玉、琢かざれば、光なし

このブログでときどき自分の思いをつづります。頻繁に更新はしません。すみません。

全体表示

[ リスト ]

イメージ 10
今日取り上げるのもフランスのペツル社のライトです。
 
イメージ 1
その前に、モンベル社のコンパクトヘッドランプを。
いま、一番のお気に入りが、実はコレ。
モンベル社の製品です。
ところが、コレ、既に完売。
今期の生産・入荷はもうない、と。
あちゃー、まいったなぁ。
 
イメージ 2
モンベル社のホームページにはこんな紹介文が。
山小屋やテント内において、灯りを点けたい時や食事中など
周囲に配慮したい時に嬉しい電球色LEDと、
歩行時に有効な高輝度白色LEDの2色を採用しています。
点灯時は温もりのある電球色の光からスタートするため、
目に優しく周囲に配慮した仕様です。
点灯モードに関わらず、3秒以上同じモードで点灯を続けると、
次にボタンを押した際は消灯します。
 
いやぁ、よくできてるんだ。
完全防水ではないけれど、全方位防滴処理がしてある。
電池は単31本。
それで、電球色だと75時間、
白色LEDのLOWだと59時間、
白色LEDのHIGHだと15時間、使えるのだ。
比較的安価で、電池も持つ。軽いから、装着しているのも忘れちゃう。
 
装着?
実は、これ、最近、寝るときに着けてます。
そう、読書用に使ってます。
軽快なので、装着している感じがしません。
 
イメージ 3
読書用のライトってなかなかいいのがないんだ。
旅先でもそれは言える。
開高先生もエッセイで書いておられたなぁ。
 
LEDの白色光だとちょっと明るすぎるんだな、読書には。
ジャスミンティーもいいけれど、
電球色のやわらかな灯りでの読書も
眠り誘う薬.......なんだ。
 
それと、ウトウトってきたときに、
ルームライトや枕元のライトを消そうとすると、
つい眠気がどこかへいってしまう。
 
だけど、これなら、うまく眠りに移行できる。
眠くなってきたら、とにかく消す。コレがポイント。
 
まだまだ、ってがんばっちゃうと、
つけっぱなしでZZZとなる。
1回だけやっちゃった。
オシッコで目覚めたら、天井に灯りが射していて、
それはそれで便利だったけれど…。
 
もう1個予備にほしかったけれど、
すでに完売とは。
先月、神保町で売っていたときは、山積みしてたのにぃ。
大事に使うとしよう。
寝るとき以外は使うまい。
 
 
 
で、2番目に気にいってるのをご紹介。
「e+lite」(イーライト)といいます。
 
イメージ 4
前回取り上げたピクサ3に比べて、小型で軽量です。
ピクサ3ががっちりとして重厚だったので、
こんなんで大丈夫かい?
と心配になりますが、
さすがは、ペツル! 申し分ないライトです。
 
水深1mまでなら防水機能OK!
-30℃から60℃までへっちゃら。
ボタン式電池20322枚で45時間連続点灯できます。
 
イメージ 5
白色3LEDと赤色1LEDを装備。
5種類の照射が選択可能です。
(1)やや弱い白色光
(2)まぶしい白色光
(3)赤色光
(4)白色光の点滅
(5)赤色光の点滅
 
イメージ 6
これの赤色光点滅を光らせたら、すぐに救助に来てくれそうだ。
 
イメージ 9
どうやって使うかというと、
首から下げてもいいし、
頭に巻いてもいいし、
帽子のバイザー部やポケットにとめる、という方法もあります。
写真の右端はストラップの長さ調整のパーツですが、
これがエマージェンシー用のホイッスルと、
電池ケースをあけるマイナスドライバーを兼ねています。
そう、無駄がないのだ!
 
イメージ 7
専用のケースにはいって売っていますが、
このケースが、ちゃちそうで、どっこい、よくできてます。
ベルトに通せるし、
周囲にゴムバンドがついているので、
水に落としても濡れる心配なし。
よく見ると、SOSの手旗信号のしかたまで載ってます。
 
イメージ 8
ペツル社のこのイーライト、
ネット通販でも入手可能になってます。
3000円台前半。
よほど自信があるのでしょうね。
ペツル社は10年保証を謳っています。
私は、買い!だと思うんですが……。
 
 
次回は、筆記具。
どんな筆記具を選んだのか、というメールが20数通きましたので。
早速お答えします。
 

 

閉じる コメント(1)

顔アイコン

LEDもいろいろとあっていささか乱立気味ですけれど、いざ購入となると、使途にあったものって意外と見あたらないものですよね。
参考になりました。

2011/5/19(木) 午後 2:28 idesituki


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事