玉、琢かざれば、光なし

このブログでときどき自分の思いをつづります。頻繁に更新はしません。すみません。

全体表示

[ リスト ]

久しぶりの更新です。
 
今日から「作家と万年筆」展が始まります。
 
場所は、神奈川近代文学館です。
 
横浜の港の見える丘公園の奥にあります。
 
近所にコインパーキングがあります。
バス停もあります。
 
最寄りの駅からは、長き急な坂道を登ってくるしかありません。
私には無理そうです。
 
 
 
 
なんとか初日を迎えることができて感慨深いものがあります。
 
すべてが終わった後、つぶやくかもしれません。
文章にするかもしれません。
 
 
 
私は「プロデューサー」を生業にしていますが、
「プロデューサー」としてこの展覧会に関与することを拒まれました。
 
あくまでも「企画原案者」なのだそうです。
 
 
 
 
前例にないことはやろうとしない。
自分たちにとって都合のよいことしか行なわない。
前言はいくらでも、いつでも、撤回OK。
 
今回は、ハッキリ言って、私の完敗です。
誰にも負けない情熱があったつもりだが、それゆえに勝てなかった。
 
途中、何度も、この「作家と万年筆」展からおりようと思った。
でも、今回は最後まで続けるのが、
これまで応援してくださった方々へのお詫びだと考えた。
 
こらえ、こらえての、初日です。
(娘の誕生日は昨日だったのに、まったく何もしなかった。初めてのことだ。もう19だから、いいか)
 
 
 
展示内容は、自己評価で55点。
 
もっと遠いところから万年筆を借りてきたかった。
 
作家に限らず、文化人やスポーツ選手、政財界人の万年筆も並べたかった。
 
併設展として、『ペン!ペン!ペン!ファウンテンペン!』に登場する万年筆も陳列してみたかった。
 
万年筆の関するフォーラムやワークショップも開催してみたかったなぁ。
 
 
 
 
後悔が残る展覧会です。
 
ですから、何が何でもご来場ください、とは言えません。
 
荒天のときは、おやめください。
 
限られた時間の中で、あわててのご来場は、おやめください。
 
 
 
入っていた予定が急にキャンセルになっちゃった、とか、
 
約束していたのに、延期になっちゃった、とか、
 
なんにも予定がないので、横浜にでも行ってみるか、といったときに
 
ぶらっと来てみてください。
 
 
 
 
会場入り口脇の喫茶室で出してくれるチーズとオリーブの実のサンドイッチは絶品です。
公園のすがすがしい空気と、冬の青い、横浜の空とが、味わえなかったら、
ここのサンドイッチを頬張ってみてください。
 
 
 
おかげで、広報宣伝の方で、自分の力を存分に発揮できました。
 
1月23日発売の週刊現代(16日が変更になりました)をぜひ買ってください。
 
2月発売の雑誌『正論』をぜひお買い求めください。
 
 
 
 
実は、ツイッターをやっています。
足澤公彦 もしくは @kugel_149 で探してみてください。
「作家と万年筆」展に関する情報や、このブログの更新などをお伝えしていきます。
 
 
 
 
 
初日。
午前9時30分開場。
背筋を伸ばしてお出迎えしたいと思います。
 
寝坊しないように、もう寝よう。
 
 
 
 
 
最後の最後に、
「モンブラン足澤スペシャル」を贈ってくださったSさん、
約束を守りました。なんとかかたちにしました。
ぜひお目にかかってお礼を言わせてください。
 
もうひとり。
マーマレードづくりが上手な奥さまをお持ちのKさん。
この展覧会を皮切りにひとつひとつ結果を出していきます。
もうしばらくお待ちください。
これまでの激励、感謝の気持ちでいっぱいです。
 
 
 
 
 
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事