座間味島 ハートランドのホエール日記

国立公園に指定された座間味島。毎冬ザトウクジラが子育て、繁殖活動のため回遊。地元の宮村船長とホエールウォッチングの様子です

2014年

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

「あんまー」母さん

1月16日の親子クジラとエスコート

お母さんクジラは、沖縄で「お母さん」の意味の『あんまー』

船がそばにいても動じず
ベテラン母さんとしての余裕が見られます
イメージ 1


去年は『村長』とまった〜りとラブリーでいました♡


もしかして、この赤ちゃんクジラは「村長」との子供かしら???と、想像して楽しんでおります


【午前】

頭数 1頭+2頭
評価 ○
天気 曇り
気温 16度


撮影 宮村幸文+神宝恵理


朝から時化ていて、遠出はできない状況です。

島の近くにクジラが来れば。。。!!と思っていたら

たまたま、座間味島の近くにクジラを発見したとの連絡!




白波が立っていて、クジラの目印である

ブロー(潮吹き)を見つけるのが困難でしたが

イメージ 1

いましたーーーー!!こんな島の近くに!!


どこどこー?と思わず船から身を乗り出して

イメージ 2

波が高かったけれど、天気は良くクジラを見れたことに感謝!

イメージ 3



















【午前】

頭数 3頭
評価 ◎
天気 晴れ 後 曇り
気温 16度


撮影 宮村幸文+神宝恵理



座間味島の港からわずか10分ぐらいのところで

親子クジラを発見!!なんと!子クジラがブリーチ(ジャンプ)していました!



イメージ 1



左に映っているのは母クジラの背ビレです。

この時期に子クジラのブリーチは珍しく、お客様も喜んでいました!



何回かブリーチを連発した後、母クジラのそばに寄り添っていました。

イメージ 2

写真ではわかりませんが、左に子クジラがいます。

母クジラにぴったりとくっついてかわいらしいです♪


するともう1頭、別のクジラも一緒にいました。

このクジラは母クジラに好意を寄せており

チャンスがあれば繁殖を考えているオスのクジラです。

こういったオスのクジラを「エスコート」と呼んでいます。

イメージ 3

左がエスコート、右が母クジラ、真ん中に子クジラがいます。




ほとんど移動することなく、呼吸をしに水面に

母クジラは15分おきぐらい、子クジラは5分おきに上がってきます。

子クジラは呼吸する時、母クジラが真下にいる為

円を描くようにクルクル泳いでいました(^^)

イメージ 4

2階席のお客様も立ち上がって子クジラをみています☆

イメージ 5


母クジラはたまに上がってきてテール(尾びれ)を見せてくれました〜♪

イメージ 6


=============================

【午後】

頭数 2頭+1頭+1頭+4→3頭
評価 ○
天気 曇り
気温 16度


撮影 宮村幸文+神宝恵理


1頭のクジラを発見!他の船にくっついて遊んでいる様子。

すると私たちの船にも挨拶に!!近い!

イメージ 7

何回か船のそばテールを見せてくれました!

イメージ 8



少し離れたところにいるクジラのもとへ移動〜

イメージ 9

こちらもテールを上げていました!
各地での大雪。

その影響は座間味にもきていて

晴れてはいても、海は波が高いです

イメージ 1

島の北側は、北風の影響で波ばかり

丸々一週間、ウォッチングに行けてません


今回、座間味に来られなかったり、

また飛行機が飛ばなくて来られなかった方

残念です。。。


ただただ、被害のないことを祈っております

サイヨウシャジン

イメージ 1

先日、高月山で見つけたきれいなお花の名前
本に載っていました
イメージ 2

「サイヨウシャジン」というらしいです

見た目よりも、ちょっと風変わりな名前

漢字で書くと「細葉沙参」


キキョウ科でツリガネニンジンの母種らしいのですが、

正直よく知らない世界


見た目がきれいなだけで、満足です

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事