普通の日々

映画以外の記事はファン限定ですm(_ _)mちょっとお休みしますね(ペコリ)

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

解説:
『ボーン・スプレマシー』『ボーン・アルティメイタム』のマット・デイモンと
ポール・グリーングラス監督が、3度目のタッグを組んだサスペンス・アクション。
イラク中心部のアメリカ軍駐留地域“グリーン・ゾーン”を舞台に、大量破壊兵器の所在を探る極秘任務に
就いた男の決死の捜査を描く。共演には『リトル・ミス・サンシャイン』のグレッグ・キニア
『ハリー・ポッター』シリーズのブレンダン・グリーソンらが顔をそろえる。
銃撃戦などのアクション・シークエンスを手持ちカメラで活写した臨場感あふれる映像は圧巻。

ストーリー:
ロイ・ミラー(マット・デイモン)と彼の部隊は、砂漠地帯に隠された大量破壊兵器の行方を追う
極秘任務に就くが、国防総省の要人によって手掛かりを奪われてしまう。
国防総省の動きを不審に思った彼は、同じ疑念を抱いていたCIA調査官ブラウン
(ブレンダン・グリーソン)と共闘することに。
部隊を離れ単独で調査を開始し、執ような妨害工作に苦しみながらも謎の核心に迫っていく。

キャスト
マット・デイモン(米国陸軍上級准尉/MET隊隊長 ロイ・ミラー)
グレッグ・キニア(国防総省/情報局 クラーク・パウンドストーン)
ブレンダン・グリーソン(CIA マーティン・ブラウン)
エイミー・ライアン(ウォール・ストーリト・ジャーナル記者 ローリー・デイン)
ハリド・アブダラ(フレディ)ジェイソン・アイザックス(米国陸軍少佐 ブリッグス)イガル・ノール

公式HP:
http://green-zone.jp/

114分間、あなたは最前線へ送り込まれる。

初日の金曜日に観てきたんですが・・・いろいろ忙しくアップが遅くなりました(ペコリ)
14日はTOHOシネマズデーと言うことで1000円で観賞!(ラッキー☆)

監督は・・・『ボーン・スプレマシー』、『ボーン・アルティメイタム』などのポール・グリーングラス。
そして・・・主演は上記2作品で監督とタッグを組み・・・本作で3度目のコンビとなります・・・マット・デイモン。

撮影は『ハート・ロッカー』のバリー・アクロイド。
ジョン・パウエルの音楽も緊張感を助長していました。

本作は・・・ジャーナリストであるラジャフ・チャンドラセカランの
2006年の著書『インペリアル・ライフ・イン・ザ・エメラルド・シティ』が元になっているそうです。

著者であるラジブ・チャンドラセカランは、『ワシントン・ポスト』紙の記者で
バクダード支局長としてアメリカのイラク侵攻以前からグリーン・ゾーンを取材。
本書は膨大なインタビューと内部資料をもとに、グリーン・ゾーンの内実を明らかにした
優れたノンフィクションで、サミュエル・ジョンソン賞も受賞しています。

脚本は・・・『13日の金曜日』のテレビシリーズなどを手がけ
『L.A.コンフィデンシャル』でアカデミー脚色賞を受賞した・・・ブライアン・ヘルゲランド。

題名にもなっている・・・【グリーン・ゾーン】とは・・・
かつて連合国暫定当局があったバグダード市内10km²にわたるエリアのことで
“安全地帯”を意味しているが、正確に言えば・・・イラク中心部の米軍駐留地域のこと。

作品を観ても驚きますが・・・調べてみて、もっとビックリ!
グリーン・ゾーンの中・・・ショッピング・モールやフィットネス・クラブ
プールにビール・・・食べ物も水も豊富で・・・戦闘区域とは全然違う場所になっているんですね〜。

ロイ・ミラー上級准尉(マット・デイモン)率いるMET隊は
イラク政府が隠した大量破壊兵器を見つけ出す極秘任務を遂行していた。
だが、探しても見つからないため、国防総省の情報を不審に思い、独自の調査を開始する。
やがて、同様の疑念を抱くCIA調査官ブラウン(ブレンダン・グリーソン)と共闘し
国防総省幹部パウンドストーン(グレッグ・キニア)のくどい妨害工作に手を焼きながらも
兵器に関する情報源である正体不明の人物“マゼラン”を洗い出し、その謎の核心に迫っていくが……。

主演のマット・デイモン・・・個人的に大好きです♡(ミーハーで失礼します・・・ペコリ)

2007年から2008年にかけての全米脚本家組合ストライキの厳しい撮影スケジュールの最中であっても
スティーブン・ソダーバーグ監督の映画『インフォーマント!』の撮影が始まる08年4月15日に間に合う
2008年4月15日までに撮影が終わると確信して・・・この映画に参加したそうで・・・
監督との信頼関係も伺えます!(5月2日のロンドンでクランクアップらしいけど・・・間に合ったのかな^^;)

マット・デイモン・・・兵士としての強さ、隊長としての決断力、そして、純真さを感じさせる若々しい外見。
知的で・・・緊迫感のある表情・・・素晴らしい演技力!の一言。ファン必見作品と言えるでしょう!
(イーストウッドや他の世界的な監督がみんなマットを使いたがっているという人気者)

共演陣は
「ウォール・ストリート・ジャーナル」紙の外国人特派員役にエイミー・ライアン。
(2007年公開の『ゴーン・ベイビー・ゴーン』で数々の映画賞を受賞した女優さん)

アメリカ国防総省の情報局員には・・・グレッグ・キニア
(『恋愛小説家』『リトル・ミス・シャンシャイン』など)

CIA調査官ブラウンには・・・ブレンダン・グリーソン
(『トロイ』『ハリポタ(炎のゴブレット・不死鳥の騎士団)』など)

アメリカ陸軍少佐役に・・・ジェイソン・アイザックス
(『ハリポタシリーズ(ルシウス・マルフォイ役)』など)

魅力的な高速カット割と、ハンディカメラの臨場感&スピーディー感で
114分間・・・息もできない・・・いや・・・息はしていました(爆)

難しくはないお話だけど・・・手持ちカメラでの臨場感溢れる作品なので・・・観終えたあと・・・疲労感も^^;

それだけ・・・
体を張った演技をするマット・デイモンとリアリティを追求したグリーングラス監督の気合いが
スクリーンから・・・ビシビシと伝わってくる作品になっていたと思います。

目まぐるしさ
勢い
テンポの良さ
これは・・・ぜひ、劇場で堪能して欲しいなぁ〜と♪

見せ場となる・・・クライマックスの追跡シーンや銃撃戦は迫力満点!
アクション映画としても堪能できるはず。

もちろん、アクションだけじゃなく・・・通訳役で登場するイラン人・フレディの言動も見逃せない。
イラン人のフレディを演じるのは・・・ハリド・アブダラ。
覚えていますか?『君のためなら千回でも』で・・・主人公(青年時代のアミール)を演じた俳優さんです。

“未来の我が国を憂う”イラン人の描写も深く描かれていて
クライマックスシーンには・・・フレディの存在が大きな意味を持つことになります。

イラク戦争の真相に迫る本作・・・何のための戦争だったのか――?
フレディの言葉が胸に突き刺さる・・・。

上映時間は114分・・・興味のある方はぜひ^^


励みになります。
 ↓ 1回 クリックしていただけると嬉しいです(ペコリ)
https://movie.blogmura.com/img/movie88_31.gif
にほんブログ村 映画ブログへ(文字をクリック)

【グリーン・ゾーン】予告動画


閉じる コメント(180)

アバター

物語のテンポが早い上にあのアクションシーンですからね〜。
見終わった後かなり疲れました。でも見る価値ある作品でしたね。

2010/6/2(水) 午後 10:03 こころパパ

こころパパさん、テンポ・・・良かったですね!
アクションシーンに手ぶれ撮影・・・確かに、疲労感も。

2010/6/2(水) 午後 10:28 くるみ

ハンディカメラの映像は、私には合わないとわかりました。めっちゃ疲れた〜〜

2010/6/4(金) 午前 0:19 no.

noさん、手持ちカメラの映像は酔う方もいるようですよぉ〜最近、慣れましたが^^;

2010/6/4(金) 午後 10:50 くるみ

沙粧もマット・デイモン大好き〜❤114分間最前線に送り込まれてきました〜ε=ヾ(;>_<)ノ怖いし心配だし疲れましたよ〜o(*≧ω≦*)oフレディ君もラストそうするかな〜と思いつつも、途中でジャマが入ったりヤラれたりしないか心配で心配で…感情移入しちゃいました…(。´・ω・)(・ω・`。)
TBさせて頂きました↓

2010/6/7(月) 午前 0:36 沙粧

沙粧さん、マットデイモン・・・知的でカッコイイですよね〜役もお似合いで
上映時間・・・ハラハラどきどきであっという間でした。フレディの言動がポイントかも。

2010/6/7(月) 午後 5:43 くるみ

アバター

こんにちは♪月に一度の劇場での映画鑑賞、
先月は「グリーン・ゾーン」と 飛びださない「アリス・・」でした。
「グリーン・ゾーン」をTBさせてくださいね。

イラクの人を救うんだと信じる兵士マット・デイモンでした。
それでも、冒頭のイラク人フレディの言葉には たじろぎそうで・・。
フレディの存在、大きかったですね。

2010/6/8(火) 午後 0:07 maru

顔アイコン

戦争物は大好きなのですが、こんな角度の戦争もあるのだと感心しました。

2010/6/9(水) 午後 4:46 [ 岳斗 ]

maruさん、おぉ〜アリスもご覧になったんですね〜♪
マットの正義感や知的な印象が役に似合ってました。
フレディの存在が大きな意味を持つ・・・ラストでしたね!

2010/6/9(水) 午後 7:58 くるみ

岳斗さん、確かに、いろんな形の戦争映画があるものですね〜。。。

2010/6/9(水) 午後 8:01 くるみ

14日のTOHOシネマズデーで鑑賞したんですね〜。
最後のセリフが印象的でした。

トラバしますね〜♪

2010/6/9(水) 午後 9:11 ルルっち。。。

ルルっちさん、TOHOシネマズデーはお得で・・・週末に重なるとラッキーです♪

2010/6/9(水) 午後 10:14 くるみ

顔アイコン

あくまでフィクションだったけど、こういうことって本当にありそう。
もしそうだとしたらこういう政府は本当に許せないですね。。。
TBさせてください。

2010/7/16(金) 午前 10:16 かず

かずさん、フレディの存在&言動が印象に残りました。
マットデイモンが好演していて・・・見応えのある社会派作品でしたね。

2010/7/16(金) 午後 6:56 くるみ

マット・デイモン&グリーングラスのコンビは、ドキュメンタリー調がお似合い!
緊張感と、緊迫感のある映像と、無意味で底知れぬ恐怖を伴う戦争の不条理…
私も、意外に満足したかな(^^)!?

2010/7/23(金) 午後 10:07 やっくん

やっくんさん、マットデイモンの知性を感じる演技はとても良かったですね^^
フレディの言動に・・・いろんな印象を受けました。。。

2010/7/25(日) 午後 9:58 くるみ

マット&グリーングラスのコンビはなかなかいい映像を作り上げますよね!!!
TBお願いします

2010/10/10(日) 午後 9:39 saeki371171

saekiさん、リアルな映像で・・・どきどきハラハラ・・・劇場で心拍数上がってました!

2010/10/11(月) 午後 8:32 くるみ

社会派作品としても、アクション作品としても楽しめました♪
劇場で観れば迫力も倍増だったでしょうね^^
マット・デイモン、「ボーン」シリーズを観て以来好きな俳優さんです(*^▽^*)

TBお願いします!!

2011/1/26(水) 午前 8:14 れじみ

れじみさん、劇場で観たんですが、ドキドキしました。
マットデイモンはこういう知性な感じの役柄がお似合いになりますね。

2011/1/26(水) 午後 5:53 くるみ

開く トラックバック(43)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事