全体表示

[ リスト ]


        令和元年5月24日(金)
 
今年の我が広島カープは、23日現在9連勝で、単独首位をキープ。念願の4連覇に向けて着実に白星を重ねています。
 
イメージ 19

躍進の立役者はたくさん居ますが、主砲鈴木誠也以外では、ドミニカ出身の二人の選手を見落とす訳にはいかないでしょう。
 
カリブ海に浮かぶドミニカ共和国出身の二人の男。驚異の破壊力を持つX・バティスタ。飛ぶ鳥落とす158キロ左腕G・フランスア。
 
イメージ 15

この二人はカープ球団がドミニカに設立している「カープアカデミー」で厳しい訓練を受けて成長し、カープに入団した選手です。
 
カープは実績ある外国人を「獲る」のでなく、ゼロから「育てる」のが大方針。二人は「カープ生え抜きの外国人」なのです。
 
イメージ 2

X・バティスタは平成27年にアカデミー入りし翌年育成契約。296月に支配下登録。いきなり代打逆転ホームラン。翌日も代打ホームランの衝撃デビューでした。
 
イメージ 11
               バティスタの実家。外壁がカープカラー。

今ではバティスタはドミニカの有名人。野球少年たちの憧れの的です。
彼は街の人たちとのコミュケーションを大切にしています。
 
イメージ 10

昨年V3を果たして帰国したバティスタは誕生後3か月になるアメーリアちゃん(女児)と初めて顔合わせしました。そして街の人たちが盛大に優勝パレード(下)を開催してくれました。
 
イメージ 12

今年も全試合(45)に出て、ホームラン9本、打点27。ファンにとっても頼もし存在となっています。(5月23日現在)
 
イメージ 3

一方、G・フランスア(上左)は平成26年に練習生として来日。28年四国アイランド・リーグを経て昨年5月にプロ契約。8月には月間最多登板18プロ野球タイ記録を作って月間MVPを獲得、以後もセットアッパーとして大車輪の活躍をし、カープのV3に大きく貢献しました。
 
イメージ 14

イメージ 13
            フランスアの妻(左)と母(右)

今年も45試合消化した内21試合に登板して4勝1敗。7ホールド、防御率3.00。連日大事な場面で登板しています。(5月23日現在)
 
イメージ 9

もう一人、A・メヒア選手(上)もカープアカデミーから平成28年に育成契約。昨年は2軍で打率、本塁打、打点、出塁率の四冠王を記録しています。
 
外国人枠の関係で、今は2軍暮らしですが、バティスタに代わっていつでも公式戦に出られる体制ができています。
 
イメージ 4

イメージ 16

このアカデミーはカープの初代オーナー松田恒次の「育てる野球」をモットーとした志を継いで、2代目オーナー松田耕平が設立、現オーナーの3代目松田元に引き継がれてきました。
 
イメージ 5

2代目によるアカデミー設立が平成2年11月。ドミニカ共和国大統領らを招いて開校式を行いました。投資額は6億円。運営費に年間1億円ほどかけています。これは親会社を持たないカープだけの独自戦略で、日本球界初の海外野球学校となりました。
 
イメージ 1

ドミニカ共和国は人口1,100万人。首都サントドミンゴ。公用語はスペイン語。主食は米とバナナ。国技が野球で街に一歩出れば誰かがボールを投げ、バットを振っている、それが当たり前の光景となっています。
 
ドミニカを選んだ理由は、野球が盛んな国であること。高い身体能力を持った若者が多いこと。国民は貧しい反面旺盛なハングリー精神を持っていることなどです。
 
イメージ 18

アカデミーのある場所はドミニカの首都サントドミンゴから東へ80キロのサンペドロ・デ・マコリス郊外。マツダスタジアム12個分の広大な用地を持っています。(下:アカデミー正門)
 
イメージ 7

そこに両翼100mのグラウンド2面(練習用、試合用)。内野守備練習用グラウンド2面(芝生と土)。室内バッティング練習場1面。ウェート・トレーニングルーム、投球練習場5カ所などの施設があります。スタッフは日本人3人と現地人37人の計40人です。
 
現在ドミニカにはMLB30球団すべてが野球アカデミーを開校していますが、カープアカデミーは進出時期が早く十分な敷地を確保できたお蔭で、今なお施設面はMLBのそれに劣らない規模を誇っています。
 
イメージ 6

選手たちは月〜金曜日は寮に泊まり込み、土日は実家で過ごしています。
練習は基本的に午前中のみ。午後は各自トレーニングなどを行っています。寮費・食費は無料。週に2、3回ほど日本語の授業も行われています。
 
練習生は無給ですが、契約選手となれば契約金に加えてバットやスパイクなどの用具と月給が支給されます。現在の契約選手は5名、練習生は17です。
イメージ 8
 
カープアカデミーの寮には大きく「練習は不可能を可能にする」との標語が掲げられています。この言葉はカープの若手が生活する大野練習場でも見られます。これからもカープは育てて勝ちます。
 
プロ野球は、これから本格的な戦いとなります。ドミニカ選手の活躍で、V4と日本一を目指して突き進んで行くことでしょう。

イメージ 17
 
    アカデミーの第1号プロ選手はチェコ投手。平成7年に15勝をあげた 

      (本稿掲載の写真はRCCTV番組より借用)
 

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事