普通の日々

映画以外の記事はファン限定ですm(_ _)mちょっとお休みしますね(ペコリ)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

解説:
偉大な革命家でカリスマ的存在ともなっているチェ・ゲバラの、闘士としての半生を2部作で描く
歴史ドラマの前編。フィデル・カストロと出会ったチェ・ゲバラが、キューバ革命へと突き進む過程が
ドラマチックに展開される。監督と主演は『トラフィック』でも数々の映画賞に輝いた
スティーヴン・ソダーバーグとベニチオ・デル・トロ。
フィデル・カストロは、『ウェルカム!ヘヴン』のデミアン・ビチルが演じる。
俳優たちの熱演とともに、リアルに描かれたゲリラ戦にも注目。

ストーリー:
1955年、貧しい人々を助けようと志す若き医師のチェ・ゲバラ(ベニチオ・デル・トロ)は
放浪中のメキシコでフィデル・カストロ(デミアン・ビチル)と運命的な出会いを果たす。
キューバの革命を画策するカストロに共感したチェ・ゲバラは、すぐにゲリラ戦の指揮を執るようになる。

キャスト:
ベニチオ・デル・トロ、デミアン・ビチル、サンティアゴ・カブレラ、エルビラ・ミンゲス
ジュリア・オーモンド、カタリーナ・サンディノ・モレノ、ロドリゴ・サントロ
ウラジミール・クルス、ウナクス・ウガルデ、ユル・ヴァスケス、ホルヘ・ペルゴリア、エドガー・ラミレス

公式HP:
http://che.gyao.jp/

かつて、本気で世界を変えようとした男がいた――チェ・ゲバラ28歳

初日に観賞・・・でも、レビューアップが遅くなってしまいました^^;

大々的な宣伝で・・・ご存知だと思いますが
カストロと共にキューバ革命を成し遂げたアルゼンチン出身の革命家『ルネスト・チェ・ゲバラ』
(1928〜1967)の伝記映画。前後編4時間半という大作で、第1部はキューバ革命戦争の勝利を
第2部はボリビアでの戦いの挫折とゲバラの死を描く。(第2部は今月31日公開)

監督は「オーシャンズシリーズ」のスティーヴン・ソダーバーグ監督。
今回・・・ゲバラ本人による「革命戦争回顧録」とボリビアでの「ゲリラ日記」などをもとに
徹底したリサーチを重ねてゲバラの姿をスクリーンの中に再現。
また、監督は・・・来日の際に・・・面白い発言も(アセアセ)
『実物のほうが演じた俳優(ベニチオ・デル・トロ)よりもハンサムな伝記映画はこれが初めてではないか』

そんなことを言われてしまいました^^;
ゲバラを演じますのは・・・ベニチオ・デル・トロ(「トラフィック」「 21グラム」などが有名かな^^)
甘いマスクで日本女性にも人気があり、本作では・・・役作りのため25キロの減量をしたと言う!
圧倒的な存在感を見せ付けてくれていました!(カンヌ国際映画祭では主演男優賞を受賞)

ハリウッドスター俳優たちの間でも人気のあるゲバラ
Tシャツの図柄になり、世界中で愛されている“アイコン”になっているそうです。

ただ、本作ではカッコイイヒーローの姿を描いたのではなく
幼い頃から悩ませられた喘息持ちのゲバラが・・・
ゲリラ戦でどのような行動を取り、言葉を発したか・・・淡々と描かれていたように思います。

キューバ戦争がなぜ起きたのか?
カストロがいかなる政治的・戦略的な意図を持って行動していたのか?
そういうことは・・・あまり触れられてない・・・革命戦争の全体像を描いたのではなく
キューバ革命戦争を通して「ゲバラ」という人間を描いているのだと思いました。

なので・・・もしかすると・・・好みの分かれる作品かもしれません^^;

白黒でドキュメンタリー風に展開される1964年12月11日の
有名な国連演説でのモラリストとしての彼の北米帝国主義への批判は激烈。
カラーで1956年から1959年・・・革命前夜にフィデル・カストロと出会い
キューバ革命に参加していく中でカストロに次ぐナンバー2になり、革命を成功させる姿を描く構成。

軍医としてゲリラ軍に加わったゲバラ
平等社会のために戦い、日々心身を鍛え、厳しい規律を守り、農民たちには礼を尽くした。
また、女性と子供には愛情を持って接し、若き兵士に読み書きを教え、裏切り者には容赦ないが
負傷兵には敵味方の区別なく救いの手をさしのべた。〜公式HPより〜

劇中での彼の服装や駆け引きのない態度から・・・スーパーヒーローと言うより
若い兵士からも、農民や女性からも尊敬される人間であったんだと感じ、一目置かれる存在なのも納得でした。

予習してたにも係わらず・・・くるみは字幕を追うのが精一杯で(アセアセ)
人の顔と名前がなかなか一致せず・・・苦労してしまいました(まだまだですね^^;)

映画本編が始まる前に少しの説明が流れます。(本当に簡単なもの)
詳しく勉強してから映画を鑑賞したいと思う方に・・・ウィキペディア載せておきます。
チェ・ゲバラ〜Wikipedia〜
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%A7%E3%83%BB%E3%82%B2%E3%83%90%E3%83%A9

エンドロール中「エンドロール後に第2部の予告が流れます」と表示されますので
お席を立たずに予告編を観て来て下さいね・・・☆

没後40年を迎え
国境を超え・・・時を超え・・・いまなお・・・世界に愛される人物チェ・ゲバラ。

映画の真の評価は・・1部・2部の両方を観賞してからになりそうですが
興味のある方はぜひ^^


励みになります。。。応援・・・宜しくお願いします!
https://movie.blogmura.com/img/movie88_31.gif
にほんブログ村 映画ブログへ(文字をクリック)

閉じる コメント(197)

ゲバラという人物のことを詳しくは知らなかったのでそのことを学べたということで意味のある作品だと思えました。後編がどうなっていくかが楽しみですね。確かに人物は区別がつきにくかったですよね。トラバ返しさせてくださいね。

2009/1/22(木) 午後 9:59 いっちー 返信する

いっちーさん、後編の方が・・・もっと掘り下げて描きそうですね。。。

2009/1/22(木) 午後 10:29 くるみ 返信する

やっと観てきました。
乾いたタッチで描いたソダーバーグには好感が持てました。
説明の無さは私も途中で迷子になりましたよ。
TBさせてください♪

2009/1/26(月) 午後 11:01 marr 返信する

marrさん、くるみも途中迷子になりかけた1人です^^;
乾いたタッチかぁ〜良い表現しますね〜。。。続編楽しみですね!

2009/1/27(火) 午後 7:15 くるみ 返信する

ボクは淡々とした展開が好きでした。特に都市部に移ってからのドライな映像がカッコよかったです。
トラバさせて下さい!

2009/1/28(水) 午後 11:58 lanetower 返信する

LANETOWERさん、人柄を知るために、淡々とゲバラを描いていましたね〜。。。
続編もいよいよ公開ですね。。。そちらも楽しみです!

2009/1/29(木) 午後 10:53 くるみ 返信する

顔アイコン

こんばんは。確かに前後編とも戦闘と戦場シーンがほとんどでしたが、美化することもなく描かれていて、リアリティーを感じさせていますね。

2009/2/3(火) 午後 10:44 アトリエTAM 返信する

artes-tallerさん、淡々と描くことで・・・忠実に再現したかったんでしょうね〜。。。

2009/2/4(水) 午後 10:21 くるみ 返信する

顔アイコン

コレは観てみたい作品です。「負傷兵は「敵・味方「関係なく」治療してくれた。」コレは事実です。知っています。コレを知った日、チェゲバラに惹かれました。まぁ、知ったのは「小学生の頃」でしたけどね・・。(笑) 削除

2009/2/6(金) 午後 11:15 [ ヒューム ] 返信する

ヒュームさん、くるみも本作を観て・・・ゲバラの人柄に惚れました。。。

2009/2/7(土) 午後 9:43 くるみ 返信する

顔アイコン

ある程度の予備知識がないとついていくのに苦労しますが、説明がましくないところが逆に良かった部分でもありました。
これを見てゲバラに興味を持って調べればより良いことですね☆
TBさせてください!

2009/2/15(日) 午後 9:18 かず 返信する

かずさん、予備知識はある程度必要かなぁ〜と。
淡々と描かれているのが良かったかもしれませんね。後編もぜひ・・・。

2009/2/16(月) 午後 8:15 くるみ 返信する

あらら〜そんな悪くなかったですけどねぇ、実物の方が男前ですって?(笑)
歴史物、戦争物(ひとくくりにするなって話ですが)って少し苦手なんですよね・・・どうコメントしていいかわからなくって。
予備知識何もなかったですからね〜幼稚なもんですが、トラバさせてください。

2009/5/22(金) 午前 6:43 mrt 返信する

mrtさん、チェは本当にかなりのイケメンだったそうですよぉ〜。。。もちろん、トロも渋くてカッコ良かったですけどね〜♪苦手な分野があっても仕方ないと思いますよ。。。

2009/5/22(金) 午後 7:26 くるみ 返信する

やっぱりベニチオ・デル・トロは渋かったですね!!!
TBお願いします!!!

2009/5/27(水) 午後 8:58 saeki371171 返信する

SAEKIさん、トロの役作りには圧巻でしたね〜。。。素晴らしかったです!

2009/5/28(木) 午後 6:34 くるみ 返信する

淡々と描かれた映画という印象を受けました。ドキュメンタリー的な雰囲気がよく出ていましたね。TBさせていただきます!

2009/6/13(土) 午後 10:40 takutaku! 返信する

たくたくさん、ドキュメンタリー的な作品になっていましたね〜。。。

2009/6/14(日) 午後 5:05 くるみ 返信する

ソダバーグのドキュメンタリータッチの淡々とした演出と、デル・トロの熱演!
生涯を革命にかけた男、ゲバラの人生を堪能できる作品です。後編も楽しみ♪

2010/9/2(木) 午後 9:29 やっくん 返信する

やっくんさん、デル・トロの熱演はかなり必見でしたね^^
前編、後編続けてみると、より深く読みとれるかもしれませんね。

2010/9/2(木) 午後 9:46 くるみ 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(31)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事