玉、琢かざれば、光なし

このブログでときどき自分の思いをつづります。頻繁に更新はしません。すみません。

開高先生の番組を企画プロデュースしました!

開高先生の2時間スペシャル番組が放映されます。
 
放送局:BS−TBS
日 時:2012年3月18日(日)夜7時から
題 名:「漂えど沈まず 小説家・開高健の遺した言葉」

案内役:小林薫
監 修:岩切靖治(前読売広告社会長・すべての開高スペシャルに同行)
協 力:鯉渕信一 (亜細亜大学名誉教授)


開高先生が亡くなって、23年。
日本はぐちゃぐちゃになっている。
先生が予見された通り、人間が小粒になってしまい、
問題を解決する能力が極めて乏しい。
社会が多臓器不全の状態になっているというのに
打つべき手が打たれない。
もし、いま開高先生が生きていたら……。
 
小林薫さんは、ゴルバン・ゴル計画以来のモンゴル再訪。
あれからモンゴルはどう変わったのか?
タリアット村を再訪。開高先生ゆかりの人々に出会う。
モンゴルの民主化とは…。

未発表のインタビュー音源。
母校天王寺高校での講演録。
これまで一切を話さなかった読売広告社で
開高スペシャル責任者だった岩切靖治氏が、
さまざまな思い出を語る…。

いまの日本に開高先生が生きていたら…。
開高先生ゆかりの方々が登場し、開高先生像を語ります。
これまでテレビに登場しなかった開高先生の関係者が
開高先生の人となりを語ります。
ぜひご覧ください。
 
番組宣伝用の葉書に、
次のようなキャッチコピーを考えました。
 
  あの喋り方。
  あの笑い声。
  あの優しさ。
  ごぞんじ、
  小説家・開高健、
  23年ぶりの
  ご帰還であります。
  とっておきの一杯を
  ご一緒に。
 
採用されなかったコピーにはこんなものもあった。
 
  地震。津波。放射能。風評被害。
  明日、世界が滅びると思えた時に、
  私たちは、林檎の木を植えようとしただろうか。
  「人間らしくやりたいナ」
  あの哄笑、あの大音声が、23年ぶりによみがえる。
 
別の案。
 
  大地が揺れた。
  大波があらゆるものを飲みこんだ。
  人々は、いまだ彷徨い歩いている。
  もっと光を!
  もっと言葉を!
  生きていたいと思う、すべての人たちへ。
 
コピーを創りだすのは非常に難しかった。
いい勉強になったなぁ。
 
最後に、限定1000枚の番組宣伝用葉書をごらんあれ!
イメージ 1
 
ご覧いただき、いい番組じゃないかぁ、と思われたら、
BS−TBSに「再放送してほしい!」とご要望くださいまし!
 
追伸
 選曲も…。
 エンディングにかかる曲は、
 サラ・ブライトマンの「Anytime Anywhere」です。
 別名、アダージョ・イン・ジー・マイナーとか
 アルビノーニのアダージョと呼ばれます。
 ぐぐっときます。タオルを忘れずに!
 「耳の物語」のラストに登場しますね。


 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事