座間味島 ハートランドのホエール日記

国立公園に指定された座間味島。毎冬ザトウクジラが子育て、繁殖活動のため回遊。地元の宮村船長とホエールウォッチングの様子です

2014年

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
【午前】

頭数 2頭 
評価 ○ 
天気 晴れ 
気温 21度 

撮影 坂本さま+神宝恵理

2頭のクジラ
イメージ 1

渡名喜島の南側でのんびりとしていました

1頭はテールをよく上げ
イメージ 2

もう1頭はよりのんびりと
イメージ 3

平和な2頭のクジラでした
イメージ 4




=============================

【午後】

頭数 2頭+2頭+3頭+1頭 
評価 ☆ 

撮影 坂本さま+神宝恵理 

午前中はのんびりしてエネルギーをため込んでいたようです
午後は元気にやってくれました

長い胸鰭=
丸くえぐれているのは、ダルマザメにかじられた痕でしょうか
イメージ 5

豪快にテールを横に投げつける、ペダンクルスラップ!
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10

2頭のクジラはアクションをしながら、西へと進んでいました
イメージ 11

テールスラップも連発!
イメージ 13
イメージ 14


この二頭の前方には別の2頭がいました。
こちらの2頭はのんびり25分じっと潜っていたクジラたち
イメージ 12

私たちが追っていた2頭のクジラは大きなアクションで脅しをかけながら迫っているようでした

そしてついに一緒になった時、アゴを持ち上げ威嚇しながら押しのけていましたっ!
イメージ 15
イメージ 16


イメージ 17



頭数 2頭(親子)+1頭+3頭+2頭 
評価 ◎ 
天気 晴れ 
気温 22度 

撮影 宮村幸文

出航して、座間味の港のすぐ前に親子クジラを確認!
イメージ 1
イメージ 2


渡嘉敷の南では、3頭のクジラが付いたり離れたり
移動しながら、何度も引っ付いたり離れたり

そんな中、胸鰭を高く上げてペックスラップするクジラが。
イメージ 3

これがファンファーレとなり、他のクジラたちがブリーチを始めました!
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10

  高い! 
  水平になって着水!!

負けじと、次のクジラが飛び出しました!!!
イメージ 11
イメージ 12
イメージ 13
イメージ 14
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17

  これまた、高い!!!
  着水した後にも、テールがくるんと回りながら顔を出してくれました

イメージ 18


頭数 1頭+1頭+1頭 
評価 ○ 
天気 曇り 
気温 19度 

撮影 宮村幸文

座間味島のすぐ北側に1頭確認
イメージ 1

他にも1頭+1頭確認

全体的に20分くらいと、やや長く潜って
しかも、2ブロウくらいですぐに潜っていきます

お昼寝のお時間かしら・・・


テールの模様を見ると、たくさんの白い丸
これは、フジツボが付いていたのが外れた痕です
イメージ 2

 ↑ みると、テールの端に、たっくさんのフジツボが付いています




















【1Day】

頭数 2頭(親子)+3頭(親子+エスコート)+1頭+1頭+3頭 
評価 ☆☆ 
天気 晴れ 
気温 20度 

撮影 宮村幸文



座間味村は、座間味島・阿嘉島・慶留間島の3島が有人島なのですが
今日は、その橋でつながっている阿嘉島〜慶留間島のところで親子クジラに出会いました

しかも、この子クジラが、相当なやんちゃ者!

アクションが止まりません!!

テールをバシバシ!!!!
大人とは違って、子供のテールスラップは素早くて、飛沫がかなり立ちます
イメージ 1

テールスラップの連発!!
イメージ 2

ヘッドスラップなのか、ブリーチなのか、顔を突き出し、大きくジャンプっ
イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5

今度は、上手に背面跳びのブリーチ
にょんっと飛び出しブリーチ!
イメージ 6

一度深くブロウを上げたと思ったら、
イメージ 7

船の真横でブリーチ!!!
イメージ 8
イメージ 9
イメージ 10

疲れ知らずの子クジラのアクションの嵐!!!


※1枚面白いショットを!
ブリーチしている子クジラの瞼が少し開いていて、瞳が見えています!!
イメージ 11


〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜


続けて、島近くで親子クジラに会いました
イメージ 12

こちらの子クジラも、元気元気の元気印☆

バッッシャーン!!!
元気に、ブリーチ!!!
イメージ 15

胸鰭を上げてのペックスラップ!!!
イメージ 13



   ん????

   なんだか、違和感あります。。


   親子クジラだよね????

   子ども、大きく過ぎない????

   今年生まれた子供なの????


   行動は、まさしく親子そのもの。

   お母さんが潜っている間に、その頭上を子クジラはぐるぐる回り待ち
   母さんが浮上してくると、かなりまとわりついて嬉しそう♪



何で違和感を感じているのかというと・・・

通常、ザトウクジラは、出産してから一年間、母子は行動を共にし、
1年経つと、乳離れ・子離れするのです。

ですから、この時期、この繁殖海域である座間味の海域で見られる親子クジラは、
生まれて数か月までの子クジラと母クジラということになります。

生まれたその年の子クジラはだいたい4mくらい。
それが1年で倍の8mくらいにも成長します。


今目の前にいる子クジラは、サイズも大きく、
ブリーチ、かなり豪快です!!!
イメージ 14
  
   でっか!!!!

   大きい!!!

   Big Baby!!




〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜

もう一度、写真で比較してみましょう〜

Ⓐ先に出てきた子クジラは、色はややグレー。
ブリーチしているときには、胸鰭はあまり広げられず、
そのため飛沫も、ほとんど飛び散っていません。
イメージ 8  

Ⓑ次に会った子クジラは、大人のクジラと同じように、
バッチリと胸鰭を広げ、豪快にブリーチ!
イメージ 14

Ⓑの子クジラは、1歳になっているクジラなのか??


〜〜〜 〜〜〜 〜〜〜

すぐにショップに戻って、過去の写真と照合して調べてみました

すると、答えは大正解!

去年生まれの親子クジラが、丸々1年経った今年もまだまだ一緒にいたのです!

こんな例が確認できたのは、初めて!

大発見です!


※去年も元気に遊んでいたⒷの子クジラ
  2013年2月21日 かわいい親子クジラ http://blogs.yahoo.co.jp/kujirabaka/66118182.html   
  2013年2月24日 赤ちゃん、とんだぁ!! http://blogs.yahoo.co.jp/kujirabaka/66118190.html

1年経って大きくなっても、まだまた甘えん坊さんでお母さんと一緒

世紀の大発見のBig Babyでした!













撮影 宮村幸文
【午前】

頭数 3頭+2頭+2頭 
評価 ◎ 
天気 晴れ 
気温 18度 

撮影 かなざわみゆきさま+神宝恵理


メインで2頭のクジラを追いました
イメージ 1

ぐんぐん西へとまっすぐ進む2頭のクジラには、別のクジラたちがいました

そのクジラたちとすれ違う前に、テールを水平方向に伸ばしで
イメージ 2
イメージ 3
イメージ 4

すれ違った後には、顔をぐぐぐっと持ち上げていました!!
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

クジラの瞳も見えました!!
イメージ 9

じっくりと見入っていたお客様も、このあと歓声を上げておお喜び
イメージ 5




=============================

【午後】

頭数 2頭+1頭+1頭+2頭 
評価 ☆

撮影 KKさま+神宝恵理


午前中、なんだかざわつき始めていたのですが、午後になると、しーーーーんっっ。。。

どこもかしこも、25分以上潜って、軽く上がってきて、
イメージ 10

またスーーーっと潜り大人しく。。。



そんな時、遠くにブリーチを確認!!!
何度も繰り返し始めました!!!
イメージ 19

ビヨ==ンとセティウスを飛ばして行きました

さぁ!!2頭のクジラよ!
思う存分遊んでくださいまし!!
イメージ 11

ヘッドスラップをしながら進んでいましたよ!

イメージ 12

ヘッドスラップしたとき、鼻から真白いブロウがぽふっと
イメージ 13
イメージ 14

ペダンクルスラップも連発!!
イメージ 15
イメージ 16
イメージ 17
イメージ 18

お昼寝から目が覚めたのでしょうか!?

とっても元気に遊んでくれていました♪


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事