普通の日々

映画以外の記事はファン限定ですm(_ _)mちょっとお休みしますね(ペコリ)

全体表示

[ リスト ]

【映画】J・エドガー

イメージ 1

解説:
FBI初代長官ジョン・エドガー・フーバーの半生を、クリント・イーストウッド監督
レオナルド・ディカプリオ主演で映画化した伝記ドラマ。母親からのでき愛、側近との関係など
フーバーの輝かしい功績の裏に隠された禁断の私生活を赤裸々に描いていく。
フーバーの秘書役にナオミ・ワッツ、公私を共にした側近に『ソーシャル・ネットワーク』の
アーミー・ハマー、母親役にはジュディ・デンチと、豪華な俳優陣が共演。
半世紀もアメリカを裏で支配した謎多き男の真実にディカプリオがどうはまるのか注目だ。

ストーリー:
1924年にFBI初代長官に任命されたジョン・エドガー・フーバー(レオナルド・ディカプリオ)は
歴代の大統領に仕え、数々の戦争をくぐり抜け、半世紀にわたって法の番人としてアメリカを
コントロールしてきた。しかし、フーバーには絶対に人に知られてはならない秘密があった……。

キャスト:
レオナルド・ディカプリオ(J・エドガー・フーバー)ナオミ・ワッツ(ヘレン・ギャンディ)
アーミー・ハマー(クライド・トルソン)ジョシュ・ルーカス(チャールズ・リンドバーグ)
ジュディ・デンチ(アニー・フーバー)エド・ウェストウィック、デイモン・ヘリマン
スティーヴン・ルート、ジェフリー・ドノヴァン、ケン・ハワード、ジョシュ・ハミルトン
ジェフリー・ピアソン、ジェシカ・ヘクト

公式HP:
http://wwws.warnerbros.co.jp/hoover/

だれよりも恐れられ、だれよりも崇められた男。

クリント・イーストウッド監督の最新作。

俳優の魅力を最大限に引き出し、圧倒的なクオリティと凄みを備えた傑作を
次々と発表し続けるイーストウッド監督。

新たな題材は・・・
前世紀の米国史と光と影を背負う人物のひとり、ジョン・エドガー・フーバー。

ジョン・エドガー・フーバー
1924年にFBIの前身である捜査局(BOI)の長官に任命され、後に連邦捜査局(FBI)の初代長官に就任。
1972年に亡くなるまで8人の歴代米国大統領に仕えながら犯罪撲滅に務める一方で
その捜査手法や謎めいた私生活が物議をかもした――。

本作は・・・そんな・・・ジョン・エドガー・フーパーの半生を、実話を基に描いた作品。
日本では馴染みのない人物の伝記映画ですが・・・イーストウッド監督作なので、楽しみに鑑賞。

思っていたより、地味で淡々とした作品でした。

くるみはクリント・イーストウッドらしい厚み、深みを感じる作品だと思ったけど
アメリカでは・・・ヒットには至らず^^;

本作の脚本を手掛けるのは・・・
映画『ミルク』でアカデミー賞オリジナル脚本賞を受賞したダスティン・ランス・ブラック。

青年期と老年期のフーバーを演じるのは・・・レオナルド・ディカプリオ。
実在した、しかも、複雑な男の20代から70代までの内面を、見事に表現。

ゴールデングローブ賞の主演男優賞にノミネート。
惜しくも、受賞は逃し(ジョージ・クルーニーが受賞)

これだけ頑張ったんだから・・・賞をあげても良いような気もしますが
アカデミー賞での主演男優賞もノミネートならず・・・悔しいでしょうね〜。

今年の11月全米公開のバズ・ラーマン監督作品、3D映画『華麗なるギャッツビー』
こちらの作品での演技を楽しみに、来年のオスカーを狙ってもらいましょう!

忠実な秘書ヘレン・ギャンディを演じるのは・・・ナオミ・ワッツ。
愛する母親役には・・・ジュディ・デンチ。

フーバーを支えたクライド・トルソン役には・・・アーミー・ハマー。
彼・・・「ソーシャルネットワーク」では一人で双子の役を演じていましたよね〜。

フーバーとトルソン・・・二人の愛の形。
ラストのトルソンが毛布を掛けるシーン・・・ちょっと切なかったなぁ〜。

強いんだけど・・・弱い人。
頑固なんだけど・・・繊細な人。

フーバーに関して無知なため、難しく感じたり、混乱する場面もあり。
くるみにとっては・・・知る映画となりました。

長い間FBIの頂点に君臨していた彼の生き様とは――。
一種のタブーでもあった“8人の大統領が恐れた男”の真実を描く。

国を動かした恐ろしい男の顔と・・・コンプレックスを持ち、寂しがり屋で孤独な男。
素晴らしい演じ分けをするレオナルド・ディカプリオの熱演は必見。

相変わらず、音楽・・・良いです♪

上映時間は137分・・・興味のある方がぜひ^^


いつもありがとうございます!
とっても励みになります^^
https://movie.blogmura.com/img/movie88_31.gif
にほんブログ村 映画ブログへ(文字をクリック)
↑ コメントと一緒に 文字を“1回”クリックして頂けると嬉しいです(ペコリ)


【J・エドガー】予告編


閉じる コメント(55)

Angelさん、凄い方でしたね〜。勉強にもなる1作でした!

2012/2/5(日) 午前 11:39 くるみ

顔アイコン

信じられない事に
近所のシネコンだけならまだしも
調べてもこの広い新潟県内
どこでも上映してなーい

責任者出てこーい!

2012/2/5(日) 午後 8:45 hf1*87*akag*w*

そう言えばジョン・E・フーバーは有名だけど、実は肩書以外は全く知らないです。
フーバーの「人となり」にスポットを当てるなんて、イーストウッド監督渋過ぎ〜(^_^)

2012/2/5(日) 午後 10:25 炎 造

強いけど弱い人。頑固だけど繊細な人。
ほんとにその通りだと思いました。
ラストも切なかったけど、死んでからもずっと一緒ってちょっとうらやましいです。
TBさせてくださいね☆

2012/2/5(日) 午後 11:21 なぎ

顔アイコン

歴代大統領が最も恐れた男と言われていただけにどんな男か非常に興味がありました。くるみさんの言うように頑固だけど繊細、強いけど弱いって表現がピッタリですね。内面を上手く表現していたと思いました。TBお返しさせて下さい。(ペコリw)

2012/2/6(月) 午前 8:23 dance

N川さん、えー!レオ様なのに!イーストウッドなのに!
一館も上映していないってどういうこと^^;

2012/2/6(月) 午後 7:45 くるみ

炎造さん、どんな肩書きなのか、は、知っていたけど
こんな方だったとは・・・知る映画でした!

2012/2/6(月) 午後 7:46 くるみ

なぎさん、表で見せる、心を曲げない強さと
心許す人にだけ見せる繊細で弱い部分。。
演じ分けしたレオ様・・・凄く良かったです。

2012/2/6(月) 午後 7:48 くるみ

danceさん、凄いところまで上り詰めた人。
輝かしい裏では、めちゃくちゃ孤独で寂しがり屋さんだったんですね〜。
否定も固定もしない淡々と描いているのがイーストウッドらしいなぁ〜と。

2012/2/6(月) 午後 7:52 くるみ

ディカプリオ&イーストウッドだから観たいと思っていた作品なのですが、意外に地味で硬派な映画でした。
フーバー自体があまり知名度が高くないので、この映画によって知る機会になったことは、良かったと思います。
映画の評価が低めで、賞にも縁がなさそうな所が、ちょっと気の毒な気がします。
ぽちとトラバ、させてくださいネ♪

2012/2/8(水) 午後 10:06 なぁ/なぁママ

なぁママさん、イーストウッドらしい社会派伝記映画でしたね。
政治映画は賞を取り難い傾向があるらしいですよぉ。。。

2012/2/9(木) 午後 7:43 くるみ

顔アイコン

熱演でした。私的には好きな映画です。波乱な人生を振り返る。そこにはドラマが。って感じが好きです。

2012/2/13(月) 午前 10:35 しゅくんでございます

顔アイコン

観に行きたいんだけど、広島でやってくれない。。。

2012/2/13(月) 午後 10:19 JUN

朱薫さん、レオ様、熱演でしたね〜くるみも好きな作品です。

2012/2/14(火) 午後 10:32 くるみ

顔アイコン

悪くはないんですが確かに淡々とはしていましたよね。
意外とトルソンと愛情映画だと思うので、政治的な映画を期待した人はイマイチかもしれませんね。
細かく凝った映画だとは思いました。
TBさせてくださいね。

2012/2/19(日) 午前 9:01 [ miskatonic_mgs_b ]

miskatonic_mgs_bさん、良い作品だと思いますが、徹底していましたね。
いろんなものを排除して描かれていた感じです。エドガーと言う人を知る映画だったかも。

2012/2/19(日) 午前 10:56 くるみ

顔アイコン

淡々とした映画でしたね。
イーストウッドらしいな〜って感じました。笑
トラバお願いします。

2012/3/16(金) 午後 4:07 mini_dragon

ミニドラゴンさん、派手さはなく淡々とエドガーが描かれていましたね〜。
レオ様の熱演は素晴らしく・・・立派だったと思います。

2012/3/22(木) 午後 8:29 くるみ

顔アイコン

アメリカでヒットしなかったんですか。
こういうの好きそうですけどね!
クリントらしい作品でした。
TBお願いします!

2012/4/24(火) 午後 9:54 かず

かずさん、社会派って難しいですよね〜。
レオ様の熱演は素晴らしかったし、イーストウッドらしい作品でしたね。

2012/4/25(水) 午後 9:06 くるみ

開く トラックバック(11)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事