玉、琢かざれば、光なし

このブログでときどき自分の思いをつづります。頻繁に更新はしません。すみません。

全体表示

[ リスト ]

名文家は原稿用紙のマス目を埋めた文字に味がある。そう思っている。
達筆でうまい字だなぁと思ったのは、中島敦と森本哲郎さんだった。
一般人では、ヤマケン先生と中川真先生のおふたり。
 
一度見たら忘れない文字は、井上ひさし先生だな。
「書きかた」の時間に硬筆の授業で教わるような文字ではないが
マス目のひとマスひとマスに丁寧に書きいれられた愛くるしい文字。
金ペン堂調整の万年筆でマス目を丁寧に埋めていくと、不思議と同じような文字が書けた。
 
 
イメージ 1
そして、開高健先生。「開高書体」とも呼びたくなるようなオリジナルの書体。
ひらがなの「れ」「な」「ひ」には開高先生のクセが特にはっきりと表れている。
 
イメージ 2
ご覧いただいているのは、26日発売予定の『開高健 直筆原稿版 オーパ!』です。
出色の出来栄え! 見ていて飽きない。文字を読んでいくと開高ワールドに引き込まれていきます。
これで1冊3000円+税は、安いなぁ。
手書きの文字に御興味のある方々、万年筆愛好家の皆さん、これはもう一家に一冊の必携本でっせ!
 
イメージ 3
あれはいつの年のことだったか…。
開高先生のボジョレーの会で、
世界で1,2を争う開高ファンのI親分と、小生とで、
集英社の菊池治男さんに“直談判”をしたことがあった。
「開高先生の代表作の中で『オーパ!』だけが特装本がありません。集英社は作るべきです!」
華やかでフルーティーなボジョレーワインをゴックンゴックン飲んだ後のことだったからかもしれないが、
前後左右なにもわかっていない生意気で、不躾で、減らず口の小生が、
開高先生や高橋さんとアマゾンに取材に同行した名編集者の菊池治男さんに自説をぶちまけたのだった。
I親分は至って冷静に、社会的な意義や出版によって巻き起こる影響を説明しながら、
平身低頭「お願いいたします!」を繰り返したのだった。
菊池治男さんは覚えてくださったのだった。
おととい電話がかかってきて、
「素晴らしい本に仕上げましたよ。喜んでもらえると思います」
とやさしい声で、訥々と語ってくださったのだった。
I親分、乾杯!
菊池さん、ありぃがっとぉ! サンクス・ビリオン!
 
イメージ 4
ブレンドウイスキー「サムシング・スペシャル」をグイッと飲んで、今日はこの本を枕元において寝ます。
 
 
 
 
書きたいことが山ほどあるので、明日も記事をアップします。足澤公彦拝
イメージ 5
 

この記事に

閉じる コメント(6)

顔アイコン

野口シカ(野口英世の母)の野口英世に当てた手紙も実物を見たことがありますが、泣いちゃいました。
聖武天皇や光明皇后、最澄、空海等能書家と呼ばれる方々の書蹟も見たことがありますが、それと知られた方達の書は味わいがありますよね。

2010/4/21(水) 午前 6:59 idesituki 返信する

顔アイコン

字は性格を表すといわれますが、直筆は活字にはない息吹が感じられます。
私はkugel_149さんの書体が好きで、こんな書体で原稿用紙を埋めることができたらいいなと思うファンの一人です。

ぜひ、直筆の「金ペン堂物語」を書いてください。

2010/4/21(水) 午前 7:54 [ 原稿用紙一枚 ] 返信する

顔アイコン

これはいいですね。ブログでも直筆やっているウチにとっては参考になりますね。Amazonで予約しちゃいました。

2010/4/21(水) 午後 8:52 ムーミンEF551 返信する

顔アイコン

にえもんはんさま
野口英雄博士のお母様のてがみ。みたことあります。文章も最高ですよね。書蹟をゆっくり鑑賞したいなぁと最近思っていたところです。

2010/5/2(日) 午後 10:21 [ kugel_149 ] 返信する

顔アイコン

原稿用紙一枚さま
ははぁぁ。いつの日か。

2010/5/2(日) 午後 10:22 [ kugel_149 ] 返信する

顔アイコン

ムーミンさま
いかがでしたか?もう御高覧されましたか?

2010/5/2(日) 午後 10:23 [ kugel_149 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事