家族の感情に何の配慮もせず、逆にそれを踏みにじっている。加えて、植垣など、生き残った(正確には他人を殺して自分が生き残った)連中に免罪符を与えている」と批判しています。高原さんが連赤の犠牲になった遺族の心情を代弁していることはとっても理解できます。遺族の方々への配慮に欠けた面も人選やテーマでもあったのかもしれません。
でも高原さんは「赤軍派の指導部の一人として」と「遠山さんの夫として」の二重の立場に立つとしつつ「家族としての立場」から「目には目を」の思想で告発批判しているように思えてなりません。「指導部の一員」の自己批判と責任の側からの思想的実践的立場が欠落しているように感じてしまいました。酷な要求かもしれませんが、指導部であった高原さんこそが煉獄の犠牲者家族の苦しみを越えて、植垣さんらと真正面から会い総括を求めてほしいと思います。そのこと抜きに「人民闘争の中での」総括は終わらないと思います。
「加害」の人々(この人々も十分苦しんで来たと思います)と犠牲者の家族は和解出来ないとしても、同じ運動でリーダーの一人だった高原さんこそ「加害」の人々の真摯な謝罪を橋渡しをしながら遺族をねぎらい教訓を整理していく責務があると思います。「加害」の人々もあなたが導いた人々なのです。赤軍派や狭い身内からではなく、人民的に見れば赤軍派も連赤も「党の役割」を果たさなかったことにおいて皆「加害」の位置にいるとも言えます。私含め「加害」よりも被った「被害」の側に身を置きがちです。
2000年に逮捕された後、接見禁止の解けた2008年からいろいろな人々に会えました。ある時面会した青砥さんから、赤軍派に彼が参加したきっかけが私だと知りました。初の赤軍派の政治集会に上京した青砥さんに会場の受付係の私が、赤軍派指導部に会うようにと引き合わしたとのことです。そうか……そのように私も人々の人生を転ずることをやってきたのだ……と改めて自覚しました。特に現思研の仲間たちには強くその責任を実感しています。遠山さんにもです。みな相互関係の中で過ちを再生産していました。「非加害」の側に身を置いては見えないものもあります。赤軍派も連合赤軍もまたそのような「被害」や「加害」不可分の中にあると思います。
高原さんの今回の批判が新しい何かを生み、共謀罪、安保法、改憲へと国家主義強権で進む日本の現実の流れに有効に抗する現在の実践に連なることを願っています。

9月4日 もうすっかり秋です。今日は房内検査で荷物整理(他の人より多い)を指示されました。資料や本など宅配で減らしているのですが根本的に改めねばなりません。(中略)

9月12日 今日はN和尚が法要面会に来てくれました。メイの友人のMちゃんも一緒に、兄の三回忌と彼岸、みんなの年中安泰や私の病気平癒も併せて祈念してもらいました。法華経を私も黙読しますが、なかなかお経についていくのが難しいです。でも、心地よい一時を与えてもらった感じです。感謝です。残った時間を、私に手紙や資料、書籍などを送ってくださる友人への感謝や話などで、あっという間の貴重な時間、「あと3分!」と、たちまち30分は終了。ありがとうございます。(中略)

9月14日 今日は、午前中の運動(ベランダ)の終わるころ、診察の呼び出し。汗がおさまらない中、汗を拭き拭き診察室へ。今日は胃カメラやCTの映像写真で説明してくださる予定です。ノートを房にとりに戻って診察室に入ると、CTフィルムに光を当てる台に乗せて、DRが熱心に注視しているところでした。CT写真を見る専門家が、肝臓に少し異変があると、主治医に伝えたとのこと。まだ小さい点のような黒いものがいくつか写っていることを示して、「あなたは肝炎を患ったことがないので、原発性の肝臓癌はありえないが、大腸・小腸からの転移はありうる。これが何か、専門家はまだ判断できないので経緯観察することになっている」と、おっしゃっていました。
CTに写るのは最低どの位の大きさか?と尋ねると、「5㎜位なのでしょう。5㎜以下はCTに写らないというので、5㎜位なのでしょう。何か癌でないものかもしれず、心配しても無意味なので気にしないように」とのこと。CTを頻繁にやって放射線を浴びるのは良くないので、3か月後くらいにまた、CTを撮ることになりました。「定期的にチェックしてもらっているので、異変も早く発見できて良かったと思う」と伝えて、CVポートのフラッシュをして診察を終えました。

9月22日 安倍首相と菅官房は露骨な解散方針。国民は怒らないのか? 北の脅威を利用して大勝狙い。でも保守乱立で浮動票が安倍に投じられるかは疑問です。それにしても米の戦争政策に舞い上がって、更なる圧力を求める安倍は国際社会で良識すらかなぐり捨てているよう。これも全部米トランプと国民向けの選挙対策でしょう。
米元大統領のジミー・カーターは 94年の戦争危機をトーンダウンさせ、北とも対話をさせた人物ですが、9月12日にトランプを批判しています。「米国は休戦協定を平和条約に格上げすべきで、そのためにトランプは金委員長と直接話し合うべきだ」と述べています。米が軍事合同演習を止めるところからアジアの緊張緩和がはじまるはずです。「核がある」という事実を確認しているのに米・日で「認めない」という方が危険です。北の核を認め、核管理体制を共同する方が戦略的選択肢でしょう。

9月28日 新聞を見ると「希望の党結党会見」綱領「寛容な改革保守」(27日夕刊)「民進の『希望』合流提案へ」「前原氏党公認出さず」(28日夕刊)と「希望」の改憲踏絵によって民進党をバラバラにさせる道へと小池、前原で話が進んだようです。
リベラルを排除し、安倍自民党と小池非自民党の両改憲勢力の政権を問う選挙とか。とりあえず安倍自民党と対決しつつ、公明党と連携して「希望」で政権狙いの小池流。でも自民より右も含めて「希望」に右潮流が続々参じています。政策で一致する野党勢力の育成に市民的リベラルの柱は今のところないようです。
共産党らを戦略的には支援しつつ当面「反『安倍自民』実現」が現実的なのか? 小池はもともとタカ派。流動はいいけれど民進は解体するし、その先が恐ろしい。もっとも自民の負けない小選挙区。しがらみ自民対公認欲しい雑多な「希望」という改憲勢力同士。「日本が変わる危険な選挙」となるのでしょうか。
 9月28日第二インティファーダから17年目。パレスチナではネタニヤフの強権益々アラブの混乱を望み、シリア内戦介入ばかりか昔からクルド支援。クルド独立支持はイスラエルばかりか米も本音は同じ。中東の戦乱は新たな火種を広げつつあります。一方ガザの「人道危機」は9月11日今年からハマースの新政治局長になったイスマイール・ハニヤがカイロでエジプト高官と討議し、その圧力かハマースの「ガザ行政委員会」解散に合意したとのこと。
17日ハマースが正式にガザ行政委を解散し総選挙に応じると表明。これに対してPFLPは歓迎を表明し、アッバース大統領府のイスラエルと一体のガザに対する措置停止を求めています。そして分裂を終わらせるためのPNC開催による政治プログラム合意の討議の続行を求めました。パレスチナに新しい動きは生まれるでしょうか?
様々に変化する世界を座して見つめるしかないのですが、心を鍛え判断を常に自己検証しながら72才の一歩を再び歩みはじめます。酉年のバースデー! みんなに感謝を伝えます。(中略)

9月30日 小池「希望」公認に「安保・憲法観の一致が条件」と表明。逆にこれでよかったのでしょう。民進党の水と油の改憲派とリベラル系が分かれて、市民の受け皿に「民進党」または新党で闘う条件がつくられるでしょう。でも、いつもリベラル派は戦略なしの後手後手。リーダーシップ不在です。共産党も実態にふさわしく名称変更し、国民の利益の側の受け皿を大きく育ててほしいものです。あっという間に九月尽です。

10月2日 ラジオのスポットニュースで、枝野らが「立憲民主党」を結成するとのこと。国民の大多数は、九条改憲を望んでいないので、それを実現する野党や市民の受け皿ができるならいいことです。(中略)

10月8日 今日は秋晴れ。今日までに「かつて10・8羽田闘争があった」を読み終えようと思いましたが、616頁もあってまだあと少し。大事な524頁からの「五〇年目の真相究明─山崎博昭君の死因をめぐって」の途中です。あの時の状況、精神、健全な世論と暴徒攻撃の警察、マスコミを思い返しながら読んでいます。

10月10日 今日衆院選公示。新聞休刊日でニュースも自由に聞けない房では気になります。「反安倍政権」で登場してはずの「希望」が、小池の「さらさらない」選別発言で流動。「立憲民主党」には「連合東京」まで支援を決めるほど追い風に。しかしマスコミ操作の自民党はこぞって小池個人や希望に批判を焦点化。そのお陰で安倍自民は漁夫の利の選挙になっています。どう考えたって「立憲民主」に刺客をたてる「希望」には希望がない。小池都知事選勝利も「風」もあったが「連合東京」や公明党の力が支えたのが大きかったのに。小池のあまりの政局作りや策略のあれこれも、実際に安保法制支持だし、鼻について国民も引いてしまっているのでは? それをマスコミが煽っている感じです。いつものように選挙でいじめられる役は、今回「希望」に向いて、「立憲民主党」への勢いには向いてないようです。何とか「立憲民主」「社民」「共産」が一議席でも多く!と。

10月13日 Mさんの便りで、10月5日の名古屋泉水国賠訴訟控訴審「ほぼ完全勝利でした。」と知り、嬉しくなりました。「面会・手紙という交通権は刑務所の受刑者の更生・社会復帰にとっていかに重要なものかということ、また外部の者にとっても受刑者との間でのコミュニケーションを通して人格の発展が図られる。この権利が剥奪されるようなことがあってはならない大切な事柄であるという、我々原告側の主張した趣旨が全面的に認められた画期的な判決でした。」とのこと、本当に良かった。苦労された弁護士に感謝し、泉水さん含め原告の方々に連帯!そして泉水さんの「与作」の歌をアラブで歌ったという松下竜一さんの本からのエピソードを泉水さんの人柄共々語っています。(中略)

10月24日 今日、全当選者の確定した新聞が届きました。3分の2以上の改憲派ばかり(当選者の8割超)投票率53.68と低い分、自民に有利だったようです。今回の選挙では、国民の声を反映したのは立憲民主党、という側面が次の可能性ですね。
自民党は、得票率比例区では33.3%ですから、全有権者の20%以下(17.5%)です。それが、全体を転換させる改憲に導こうと、再び政権を支配する日本です。東京ブロックでは、比例区の投票先は、自民30.42%、立憲23.58%、希望17.44%、公明10.81%、共産10.37%、維新3.32%、社民0.95%でした。共産、社民支持が「立憲」に流れたのです。
朝日新聞の試算では、小選挙区で、分裂野党の226区で与党が8割勝利していて、野党共闘が実現していたら、63小選挙区で逆転していたとのこと。単純にそう言い切れないとしても、互角に近い状態はつくられたでしょう。今回の選挙の教訓は、安倍政権に対して旗色を鮮明にして、かつ、保守層を含みうる国民的合意を示せば、政権交代に迫りうる、ということでしょう。
「国民的合意」は改憲に向かっていないのに(ことに9条)国会議員8割超が改憲の方向を向いていて、これから国の形を変えそうです。「天皇退位」「東京オリンピック」と、安倍政権の煽る「北朝鮮」と合わせて、大衆操作・国家主義が強まりそう。でも「立憲」が第一野党として、しっかり市民と連帯し、右に引っ張られずに野党共闘を作り出せれば、無党派層が支えるかもしれません。ニュースやTVのない獄で、新聞を読みつつ考えています。変化は流動をもたらすので良いことです。「自民」「希望」「維新」の似た者同士の路線にも、「情報公開」など違いもあるし、改憲以外で安倍政権を変える流れは作れないのか……と。「希望」も分裂や脱党もあるでしょうし。まずは「立憲」が数合わせより、市民・国民の投票の意図を汲んで今後進めば、5年10年後に期待できます。
パレスチナでは9月以来、ファタハとハマースの政治的和解が表明されています。12月1日にはガザ・西岸地区の統一政府が成立する予定で、話し合いを他の組織含めて行っています。しかし、米・イスラエルの介入と「オスロ合意」に縛られたパレスチナ自治政府の要求に、ハマースが「降伏」しない限り、実効性ある「統一政府」は難しい。その要は、ハマースの軍事部門の「解体」についてです。ハマースを含む反占領闘争(非武装も武装も)は、イスラエルの占領と表裏の関係にある分、イスラエルが武力と「封鎖」を解かない中で、ハマースが武装解除できるのか、疑問です。
常にイスラエルの介入で、パレスチナ内の対立は増幅させられてきたのですが、ネタニヤフは、すでにパレスチナ自治政府のファタハとハマースの統一政府が発足しても、和平交渉しない方針を決定しています。そして、ハマースの「イスラエルの国家承認、軍事部門の解体」などを主張しています。
「オスロ合意」では、イスラエルの承認・合意なしには、何事も成立しない構造がつくられており、自治政府が、イスラエルとの保安共同で「反テロ」の名で、反占領闘争を弾圧しつつ、もう一方の手で「統一政府」を目指しているのは二律背反です。その本質は、ハマースの武装解除を狙っているのが、米・イスラエル・パレスチナアッパース派らの思惑です。それを承知の上で、戦略的な前進のため、ハマースが「非武装」を受け入れるでしょうか。しかし、受け入れても、更に高いハードルを設定している米・イスラエルです。パレスチナの統一は「オスロ合意の脱却」以外、成立しません。
また、米・イスラエル・アッパース派の望む「統一」には、パレスチナの分裂しか成り立たないのが現状です。12月の統一政府発足を期待するパレスチナ人はほとんどですが、その実効性や持続可能性は、ほとんどのパレスチナ人は難しいと知っています。何故なら、パレスチナレベルの決定が生かされていないからです。
今日は久しぶりのグラウンド運動。もう桜の木が色づき落葉しています。それでも黄蝶、紋白蝶が舞い、タンポポが咲いている八王子です。気持ちの良い野外運動です。

10月31日 もう10月尽。屋外に出ると、厚い雲間に青空があり、曇ったかと思うと太陽が射し込む暖かい秋。もう桜の紅葉が塀際の並木を美しく変えています。
メルマガで10月14日のガーディアン紙」とのインタビューで元英首相のトニー・ブレアのこんな言葉を知りました。「ハマースをボイコットしたのは誤りだ。」「今考えれば、ハマースを対話の場に引き込み、彼らの態度を変える試みをすべきだった。イスラエルが強硬に反対していて、それは難しかった」などと述べています。外部のご都合主義の介入は、結局強硬なイスラエル政府の言いなりで、米国が後押しして「国際社会」の意見にさせてしまい、誤った道を作りました。
ファタハも自らの利益と外国援助金で成り立つ政府の現状維持で、現在に至る対立まで続きました。11月の統一のための全パレスチナ勢力の話し合いに注目したい。(中略)

11月7日 ロシア革命百年目です。革命をヒューマニズムの実現として世界の労働者たちは考え、西から東へと芸術家らも亡命していきました。労働者階級、自らを解放することによって、例外なく社会成員を解放する能力を持った階級としてヒューマニズムが描かれ、マルクスからレーニンへと。でもロシア革命によって、新しい世界が拓き、ロシアの地方性を「普遍性」として、それを教条したり押し付けたり。多くの過ちもあったけど、ロシア革命によって、資本主義も分配や社会福祉など成熟させざるを得なかったし、世界の抑圧された人々が結び合う力を育てたので、やっぱり偉大な現代史の出発点でしたね。
 今日は立冬。それなのに、タンポポや銀ヤンマが独り飛んでいました。暖かい小春日和のロシア革命記念日です。公正な富の分配、金銭に支配されない人間性の連帯、益々変革の必要を実感しつつ歩んでみました。 

11月8日 一転して小雨曇天の八王子。今日は17年目の逮捕記念日。様々の想いが胸をめぐります。あの人はどうしているだろう、まだ生きておられるか……と、当時の様々な国の友人たち含めて、断ち切れてしまった関係のその後を想像しています。お詫びと感謝しかありません。変革や闘った連帯の誇りに、反省すべき多くの事柄が軽々とならないよう心して進みます。これまでのみんなの支援・友情に感謝し、再会を誓って学び、心身鍛えねば!と強く希求する逮捕記念日です。いつもありがとうございます。(中略)

11月9日  今日、受け取った「支援連ニュース」にAさんの書いたとってもわかり易い、泉水さんの国賠訴訟の事が載っていました。「泉水博さんとの面会交通権裁判の控訴審、勝ったぞ! 被告・国側は上告せず」のタイトルです。
「2006年の監獄法廃止と、その後の『刑事被収容者処遇法』は、社会関係を遮断する監獄法の考え方を改め、広く外部交通が認められるようにすべき、と規定しているととらえ、外部交通を積極的に認め、交友関係の維持も、通常の交友関係であれば足り、その長短や濃淡は問わないとして、受刑者との面会それ自体が改善更正と社会復帰に資するものであるから、刑事施設の長の裁量の幅は、相当程度制限されるものと解され」と、判決で述べているとのことです。当然でまっとうな判決です。
施行の当初は法の精神に則って面会、私も可能で友人たちと会いました。ところが2011年秋から、八王子でも親族と、特別な理由、身元引受人以外、不可となりました。泉水さんの判決勝利によって、今後運用幅が広がるといいのですが…。
また、「日本赤軍云々」という国・被告の論理も、すでに解散しており、面会や文通があったとしても、他のメンバ−と意思を通じるとか、刑事施設の規律や秩序を害したり矯正処遇の実施に支障を生ずるおそれがあったとは認められない、との判決。これで、泉水さんを案じて面会してきた戸平さんもまた会えますね。親しかった間柄、友人として家族として、再び面会可能は嬉しいです。
この裁判を、無給で徹底して論理的に裁判所に訴え続けてくださった安田弁護士、山下弁護士には、心からお礼を申し上げます。Aさんから、どうか伝えてください。また、共に闘ってくださった皆さん、ありがとう! まだ、他の泉水さんの公判が続きますが、泉水さんも元気で闘いを選択したことで受けた嫌がらせなど、乗り越えて進むと確信しています。藤山雅行裁判長に、国は上告の論理なく諦め、勝利確定! ですって。うれしいですね。このニュース。

(終)

この記事に

風邪が治らず日常生活もままならないが、今朝は水以外何も飲まずに荻窪病院で被爆者2世を対象にしたガン検診に行く。

風邪が治ってkらにしようと病院と話したが、予約の関係で今日しかないと言う。そこで、嫌でも行かねばならず(キャンセルするなら別だが)今日行くことにした。幸い熱は微熱であるし、病院の最近距離の駅まで電車で行きそこからタクシーで行く。

ココのブログも更新ができないがこういう状態であるのでお許しを乞う次第だ。

この記事に

風邪が治らない。。

糖尿病による免疫力の低下によるのかもしれないが、風邪が治らない。外にはできる限り出ないで自宅で文章書きや資料読みを行っている。入浴もせずシャワーで簡単にクリアーしている。地元の内科にも通院しており、無理をしない生活をするようにとの指示を得ている。

喉・鼻水・痰・咳とのセットである。12月になると寒さが厳しくなり、動物性たんぱく質も摂取しているが、そう簡単には治癒しないのだ。まあ、来週はがん診断があるし、明日は心療内科の定期検診があるのでそれぞれのところで相談してみよう。さらに、地元の内科での検査結果によると肺炎までは患っていないようだ。

しかし、今のこの国の政治状況はウルトラ反動的であり、朝鮮侵略戦争体制に向けて「戦時体制」ともいうべき状況である。また、慰安婦はなかったなどの歴史修正主義の横行が激しい。世の中のことなど考えずに、自分の体調を治す方が先決だろうが気になってしょうがない。慰安婦については中曽根元首相がペラペラと以前喋っているのだ。

中曽根元首相が「土人女を集め慰安所開設」! 防衛省に戦時記録が

詳細は「リテラ」にいて参照のこと。http://lite-ra.com/2014/08/post-413.html

いずれにしてもこの国は「あったこと」を「無かったこと」にしたいのだ。過去の戦争犯罪は全て美談にする。こういうのを歴史修正主義と言うのだが、過去の歴史と向き合えない国の未来はないと思え!

この記事に

全326ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事